BAマイルへの移行完了!アメックスポイントからのトランスファーはアップ時が断然お得

Pocket

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

アメックスのMRポイントの貯まるカードをお持ちの方はお気づきと思いますが、現在アメックスポイントからBAマイルへの移行が40%UPしています。

アメックスポイントからのトランスファーはキャンペーン時が断然お得です。近い将来旅行の予定がある方は今回のトランスファーボーナスをぜひ活かしてください。



Sponsored Link

BAマイルへのトランスファーキャンペーン

40%UPプロモーションの概要

アメックスポイント便利ですよね!

ANAユーザーの方でしたらANA CARD USAを利用するよりも、アメックスポイントの貯まるクレジットカードか、SPG Luxury Cardを使って貯まるMarriottポイントをANAマイルに移行したほうが断然早くANAマイルが貯まるはずです。

 

だがしかし!

 

MRポイントの交換先を考えた場合、ANAマイルに移行するのが必ずしもベストアンサーとは限りません。

 

例えば、今回のプロモーションがいい例です。

現在、MRポイント→BAマイル(正確にはBAは「Avios」という名称ですが)へのトランスファーが1,000:1,400に増額されています。

 

通常時は1,000:1,000の交換比率ですから、40%アップのプロモーションです。とってもお得ですね。

このプロモーションは11月8日までの期間限定です。

 

私がトランスファーした理由

私は以前自分名義で作成したHSBC Premier RewardsカードでBAマイルを6万マイル獲得していたので、妻のアカウントでも同額持って置いた方が旅行のプランが立てやすかろうと思い移行を決めました。

Iberia航空のAviosマイルをスペインのグルーポンでコツコツ貯めているので、将来Aviosを移行する前にBAマイルのプログラムを有効化しておく必要があったという理由もあります。

 

BAマイルは期限が36ヶ月ですが、アクティビティがあれば有効期限が延びるので、期限切れをあまり気にする必要がありません。

 

今回のプロモーションで、妻と私が同じ保有マイル数になるように45,000MRポイントを移行しました。これで保有マイルは63,000BAマイルです。妻と私それぞれ6万マイルずつを保有することになりました。

 

BAマイルは短距離路線での利用がお得

一般的に、BAマイルは短距離〜中距離の路線での特典航空券の手配がお得だと言われます。

 

例えば、以前もご紹介しましたが、以下は羽田空港発着JAL国内線の特典航空券(片道)のチャートです。

羽田発の場合、那覇以外の区間は4,500マイル(片道)で手配が可能なんですよね。

 

チャートから明らかなとおり、BAの特典チャートはJALの特典チャートに比べるともともと十分にお得ですが、今回のトランスファーキャンペーンを使うと更にお得になります。

片道チケットの発券に必要なのは4,500マイル ÷ 1.4 = たったの3,214 MRポイントです。1ドルにつき2%MRポイントが貯まるAmex Business Blue Plus カードを使えば、1,607ドル利用でJALの日本国内片道航空券が手配出来てしまいます。相当お得なプロモーションということがわかります。

 

トランスファーの方法

実際にMRポイントをBAマイルに移行した際のキャプチャをしておきましたので、MRポイントを移行したいという方は参考にされてください。

 

Amexウェブサイトの「Benefits」→「Transfer Points」とクリックして進みます。

 

 

今回はBritish Airwaysなので、BAを選択します。初めてトランスファーする際は、航空プログラムのAccount numberなどを聞かれて紐付けを行います。

私も今回初回だったため、初めての移行は1,000ポイントでうまく紐付けできることを確認しました。

移行するMRポイント数を入力して、「Confirm & Transfer Points」を押せばあっという間に完了です。

ポイントの移行は瞬時に反映されます。

この後、BA側のウェブサイトでもトランスファーしたポイントが反映されていることを確認しました。

 

過去のキャンペーン実績

今回BAマイルにトランスファーするにあたり、過去一年間のMRポイントのトランスファー・プロモーションの実績を調べてみました。The Points Guyのウェブサイトを参考にさせていただきました)

 

結果は下表のとおりでした。

 

過去一年のトランスファープロモーション

✓2017年11月:JetBlue 25%アッププロモーション

✓2017年11月:Virgin Atlantic 30%アッププロモーション

✓2018年5月:Flying Blue 25%アッププロモーション

✓2018 年8月 :Virgin Atlantic 30%アッププロモーション

✓2018年8月:JetBlue 25%アッププロモーション

✓2018年10月:British Airways 40%アッププロモーション

 

この中で使えそうなのはやはりBAとVirgin Atlanticですね。

Virgin Atlanticは日本のアメックスは改悪で交換比率が1:0.8に落ちてしまいましたが、北米アメックスは1:1のままです。ANAと提携していますし、実は特典航空券チャートの歪みによりANA便の北米〜日本のファーストクラスを手配する場合、Virgin Atlanticの方が低くなると欧米ブログでも度々紹介されています。

例えばこれとか。

Virgin AtlanticのFlying Clubは日本ではほとんど人気のないマイルプログラムですが、北米在住であればVirgin Atlanticのマイルを貯めて夢のANAのファーストクラスを・・・なんていう狙い方も面白いのではないでしょうか。

 

アメックスポイントからのトランスファーは即時に反映されますが、いざマイルが欲しい!と思ったときにプロモーションを行っているとは限りません。近い将来BAに乗る機会があるかもしれないと思っている方は、今回が交換のチャンスだと思います!

 

参考記事です。

私はBAマイルはイベリア航空のAviosマイルをコツコツ購入して貯めています。イベリア航空のAviosはスペインのグルーポンで月1回程度のペースでセールを実施しており、2,000Aviosの場合マイル単価は1.25円程度です。イベリアとBAのAviosは手数料無料で1:1でトランスファーできるため購入する価値があります。

MRポイントが貯まるアメックスカードは限られていますが、10月にリニューアルして新しく発行が始まったアメックス・ゴールドもその一枚。期間限定でサインアップボーナスが5万MRポイントにUPしています。



sponsored Link



sponsored Link



記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻とニューヨークで2人暮らし。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください