【アメリカ在住者向け】アメリカから日本へ国際便を発送する方法まとめ

Pocket

f:id:homes-t:20171212052900j:plain

こんにちは、海外駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

さて、今年最後のエントリは、アメリカで生活する方向けに、日本への荷物の発送方法を纏めたいと思います。

私もアメリカに移住したての頃は荷物一つ送るのにも苦労しましたので、特に駐在員の方に参考になればと思います。


Sponsered Link

初めに

アメリカで生活してもう半年以上が経ちましたが、こちらからぽちぽちと荷物を送る機会があります。

家族・仕事上のやり取りはもちろんのこと、こちらでしか手に入らない商品を仕入れて、ヤフオクで売りさばいたこともあります。

海外仕入れの話はまた機会を改めて記事にしたいと思いますが、今日は発送方法についてまとめたいと思います。

私も初めてのころはよくわからず、他の方のブログをぱらぱら見て回ったのですが、意外と料金改定後のチャートが見当たらなかったので。

少しでも参考になれば幸いです。

アメリカから国外(日本)へ荷物を郵送する方法

さて、本題です。

まず郵送の方法ですが、大きく2つを抑えておけばまず大丈夫です。

✔4パウンド(1.8 kg)以下の荷物

→(国際ファーストクラス)USPS First-Class Mail International

✔4パウンド(1.8 kg)以上の荷物

→(国際プライオリティ)USPS Priority Mail International

 

4パウンド以下でももちろん、プライオリティ国際を利用できますが、ファーストクラスの方が安く上がると思います。

上記以外の方法として、「速達」国際サービス (「USPS Express」と呼ばれるサービス)も利用可能です。

日本のEMSと同等のサービスで、この場合、早ければ1~3日で配達されます。

 

利用にあたっての注意点

何点か注意点を記載しておきます。

利用の注意点

  1. アメリカ国内宛メールでファーストクラスを利用する場合は、13オンス以下の商品に限られますが、アメリカ国外へのファーストクラス国際は、4パウンドまで First Class サービスが使えます。
  2. ファーストクラス国際の規定で、中身は400ドル以下の価値の物品に限られます。
  3. 箱の長さは24インチ以下、箱の高さと長さの合計は36インチ以下、長さと辺を2倍にした合計が42インチ以下に限られます(単位については、下記4の早見表も参照してください)。
  4. プライオリティメール国際の方が、配達のスピードが速い(郵便局ページによると、日本までプライオリティでは6~10日)ファーストクラスでも1週間以内に届くこともありますが、保証はされません。
  5. ファーストクラスは、重さによりますが、プライオリティよりも基本割高。そして、ファーストクラス/プライオリティに関わらず、郵便局窓口ではなく、自宅オンラインで郵便料金を支払うと、割引がもらえます
  6. 段ボールの指定は特にありません。箱や封筒は、Target、Office Depot、Wall Mart、1Dollar shopなどで購入できます。国際プライオリティの場合、郵便局でも無料でもらえるPriorityの箱/封筒が使用できますが、プライオリティ扱いのため代金は当然割高になります。
  7. ファーストクラスは保険なし、プライオリティ、Expressには保険があります。

 

なお、これ以外にもeBayなどで日本向け発送している方は、eBay経由の発送で取引規模に応じて割引があるようですが、私は大口出品者ではないためよくわかりません。

 

アメリカから日本への郵送コスト

次に、ファーストクラス国際(4 lbs以下、かつ400ドル以下)の小包の郵送料を纏めておきます。

 

値段についてですが、重量はもちろん、発送先によって細かく「プライスグループ」というものが設定されています。日本の場合で、ファーストクラス国際を利用する場合には、プライスグループは3になります。

プライスグループ3の郵送料金(ファーストクラス国際)
重量 (オンス) 参考重量 (g/Max)    発送費
  プライスGr 3
1–8 227 $13.75
9–32 907 22.75
33–48 1,361 33.75
49–64 1,814 50.75

 

配送方法によって適用されるプライスグループは変わります。

2017年12月現在では以下のとおりのようです。

f:id:homes-t:20171212054651p:plain

 

詳細を調べたいという方はUSPSのホームページ(英語)からどうぞ

www.usps.com

なお、郵便局オンライン(USPS.com)にて住所ラベルを購入・印刷した場合、送料が10%OFFになってお得です。ただし、重量をあらかじめインプットする必要があるため、ご自身での計量が必要になります。

 

単位について

アメリカは日本と異なり、重さにオンスやパウンド、長さにはインチを使います。

 

よく使う単位の換算イメージは以下のとおりです。

 

** 13オンス = 約360g

** 4パウンド = 約1.8kg

** 24インチ = 約60cm

** 36インチ = 約91cm

** 42インチ = 約106cm

 

私はいまだに単位換算が苦手で、しょっちゅうわからなくなるので、実際の単位換算はGoogleに聞いています。

ただ、現地の日常会話の中ではパウンドやフィートといった単位もよく出てくるので、せめて自分の身長・体重くらいは知っていた方が便利ですね。

 

年の終わりに

もう年の瀬ですね。今年はアメリカ移住と勤務先の変更があったほか、プライベートでも私含め家族が体調を大きく崩して入院したりと激動の一年でした。

これから出国年の所得税確定申告を作成しますが、間違いなく人生初めての医療費控除の適用対象になります。

本当はもう提出できるのですが、医療費控除の領収書の添付義務が省略される改正が平成30年1月1日以後提出分からの適用のため、まだ提出せずに待っています。

アメリカの医療費は馬鹿高いので、来年は健康第一に行きたいですね。



Sponsered Link



Sponsered Link

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻とニューヨークで2人暮らし。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください