Wells Fargoのビジネスチェッキング口座開設で300ドル

Pocket

f:id:homes-t:20171115060402j:plain

前回に引き続きプロモーションのご紹介です。

前回エントリでアメリカではスモールビジネスを応援する取り組みがさかんだとご紹介しました。

今日はその一つとして、銀行口座開設の際に一定条件を満たせば簡単に300ドルのキックバックがもらえるキャンペーンをご紹介します。

期限は今年1231日。可能な方はクリスマス前にぜひ手に入れてください。



Sponsored Link

オファーの概要と諸費用

オファーの概要

Wells Fargoのビジネスチェッキング口座(Wells Fargo Business Choice またはPlatinum Business checking account)を支店で作り、所定の条件を満たすと45日以内にボーナスとして300ドルもらえます。

 

300ドルをゲットするための条件は以下の通りです。

オファーの条件

  • 現在、Wells Fargo Business checking accountがないこと
  • 過去12か月以内にWells Fargo Business checkingボーナスをもらっていないこと
  • 支店で2017年12月31日までに口座開設手続きを完了すること
  • 口座開設時に最低25ドル以上Depositすること
  • 口座を作ってから60日以内に合計500ドルDepositすること
  • オファーコードを提示すること

 

諸費用

ビジネスチェッキング口座は、月々14ドルのメンテナンス費用がかかります。

ただし、以下のいずれかを満たせば無料になります。

 

口座管理料が無料になるための条件

·        平均7500ドル以上の残高を維持すること

·        チェッキング、セービングおよびクレジット残高の合計で10,000ドル以上

·        10回以上、デビットカードもしくはクレジットカードで取引を行うこと(ATMの入出金取引は対象外)

·        ビジネスチェッキング口座を通じたDirect Payサービスの利用

·        Wells Fargo Merchant Servicesのアカウントを通じた所定の取引を行うこと

·        Wells Fargo Business Payroll Servicesのアカウントを通じた所定の取引を行うこと

 

この中で一番簡単なのは毎月デビットカード、またはクレジットカードを月10回使うことでしょう。

ビジネスクレジットはクレヒスに影響しないので、私は300ドルもらえるまではデビットカードを利用するつもりです。

 

口座開設の流れ

では、実際に口座を作るまでの流れを説明します。

手順1:オンラインでコードを申請

 ⇒下記のリンクから名前とメールアドレスとZip codeを入力すると、しばらくして登録したメールアドレスにWells Fargoよりコードが届きます。

Wells Fargo

手順2:Wells Fargoの支店へ

 実際に支店に行って口座を開くことがこのボーナスの条件になります。

支店に行く際に必要なのは手順1でもらったメールと身分証明書(パスポート)、SSNと、クレジットカードが必要です。

 

クレジットカードはWells Fargoのものでなくても問題ありません。

私はまだ渡米して月日が浅くクレジットカードを2枚しか保有していなかったので、HSBCのものを使いました。

手順3:バンカーと口座開設の手続き

 ⇒待ち合わせたバンカーと口座開設のための手続きを行います。

私はバンカーの予定が合わず2度店舗に出向きました。

どちらも30分程度の面談で、実質1時間程度の雑談で終わります。

聞かれた点は以下の通りです。ご参考までに(ケンジ)の欄に私の回答も記載しておきます。

 

・ビジネスの名前は? → (私)個人の名前と同一

・ビジネスはいつ始めたのか? → (私)数年前

・ビジネスの形態は? → (私)Sole Proprietorship

・ビジネスの収入 → (私)数百ドル~1000ドルくらい

・ビジネスアドレス → (私)自分の自宅

・ビジネスの内容 → (私)アメリカの小売りグッズのオンライン販売

・口座開設のきっかけ → (私)たまたまウェブで見つけたプロモーションが魅力的だった

 

ビジネスの内容については特に詳しくは聞かれません。 

オンライン販売を行っていると答えたところ、ウェブサイトなブログはあるかと聞かれたので、eBayやMercariのプラットフォームを使っているのでないと回答したらそれで通りました。

アメリカにしかないポップなものをhome country(日本)で販売したら受けると思っていると付け加えておきました。

 

 手順4:500ドル入金 

最低25ドルは口座開設時に入金しないといけません。

そして、60日以内に合計500ドル以上の入金が条件に加わっているので、私は500ドルを入金しました。

  

以上で店舗での手続きは終わりです。

こんな感じのパンフレットを頂いて、あとは色々なメールが送られてくるのでチェックすればOKです。

f:id:homes-t:20171116063836j:plain

あとは毎月14ドル支払わなくてもいいように後で届くデビットカードを10回使うのみで300ドルのボーナスがもらえます。

 (2017年12月7日追記)

開設から3週間ほどで300ドルが無事振り込まれました。

 

なお、今回の銀行プロモーションですが、Doctor of Creditのサイトでも紹介されています。

実際にトライする方は一度来店の前に目を通してみることをお勧めします。

www.doctorofcredit.com

 

まとめ 

私はまだビジネスクレジットカードを作ったことはありませんが、ウェブの情報を見ている限り、実際にビジネスがなくても簡単に作成できるようです。

 

ビジネスの年収を証明するものの提出も求められませんでした。

私はヤフオクやメルカリで多少売買を行っているので聞かれたらそれを提示するつもりでしたが、特に深く突っ込まれることもなく終わりました。

 

1231日までの限定ディールです。

近くにWells Fargoの支店があって、過去に該当する口座を作成したことがないという方はぜひこの機会にどうぞ!

下の画像↓をクリックするとWells fargoのキャンペーンページに飛びます。

f:id:homes-t:20171115060402j:plain

 



sponsored Link



sponsored Link



記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻とニューヨークで2人暮らし。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください