【駐在員向け】アメリカでのクレジットカードの作り方からクレジットヒストリーの構築法、おすすめの最初のクレジットカードまで徹底解説

Pocket

 

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

アメリカは誰もが知るクレジットカード社会。

 

日本でもだいぶクレジットカードが普及して日々の生活で現金を使う機会は減りましたが、まだまだアメリカのクレジットカードの普及率にはかないません。

 

アメリカでのクレジットカードの攻略は、日々の生活を送るにあたり死活問題ということができると思います。

 

そこで、今日は主に新しくアメリカへ駐在される方向けに、クレジットカードの作り方からクレヒス構築の方法まで、クレジットカード攻略の基本を纏めてみたいと思います。



Sponsered Link

なぜクレジットカードが必要か

始めに、アメリカでクレジットカードがなぜそんなにも重要視されているのかを考えてみたいと思います。

 

アメリカでは現金を受け取らないお店や、サービスが多数存在します。

 

オンラインショッピングでは日本と異なり、代引き決済という方法が存在しません

オンラインで買い物をする際は、クレジットまたはデビットカードで決済を行うしかないのです。

そのため、アマゾンやWalmartなど、オンラインで買い物する機会があれば、必ずクレジットかデビットカードを用意しておく必要があります。

 

また、店によっては偽札防止の観点からか、100ドル札を嫌がるお店も結構あります。

印刷技術の発達したい現在、偽札がそこまで流通しているとは思えませんがね・・・昔の名残なのか、100ドル紙幣はお店で出しても嫌がられることが少なくありません。

 

特に青空市(ファーマーズマーケット)や、中華街などでこの傾向は顕著なように思います。

 

また、大量の現金を抱えていると、スリや盗難のリスクもありますしね・・・アメリカは比較的スリが少ない国と言われていますが、やはり気をつけたいもの。個人的には300ドル以上の現金を財布に入れて歩いているとなんだか落ち着かない気分になります。苦笑 日本とはだいぶ商習慣が違いますね。

 

実際、私が渡米することが決まった際、何人かのアメリカ人の同僚と食事に行って情報収集をしましたが、彼らが口をそろえて言うのが、

 

「アメリカでは長財布は危険なのでやめたほうがいい」

「お店でも財布をテーブルに出しておくなんて論外」

「現金が数万円常に財布に入っているのは日本人くらい」 

 

というようなものでした。

 

とにもかくにも、アメリカはクレジットカード社会なのです。 

 

アメリカでクレジットカードの申請に必要なもの

 

ではアメリカでクレジットカードを作るには何が必要でしょうか。

答えは以下の4つです。

 

クレジットカード申請に必要なもの

  1. アメリカでの住所
  2. ビザ
  3. ソーシャルセキュリティー番号(SSN)
  4. クレジットスコア 

 

アメリカの住所

まず、アメリカでクレジットカードを受け取るにはアメリカの住所が必要です。

理由は簡単で、クレジットカードの郵送先が必要だからです。

 

なお、クレジットカードによっては会社の住所を住所として使える場合があります

私は渡米後しばらくホテル暮らしをしていましたが、最初のカードは会社に郵送してもらうことが出来ました。

 

これにはメリットがあって、会社を郵送先にしてもらうことで早くクレジットカードを送ってもらうことができます。

これにより、早く現金生活から抜け出すことが出来、クレヒスが構築できるんですね。

カードを作成する際、会社を送付先に出来ないか必ずトライしてみましょう。

 

就労ビザ

次に必要なのはビザ(就労ビザ)です。

もっともこれはネット申し込みの場合、提示や提出を求められないことも多々あります。

 

ビザは合法的にアメリカにいる権利があるということを証明するものですので、特に渡米して来られる方であれば問題ないと思います。なお、配偶者ビザでもクレヒスさえ構築できればクレジットカードは十分作成可能です(後述)。

 

ソーシャルセキュリティー番号

ソーシャルセキュリティー番号(SSN)がクレジットカードを作成する際の必須情報です。

 

SSNは個人特有の番号です。日本でいうマイナンバーのようなものでしょうかね。

 

アメリカではこの番号を使って保険や銀行など、ありとあらゆる取引を管理します。ひいては会社内の手続きでも下4桁を本人確認に使っていることが多いと思います。

なお、SSNがなくても作れるクレジットカードが一部ありますが、SSNがないとクレヒスは構築することが出来ません

 

下でもご紹介しますが、例えばANA CARD USAの場合、SSNなしでも申請には応じてくれますが、クレヒスを構築するにはSSNの提出が必要になります。SSNを入手したらすぐに担当者に問い合わせることをお勧めします。

 

クレジットスコア

最後に、カードを作成するためには「クレジットスコア」が必要です。

クレヒスと略して言われることも多く、その人の信頼度を数字で表します。

 

クレヒスは350から850の数字で表され、数字が大きければ大きいほどいいスコアとして信頼ある個人とみなされます。それなりのステータスカードの場合、700以上程度のスコアは申請時に保有していることが望ましいとされています。

 

アメリカでクレジットカードを作るにはいいクレジットスコアを維持する必要がありますが、駐在で来たばかりの外国人はクレジットスコアが0(ゼロ)です。

ゼロということは、アメリカでクレジットカードが作れないということです。。

 

アメリカ駐在者が最初に作るクレジットカード

 

アメリカでクレジットカードを作るにはクレジットスコアが必要。

 

クレジットスコアをあげるにはクレジットカードが必要。

 

では、アメリカのクレジットカードを最初に持っていない駐在員はどうすればよいのか?

以下で、クレジットスコア・クレジットヒストリーがなくても作れるアメリカのクレジットカードをご紹介します。

 

ANA USAカード

アメリカ駐在の方へおすすめ。アメリカのクレジットカード – ANA CARD U.S.A.

年会費:70ドル

一言:頻繁にANA赴任コンポ」というキャンペーンを行っています。

クリアすべき条件はいくつかありますが、日本からアメリカに海外赴任する駐在員の場合、初年度年会費が無料になったり、フライトの受託手荷物が1つ追加できたりと各種キャンペーンが付与されます。

 

別エントリにクレジットカードレビューを立てましたのでこちらも参考にされてください。 

 

JAL USAカード

JAL USA CARD – フライトのたびに、ショッピングのたびに、マイルがたまる

年会費:年間20ドル(ショッピングマイルが2ドルごと1マイル)、または70ドル(ショッピングマイルが1ドルごと1マイル)の2コース

一言:こちらもANA USAと同様、入会キャンペーンを行っています。サインアップボーナス入会後初回国際線搭乗で5,000マイル。ANAカードとの違いは、もちろんマイルプログラムが大きいです。

 

プレミオクレジットカード

PREMIO CARD | アメリカで日本の安心をあなたに – ドル建てクレジットカードサービス

年会費無料で持てるドル建てカードです。サインアップボーナスはなし。

一言:マイルにこだわらないという方向けのカードです。アメリカ国外での利用に外貨手数料がかからないというメリットもあります。

 

ミツワJCBカード

ミツワJCBカード – JCB International Credit Card CO., LTD.

年会費無料でボーナスはありません。ミツワで定期的に買い物をされるという方には1,000ドル利用で15ドル(=1.5%)キャッシュバックがつくのでお勧めのカードです。

 

JCBマルカイクレジットカード

マルカイプレミアムJCBカード(カリフォルニア) – JCB International Credit Card CO., LTD.

年会費初年度無料、2年目以降$15。キャッシュバック率が使用額に応じてアップし、$3,000以上の場合3%(!)になります。

カリフォルニア版とハワイ版があり、この2つの州以外の方は申し込みすらできないExclusiveなカードです。

 

以上5つのクレジットカードはクレヒスなしで作成可能ですので、最初からクレジットが必要という方は上記5つの中から選ぶことになる可能性が非常に高いと思います。 

他にも作成可能なカードを知っているという方がいらっしゃったらぜひ教えてください。

 

ANA USAやJALカードなどは日本滞在中(正確には渡米90日前)から申請できるクレジットカードですから、早くカードがほしいという方は赴任が決まった時点で手続きを始めることをお勧めします。

私自身、初めに作成したカードはANA USAカードです。ポイント還元は1ドルにつき1マイル(1マイル=1円の価値とすれば、還元率は1%)です。

 

還元率だけ考えるとそこまで魅力的なカードではありませんので、まずはクレヒスを構築して、その後プロモーションを行っている各種クレジットカードに申し込みを行うのがよいでしょう。

 

上記のほか、アメリカンエクスプレスを日本で使用していたという方は、日本でのクレジットヒストリーを使って最初からアメリカのアメックスを作成できる可能性があります。

American Express – Moving Abroad – Global Card Transfer

私自身も日本でアメックスを利用していましたが、申請にSSNが必要と言われたため渡米前から申請出来るANA USAカードに決めました。

ウェブを見ているとトランスファーに成功した方の記事を見つけることができます。アメックスによいクレジット履歴があって、渡米後SSNが取得で来てからの申請で構わないという方はアメックスも検討頂くのがよいと思います。 (ただし保証は出来ません。)

 

Secured Credit Cardから始める方法

クレジットカードの代替として、特に以下のような方には、エントリーカードとしてSecured Credit Cardを作るという方法があります。

 

  • クレヒスさえ構築できれば最初のカード銘柄にはこだわらないという方
  • 日本で専業主婦でカードを持っていなかったので、上記6つのカードのアプライにも不安があるという方
  • 対象となるカードのオファー条件(マイルプログラムや、年会費など)に魅力を感じる方

 

Secured Credit Cardとは何か

Secured Credit Cardは、通常のクレジットカードとほぼ同じですが、カードの利用限度額分のデポジットを最初に入れなければいけません。

カードの支払いが滞った場合は、デポジットから必要額が差し引かれます。

逆に言えば、最初に入れたデポジット額がカードの利用限度額となり、この範囲内でDebitカードのようにカードを使って、クレヒスを構築していくというものです。そのため、配偶者ビザであっても、クレヒスさえ構築できればクレジットカードは十分作成可能です。

 

以下にいくつかSecured Credit Cardを紹介します。

 

Discover it Secured

Secured Credit Card | Build Credit | Discover

年会費無料、1%のポイントバックがあります。デポジットが200ドルからというのもうれしい特典です。

特に専業主婦の方は、このカードで少額決済を行ってクレヒスをためた上で他のカードに切り替えるのが王道と言えそうです。

(2018年8月22日追記)

下記に私が現在利用しているDiscover it Chromeのリファーラルコードを掲載しておきます。(Discover it Securedの上級カードで、Depositが要求されない点がSecuredとは異なります。もちろん、その分申請の難易度も少し高めですが、AmexやCitiなどと比べると格段にハードルは落ちます。)

リンクからアプライして頂いて、3か月以内にカードを利用すると50ドルのキャッシュバックがもらえますのでよろしければ利用されてください。

https://refer.discover.com/s/z2apg

 

AeroMexico Visa Secured Card

AeroMexico Visa® Secured Credit Card | U.S. Bank

初年度年会費無料、2年目から25ドルです。

初回利用でアエロメヒコ航空のマイルが5000マイル貯まります。

 

LANPASS Visa Secured Card

LATAM Visa® Secured Credit Card | U.S. Bank

初年度年会費無料、2年目から25ドルです。

初回利用でLATAM チリのマイルが5000マイル貯まります。

半年弱カードを使って支払いを期日通り行っているとクレヒスが構築されて、エントリーレベルのクレジットカードへの申し込みが可能になってくるはずです。

 

クレジットヒストリーのチェック方法

最後に、クレヒスはどのようにチェックすればよいかご紹介します。

 

クレジットは作った、数か月頑張ってエントリーのカードでクレヒスは溜まったはず。さぁ新しいカードにアプライしたいが申し込み却下が嫌だ・・・では身動きが取れなくなってしまいます。

 

スコアチェックはCredit Karmaがおすすめ

アメリカには自分のクレジットヒストリーを確認するためのサイトがあります。

おそらく一番有名なのが、Credit Karmaというサイトです。

 

サービスを利用するにはIDとパスワードを作り、個人情報を登録する必要があります。クレジットカード情報は入力する必要がないので、安全に使うことができます。

 

Credit Karmaでは、信用調査機関であるTransUnionEquifaxが算出した、週ごとのクレジット

スコアを見ることができます。これで最低でも700以上(カードによっては750以上)になるまではじっとヒストリーの構築に励みましょう。

 

配偶者の方は要注意

最後に、一点付け加えです。

当たり前といえば当たり前ですが、本会員の家族カードではクレヒスは構築されないことに留意してください。

 

例えば夫が作成したANA USAカードの家族カードを妻に渡していくら決済を行っても、夫のクレヒスに影響するのみで、妻のクレヒス構築にはなりません。

 

あくまで奥様のクレヒスを構築するには奥様名義(本会員)でカードを作成して、奥様が決済&支払いを行う必要があります。別エントリで詳しく解説していますのでよろしければご参照ください。 



Sponsored Link



Sponsered Link

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻とニューヨークで2人暮らし。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください