【片道1ドルから利用可能!】Megabus(メガバス)でアメリカ国内を格安移動する方法

Pocket

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

ニューヨークもすっかり夏本番!街中を歩く人々もどことなくふわふわしていて、楽しそうな顔が行き交います。

 

ところで、「夏」と言えば行楽シーズン。旅行の季節ですよね。今日はそんな旅行ネタとして、【メガバス】を使ってアメリカ国内を格安で移動する方法をご紹介したいと思います。アメリカ在住の方だけでなく、旅行でアメリカに来られるという方にもぜひおすすめします!

 



Sponsered Link

メガバスの基本

Megabus(メガバス)はアメリカの主要都市間を結ぶバスサービスで、日本でいうなればウィラーなどの高速バスに相当します。

 

元々は2003年にイギリスで誕生したサービスで、イギリス・アメリカを含むヨーロッパ10カ国でサービスを提供しています。

 

アメリカ国内では2018年4月現在、カナダとのバスラインも含めおよそ100都市でメガバスを利用することができます。

 

バス運賃はなんと最低1ドルから(!)。

実際には予約手数料があるため、1ドルではすみませんが、平日の閑散期を選べば本当に安いチケットが見つかります。

 

下でもまた触れますが、実際にニューヨーク⇔ワシントンDCのチケットを探した際は2週間前でしたが、片道10ドルのチケットが見つかりました。

ネットを見ていると、1か月程度前から探せば本当に1ドルのチケットが見つかると言いますから、なんとも驚きのサービスです。

 

ちなみにバスの設備はこんな感じです。

メガバスの設備

  • 車内Wi-Fi完備(Wi-Fi完備と謳っていますが、実際のところほぼ使えないので期待しない方が無難です)
  • 各席にコンセントが設けられているので充電が可能。
  • トイレ完備
  • 20kg以下までの荷物なら持ち込み可。

 

メガバスでどこに行けるか

さて、そんなメガバスですが、マップ上の赤いポチマークがメガバスの停留所です。

 

アメリカ主要都市のサービスラインを例に挙げておくと、こんな感じ。

もちろん、線が繋がっていないラインもあるため利用の際は要確認ですが、格安でアメリカ国内を移動したい旅行者にとっては強い味方です。

 

アメリカ国内のサービスラインの一例

・ニューヨーク

・ロサンゼルス

・サンフランシスコ

・ラスベガス

・ニューオーリンズ

・シカゴ

・アトランタ

・マイアミ

・ワシントンDC

・ボストン

 

ニューヨークから行ける都市の一例はこんな感じです。

今回はワシントンDC行きのチケットを手配しましたが、どれを取ってみてもアメリカ在住中に一度は行ってみたい場所ばかりです。バッファローからはナイアガラの滝へもアクセスできますね!

 

NY発のメガバスの一例

・アトランタ(GA)

・アーリントン(VA)

・バルティモア(MD)

・バージニアビーチ(VA)

・バッファロー(NY)

・フィラデルフィア(PA)

・ボストン(MA)

・ワシントンDC

 

 

メガバスの予約方法

続いてメガバスの予約方法を解説します。

メガバスのホームページにアクセスしたら、トップ画面で出発地と目的地、日付、必要なチケット枚数を入力して「Find Tickets」をクリックします。

 

私の場合はニューヨーク発、ワシントン行を探したので、2名分でこんな感じ。土曜で、桜のシーズンなので値段がお高めなのは仕方ありません。一時間置きくらいにチケットが出てますね。

 

一覧の中から選択したい時間のチケットを「Add to basket」で選択します。

次の画面でシートを選択できます。意外と残席数が少なかったです。危ない危ない・・・

席を選択し終えて次画面に進むと席の選択料金、予約手数料などを含めた料金合計が表示されます。

左下にLuggage Policyが出てくるので、クリックしてPayボタンを押せばあっという間に予約完了です。

 

私はもうクレジットを登録してしまっていたので画面が出ませんでしたが、実際にはこの後支払情報の登録画面がでるはずです。なお、チケットの購入はクレジットカード(Visa, MsterCard, American Express)のみで、現金の支払いは不可能です。

購入手続きを終えたら、予約番号が画面上に表示されますのでそれを印刷するか、または届いたメールを保存しておいて、当日運転手に見せてください。

 

なお、ワシントンDCへはフライトもありますが、その場合のNY-DCの所要時間は1.5時間くらいになります。

メガバスの場合所要時間は4時間15分ですから、タウン~空港間の移動時間や、空港での搭乗手続き、荷物の預け入れやピックアップなども考えると、フライトよりもメガバス利用の方が安くて、かつ早いかもしれませんね。

 

NYメガバスの発着場所

ニューヨーク発、ワシントン行きのメガバス発着場所は、34th St b/t 11th Ave and 12th Ave、Javits Convention Center.の前からです。路線によってはPort Authorityから出ているものもあると思うので、事前にウェブサイトやチケットを必ず確認してください。

 

上の写真でもわかるとおり、停留所はとても混雑しています。Short Lineのバスなどもここから出ているので、間違えないように。Megabusのマークが出ているところに並んでください。10分―15分程度は前もって行くことをお勧めします。

 

ワシントン行きの情報は、下記のメガバスの公式サイトでも確認出来ました。

 

メガバスをうまく利用して、アメリカ国内旅行を楽しんでください!

 

関連記事です。

ニューヨークからバスで日帰り旅行をされるのであれば、ウッドベリーコモンのアウトレットもおすすめです。チケット購入の方法は下記のエントリで詳しく解説しています。

 

シティ内の移動はUber、Lyftなどのシェアサービス利用が断然便利です。詳しくはこちらのエントリをご覧ください。



Sponsered Link



Sponsered Link

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻とニューヨークで2人暮らし。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください