【保存版】Chase Freedom&Freedom Unlimitedクレジットカード紹介:親カードとの併用がお得な理由を徹底解説

Pocket

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

今日は9月にブログ読者の方からリファーラルリンクを募集したカードの一つ、Chase Freedom UnlimitedとChase Freedomを合わせてレビューしたいと思います。加えて、親カードとの複数枚持ちのメリットを3つご紹介します。これを読んでいただくと親カードとの複数枚持ちがなぜ優れているかがわかると思います。



Sponsored Link

カードスペック

はじめにChase Freedom Unlimited、Chase Freedom2枚のカードそれぞれのカードスペックのご紹介です。

 

Chase Freedom Unlimited

カードスペック

サインアップボーナス:150ドル(最初3か月で500ドル以上利用が条件)

年会費:無料

ポイント:1.5%

為替手数料:3%

その他ベネフィット:トラベルキャンセルプロテクション(1,500ドル/人かつ6,000ドル上限)、ショッピング補償(500ドル/回かつアカウントにつき5万ドル上限)など

 

コメント:

このカードの最大の特徴は、「Chase Freedom Unlimited」というカード名称のとおり、1.5%のポイント還元をノンストップで付与してくれる点にあります。

カテゴリーの別なくすべてのお買い物が1.5%付与ですのでシンプルで、かつ比較的高い還元率を誇るカードです。

 

なお、カードベネフィットですが、トラベルプロテクション・ショッピング補償ともに2018年8月から変更(改悪)が入っているようです。Chase Freedomも同様ですが、公式サイトでは変更後のベネフィット詳細が確認できず、他ブロガーの情報を基に記載しています。どなたか既存ユーザーの方で上記と異なる情報をお持ちでしたらお知らせいただけると助かります。

 

Chase Freedom

続いてChase Freedomです。

カードスペック

サインアップボーナス:150ドル(最初3か月で500ドル以上利用が条件)

年会費:無料

ポイント:通常1%、3か月ごとに5%設定のカテゴリーあり(1,500ドル上限)

為替手数料:3%

その他ベネフィット:トラベルキャンセルプロテクション(1,500ドル/人かつ6,000ドル上限)、ショッピング補償(500ドル/回かつアカウントにつき5万ドル上限)など

 

コメント:

このカードがとても面白いのは、ポイント加算が四半期ごとに5%にジャンプアップするカテゴリーが設けられることです。下記は2018年のカテゴリーです。

5%のカテゴリーはGrocery、Gas、Restaurantなどさまざまで、このボーナスカテゴリーに限って言えば他のどのクレジットカードよりも断トツの還元率を誇ります。なので、5%のカテゴリーでとにかく支出を集中させるのが攻略のポイントです。

グローサリーのカテゴリーは特にクリアが簡単。支出が足りなければグローサリーでギフトカードで購入すれば良いのです。1,500ドル x 5% = 7,500ポイントは毎年確実にゲット出来ます。

 

2枚に共通して言えることですが、年会費が無料なため、解約を気にせずずっと保有し続けることができるというのもありがたいです。陸マイラーをやっているとカードの入れ替えは頻繁になりますが、こういうずっと持ち続けられるカードも数枚は必要です。

 

カード攻略の方法

 

今日一番大事なのはここです。

Chase Freedom・Chase Freedom Unlimitedはそれぞれのカード単体としてみるとそこまですごいスペックを持っているようには見えません。が、「親カード」と呼ばれる上級カードとの併せ持ちでその利用価値は跳ね上がります。

どういうことか、下でメリットを3つご説明します。

 

メリットその1:親カードとの2枚持ちでお得

まずメリットの一つ目。

例えばChase Sapphire Preferredの場合、カード利用による還元はURポイントで行われますが、Chase Freedom・Chase Freedom Unlimitedについてはキャッシュバック(チェック、Statement Credit)としてのみ受け取ることが可能です。これが原則ルール。

 

しかし!!

 

親カードを保有している場合、「URポイントをまとめる」というテクニックを使うことが可能です。

例として、3万ポイントのURポイントを貯めたAさん、Bさんの2人がいると仮定しましょう。

Aさんは子カード(Chase Freedom)に3万ポイントを貯めました。Bさんは、親カード(Chase Sapphire Preferred)に1万ポイント、子カード(Chase Freedom)に2万ポイントの合計3万ポイントを貯めました。

 

Aさんのケース

 

⇒Aさんは親カードを保有していません。

URポイントはキャッシュバックしか受けることは出来ません。URポイントは10,000ポイント=100ドルの交換比率なので、3万ポイントのバリューは300ドルです

 

Bさんのケース

 

⇒Bさんは親カードとしてChase Sapphire Preferredを保有しています。親カードを保有している場合、「ポイントをまとめる」ことが出来るため、Chase Freedomで貯めた2万ポイントと合わせて提携パートナー(航空マイルやホテルポイント)に交換することが可能です。

 

マイルの価値を1マイル=2円と仮定すると、3万ポイント=600ドル相当のバリューを持つことになります。

 

マイル移行せずに、Chase Travelで利用する場合であっても同じ。Chase Travelでポイント払いを選んだ場合の違いはこうです。

 

・Sapphire Reserve(50%増し)・・・ 450ドルバリューのトラベル決済で利用可

・Sapphire Preferred(25%増し)・・・375ドルバリューのトラベル決済で利用可

・子カードのみの場合・・・300ドルバリューのトラベル決済でクレジット

 

どちらが得か、一目瞭然ですよね??

親&子の複数枚持ちでポイントをまとめた上で利用した方が断然オトクになります。

 

親カードになれるカードは年会費の発生するChaseのクレジットカードのみで、具体的には下記のカードです。

 

親カードになれるカード

・Chase Sapphire Reserve(年会費450ドル。300ドルのトラベルクレジットあり)

・Chase Sapphire Preferred(年会費95ドル。初年度無料)

・Chase Ink Business(年会費95ドル)

 

3枚のうちどれを申請するかはその人次第です。

Chaseはビジネスの定義が厳しいので、私のような駐在員であればSapphire Reserveか、Sapphire Preferredの二択になるのかなと思います。

私はSapphire Preferredを申請しています。カードスペックの詳細は下記エントリでご紹介していますので参考にされてください。

 

メリットその2:Freedom(Unlimited)のポイント還元の最大限利用

メリットの2つ目は、Freedom(Unlimited)のポイント還元を最大限利用することです。

 

例えば、私が保有しているChase Sapphire Preferredを例にとると、ポイント還元率は通常1%、トラベル・レストランは2倍でした。

 

Freedom Unlimitedはどうでしたっけ?上でご紹介した通り、カテゴリーの制限なく、しかも上限なしのノンストップで1.5%でしたね。

Freedomに関しては、カテゴリーボーナスで四半期ごとに最大5%でした。

 

つまり、日常使いではSappire Preferredを利用するよりも、Freedom Unlimitedを利用した方が1.5倍早くURポイントが貯まり、Freedomのカテゴリーボーナスなら最大5倍(!)早くURポイントが貯まるということです。これをうまく利用するとURポイントが加速度的に貯まるようになります。

つまり、日常の決済ではFreedom(Unlimited)を利用して大きなポイント還元を得る。これを親カードの「ポイントをまとめる」機能で親カードのURポイントとして集約させて提携パートナーに移行させた方が、ポイントの貯まり具合が断然早くなります。

 

例えば、グローサリーが5%にアップしている四半期に1,500ドルの支出をすることを考えてみます。

Sapphire Preferredで1,500ドル支出すると貯まるURポイントは1,500ポイントですが、Freedomで1,500ドル支出すれば貯まるURポイントは7,500ポイントです。これを「ポイントをまとめる」機能で親カードのURポイントに集約すれば、提携パートナーに移行できるようになります。断然お得です。

 

簡単にいえば、親カードとの複数枚持ちをしている方は、普段は子カードを使っていればよいわけです。

 

メリットその3:Shop through Chaseの活用

メリットの 3つ目がShop through Chaseの活用です。

 

これはFreedom、Freedom Unlimitedに限った話ではありませんが、Chaseのカードをお持ちの方はChaseが運営するポータルサイト、「Shop through Chase」を利用することが可能です。

Shop through Chaseを経由するとLOWE’S, Macy’s, Grouponをはじめ、数多くのオンラインショッピングサイトでURポイントが貯められます。キャッシュバックサイトとしてはアメリカではTopcashbackがあまりにも有名ですが、同じ還元率であれば、Shop through Chaseを経由した方がURポイントが貯まるので断然有利です。

 

Topcashbackの方がAmazonが(カテゴリー限定ですが)リスティングされていたりと取扱店舗が多いので、私はオンラインショッピングをする際はまずShop through ChaseやUnited AirのShopping mallで検索してみて、それで見つからなければTopcashbackで検索、というように二段階で使い分けています。

Shop through Chaseを経由しても、必ずしもChaseのクレジットカードを決済に利用する必要はありません。ポータルを経由だけして、決済はアメックスのカードを使ってもOKです。もちろん、決済にFreedom、Freedom Unlimitedなどを使えばURポイントが二重取り出来ます。

親カード・子カードを両方持っている場合、Shop through Chaseのポータル上、ポイント付与率が異なることがあるようですので高い方を使ってください。

 

リンクを踏む一手間が面倒くさい・・・と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ポイントの溜まり方が劇的に変わります。旅行の費用負担を減らしたい!無料旅行をしたい!と思う方はこの手間は惜しむべきではないと思います。

 

サインアップのコツ

Chaseの最大のネックは何と言っても5/24ルールです。

2年で5枚までしかアプルーブしてくれないため、一人のアカウントで親・子両方のカードを申請すると残りは3枚になってしまいます。2年で3枚しかパーソナルカードが申請出来ないというのは痛すぎます。

 

そこでサインアップのコツです。

URポイントは同一住所であれば家族内でもポイントをまとめることができるというテクニックが存在します。(Million Mile Secret情報

 

駐在員の方におすすめしたいのが、給与収入があってクレヒスが高い本人のアカウントで親カードを申請して、所得のない配偶者の方で子カードを申請するという夫婦の協力技です。

これで親・子両方のカードが無事ゲットできれば、あとはポイントをまとめる機能を使って親カードにURポイントを集約すればOK。夫婦それぞれ5/24のうちの1枚を残しておけばこの技が使えるので、他のクレジットカードを4枚申請できる計算になります。

 

Chase Freedom Unlimitedのブログ読者の方の紹介リンクはこちらです。よろしければご利用ください(ありがとうございます!)。

 

Chase Freedomのリファーラルリンクはまだ募集中です。紹介できるという方は下記の記事で趣旨を一度御覧頂いた上でご連絡ください。

 

参考記事です。

クレジットカードの申請はサインアップボーナスがアップしている時が断然狙い目です。下記で10月のおすすめカードを紹介しています。

こちらは文中にも出てきたクレジットカードの発行制限ルールについてまとめたエントリです。中でもChaseの5/24ルールは最重要。クレジットカードで大量マイルを獲得したいとお考えの方は最初に知っておくべき各社のルールをまとめました。



sponsored Link



sponsored Link



記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻とニューヨークで2人暮らし。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください