【カードリニューアル】アメックス・ゴールドカードが新しくなって新登場!期間限定ボーナスは5万ポイント

Pocket

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

今日は10月から新しくカードがリニューアルされたアメックス・ゴールドカード(プロパーカード)をご紹介します。

以前のアメックスゴールドと比べて年会費が上がっていますが、その分ベネフィットも多くなっています。そして5万MRポイントのプロモーションも新しく始まりました!リファーラルリンクも紹介しておきますので、申請される方はよろしければご利用ください。



Sponsored Link

カードスペック

もともとあったアメックス・ゴールドカード(=Americanexpress Premier Rewards Creditcard)ですが、10月4日から新しいカードに切り替わりました。まずカードスペックのご紹介です。

 

カードスペック

サインアップボーナス:25,000MRポイント(3ヶ月以内に2,000ドル以上利用)←公式サイト利用の場合

年会費:250ドル

ポイント:通常1%、グローサリー・レストランは4倍(レストランは年間2.5万ドル上限)。エアライン3倍。

為替手数料:なし

その他ベネフィット:100ドルのトラベルクレジット(後述)、ショッピング補償(300ドル/個、年間1,000ドル上限)、バゲージ保険(500ドルまで)など

 

一言:まず目につくのは、年会費が250ドルに値上がりしたことです。以前のアメックスゴールドは年会費195ドル(ただし初年度無料)というパターンでした。新しいカードは初年度から年会費がチャージされるため、実質かなりの負担増です。

また、過去のAmex Goldと比較して、ポイントのカテゴリーが若干変更になりました。下記の表でまとめましたが、グローサリーが4倍ポイントになったのが魅力的!ボーナス達成を目指すカードがない際の、日常使いにぴったりのカードと言えそうです。

それから、プロパーカードの方が他のアメックスカードと比べてアメックス・オファーが出現しやすいということも、このカードの大きなベネフィットの一つです。

 

また、上に載せた写真の通り、2019年1月9日までの期間限定でメタリックのローズゴールドカードを申請することが可能です。他にないプレミアム感のあるカードで、特に女性のハートを掴みそうですよね。

 

シークレットボーナス

新しいカードの登場=サインアップボーナスプロモーションのチャンス!ということで、このカードもご多分にもれずプロモーションを打ち出しています。

 

既存会員のリファーラルリンク経由での申請で、2,000ドルというミニマム・スペンドの条件はそのままに、サインアップボーナスが5万MRポイントに増額されます。よろしければこちらをお使いください。(ありがとうございます!)

 

サインアップボーナスのTerms and Conditions原文(抜粋)は以下のとおりです。

 

Earn 50,000 Membership Rewards Points after you spend $2,000 on purchases on your new Card in your first 3 months of Card Membership.

You must charge $2,000 (the “Threshold Amount”) of eligible purchases on the American Express Gold Card within the first three months of Card Membership to earn the 50,000 Membership Rewards points starting from the date your account is approved. Points will be credited to your Program account within 8-12 weeks after you have met the Threshold Amount. Eligible purchases can be made by the Basic Card Member and any Additional Card Members on a single Card account. Eligible purchases are purchases for goods and services minus returns and other credits and do NOT include: fees or interest charges; purchases of travelers checks; purchases or reloading of prepaid cards;purchases of gift cards; person-to-person payments; or purchases of other cash equivalents. Some American Express Cards are not eligible for enrollment in the program. Your Card account must not be canceled or past due at the time of fulfillment of any offers

 

なお、既に他のアメックスカードを持っている方は、リファープログラムの変更により他のカードも自分自身でリファーできる可能性があります。上記リンクを利用される前にアメックスのメンバーサイトを確認されてみてください。

 

カード攻略の方法

年会費が相当値上がりしてしまったので、個人的には在米期間が限られる駐在員には申請の優先順位が下がったのかな〜と思っています。

もっとも、MRポイントがゲットできるという点で他のカードよりも汎用性が高いのは間違いありません。ANAマイルに交換できるだけでも私達日本人にとっては相当貴重な存在ですよね。

 

下記では250ドルという年会費を取り戻すためのベネフィットを3つご紹介します。

 

トラベルクレジット

まずベネフィットの一つ目がトラベルクレジットです。金額は100ドル。なお、このボーナスは以前のAmex Goldから存在したベネフィットです。

以前のアメックスゴールドにもついていた特典で、アメリカ系の下記航空会社で利用出来ます。

 

利用可能な航空会社

・United Airlines

・Hawaiian Airlines

・Frontier Airlines

・Spirit Airlines

・JetBlue Airways

・Southwest Airlines

・Delta Air Lines

・Alaska Airlines

 

日系エアラインがないのがなんとも残念ですよね。

なお、このトラベルクレジットはエアラインチケットの購入自体には適用されないので注意が必要です。使える費用の例示は以下の通りです。

 

トラベルクレジットが適用される費用の例示

・エアラインの変更手数料

・空港のラウンジ使用料および年会費

・予約手数料

・受託手荷物預り手数料

・機内のエンターテイメントフィー

・座席指定手数料

 

なおDoctor of credit情報ではギフトカード購入でもトラベルクレジットが適用されたという情報もあります。Flyer Talkへのリンクも貼られているので、他に使う機会がないという方は試してみる価値があると思います。

 

このクレジットを満額使い切れれば、その時点で年会費は250ドル△100ドルクレジット=実質150ドルになります。

 

年間120ドルのダイニング・クレジット

2つ目のベネフィットが、年間120ドルのダイニング・クレジットです。こちらは新しく加わったベネフィットです。

 

下記指定のレストランでのカードで毎月10ドル、年間120ドルがクレジットされます。

 

指定レストラン:Grubhub,Seamless,Cheesecake Factory, Ruth’s Chris Steak House, Shake Shack(店舗限定)

 

この中で使い易いのはShack Sharkあたりですかね。しかし毎月指定のレストランに行かなければいけないというのはちょっとハードルが高い気がします。日本のアメックス・ゴールドで提供されている「ゴールド・ダイニングby招待日和」のように使いやすいベネフィットだとありがたいのですが、そうそううまくは行きません。

 

これをすべて利用出来たと仮定すると、年会費は実質250ドル△(100ドルトラベルクレジット+120ドルレストランクレジット)=30ドルになります。

 

上限100ドルのレストランクレジット

3つ目のベネフィットがこれです。申請後3ヶ月以内の利用に限り、20%のStatement Creditが適用されます。(上限100ドルまで。2019年1月9日までのアプライ限定。)

 

We’ll pick up the tip. Receive 20% back as a statement credit, up to $100 per Card account, on dining purchases at U.S. restaurants for the first three months of your Gold Card membership. Offer only available to new Card Members approved before who apply by January 9, 2019.

 

これを考慮すると、初年度の年会費に限って上記2つのベネフィットと合わせると実質無料(すべて使えれば、100ドル+120ドル+100ドル=320ドルのベネフィット>250ドルの年会費)になります。

 

申請の価値があるか

250ドルの年会費はちょっと・・・と思う方も、すべてベネフィトが使えれば実質イニシャルコストは無料です。なので、ある程度旅行・外食の機会のある方はアプライする価値があると思います。

5万MRポイントのサインアップボーナスがもらえるアメックスカードは現在このカードだけなので、貴重なのは間違いありません。3ヶ月で2000ドルとハードルがかなり低いのも魅力的です。

 

あとは、その他のカードとの兼ね合いや、ご自身の希望(MRポイントが欲しいのか、URポイントが欲しいのかなど)、上記のベネフィットをしっかり使うことができるかなどの状況によってアプライを決められてみてはいかがでしょうか。

 

 

参考記事です。

Amex Goldと同じ5万ポイントのオファーという意味では、例えばChaseのSapphire Preferredが挙げられます。こちらは初年度無料のカードなので、ボーナスが同じで、他にこだわる理由がなければChaseの方がコスト的には魅力的に映ると思います。

こちらは折に触れてブログ記事内で紹介している重要エントリです。カードを複数枚発行していくつもりのある方はとにかく各社の発行制限ルールに目を配る必要があります。今回のAmex Goldも申請の前に今一度ご自身のカードプランを確認されてみてください。



sponsored Link



sponsored Link



記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻とニューヨークで2人暮らし。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

2件のフィードバック

  1. 全国一等 より:

    いつも最新の情報アップデートいただきありがとうございます。こちらでご紹介いただいたトラベルクレジットですが、AMEXは利用用途が制限されて使いづらく、航空券購入等には使えないと理解しておりますので、修正が必要だと思います。

    • Kenji Kenji より:

      いつもご覧いただきありがとうございます。確かにエアチケット自体には使えないようですね、コメントありがとうございます。修正しておきました。ギフトカード購入に使えるといくつかのソースで情報が出ているため、もしお持ちでしたら試されてみるとよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください