アメリカ版メルカリの詳細レビュー 使用感から日本のメルカリとの違い、利用上の注意点まで

Pocket

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

さて、 今日は日本でも大人気のフリマアプリ、「メルカリ」のアメリカ版の使用感レビューをご紹介します。

日本とは結構使用感が違いますので、内容を読み進めて頂くと驚くことも多いと思います。


Sponsered Link

メルカリって何?

f:id:homes-t:20171005004556p:plain

日本で大人気のメルカリ。

2017年中の東証上場も予定されるシェアリングエコノミーのユニコーン企業ですよね。

そのメルカリですが、アメリカでも2014年9月からサービスを開始しています。

 

メルカリ利用の基本

使い方は日本とほぼ同じです。

 

キーワード検索して、気に入った商品があれば”Buy now”ボタンから即購入可能です。

ヤフーオークションなどと違い、購入後に売主と色々やり取りが必要といった煩わしさはありません。

(もっとも、ヤフオクもだいぶ改善はされましたが。)

日本のメルカリとの違いをまとめてみました。

 

日米の文化の違いがこんなところにも透けて見えて結構面白いです。

日本のメルカリとの違い

その1;送料は別料金が基本
その2:商品説明が適当
その3:配送されるまでに時間がかかる
その4:返金制度がある
その5:匿名配送制度はない

 

送料は別料金が基本

これが一番の違いかもしれません。

日本のメルカリは送料込みの値段でオファーされている事がほとんどですが、アメリカのメルカリは違います。

ユーザーによっては送料freeにしている方もいますが、大多数は別料金です。

その為、検索ページに表示されるPrice=支払総額にならないことか多いです。

f:id:homes-t:20170927131447p:plain

 

商品説明が適当

これは本当に何とかして欲しいのですが、商品説明が適当です。

というか、、、殆ど説明ありません……\(^o^)/

写真も一枚しかなかったりぼやけているのも当たり前。競争がまだあまりないんでしょうね…

レビューが少ない売主と取引する際は入札前に売主にコンタクトしましょう

 

配送されるまでに時間がかかる

アメリカの国土は日本の約25倍です。。このため、Shippingから届くまでに時間が掛かります。

私はNY在住ですが、SanDiegoの友人からUPS Expressを送ってもらうのに4-6日かかりました。

発送までのリードタイムもあるので、すぐに必要なものを購入するには向きません。

 

イメージ的には日本の倍リードタイムがあると思って頂くとよいと思います。気長に待ちましょう。

 

返金制度がある

4つ目がこれ。アメリカのメルカリにはなんと返金制度があります

 

下でも触れますが、アメリカの個人間取引には色々なトラブルを伴います。。

一方、商習慣上クレーム対応が徹底しており、購入した商品でも欠品や不良品であれば返金の申し立てが可能です。

1992年にマクドナルドのコーヒーで火傷した客が会社を訴えて、裁判所が64万ドルの損害賠償を命じた(その後60万ドル未満で和解と報道された)話はあまりにも有名です。

gigazine.net

話が少しそれてしまいましたが、不良品の申し立ては商品が届いてから概ね3日以内に行う必要があります。

これを過ぎると勝手に売主評価が投稿されて、Dealがクローズのステータスになるので注意です。

特にアパートにお住いの方は受付にデリバリされた時点で受取りになるので要注意です。

 

匿名配送制度はない

日本のメルカリは、メルカリ便や、郵便局の「匿名配送」を使うことにより、住所を知られることなく取引を行うことが可能です。

しかし、アメリカのメルカリには匿名配送のシステムはありません

 

利用上の注意点

次に、実際に使ってみて感じた注意点をまとめてみます。

本当はまだまだいろいろ気になることがあるんですが、まぁ所詮アメリカなので・・・

取引上の注意点

✔新規登録ユーザーが多い
✔入札しても安心出来ない
✔ユーザー保証制度がある

新規登録ユーザーが多い

まず、売主に新規ユーザーが多いです。

それ自体は決して悪いことではないと思うんですが、外人に日本的なきめ細やかさを求めるのはどだい無理……。

発送が期日より遅れたり、ラッピングが適当だったりというのは当たり前です

カスタマーサポートから勧められたのは、購入前に売主にコンタクトする事です。

まだ商品があるのか、ダメージや欠品がないか(後でクレームする際にあると有利な立場に立てます)を聞いてみましょう。

 

後は、できる限り利用歴があって口コミ評価のよい人から購入するのがベストです。

ただし口コミ評価が多いユーザーはセミプロの事も多く、そうなると余り安価なものは期待出来ません。

 

入札しても安心出来ない

一旦入札しても安心出来ません。届いた商品は必ず検品しましょう

私自身の経験では、過去2ヶ月で購入6回、うち売主側の購入後の一方的なキャンセルが1回、届いた商品の部品欠品が1回(dvdプレーヤーにコードとリモコンかついていなかった)、購入後に連絡がなく、こちらがコメントしても返信が来なかったため3週間後にヘルプデスクへキャンセルをお願いしたのも1件ありました。

 

↓このメッセージの後、一方的にキャンセルされました。

f:id:homes-t:20170927131740p:plain

ユーザー保証制度がある

これは上でも触れました。

なお、返金は基本的に購入した際の決済方法で行われます(クレジットでの購入ならクレジットが戻る)が、一度メルカリで使えるクーポンで戻ってきた事があります。

 

使用期限があるのでその後大変困りましたが、保証制度があるのは助かります。

(というか、なければ私は取引しません。)

 

セール期間を狙うと更にお得

アメリカのメルカリはまだまだサービスを開始したばかりで、マーケット拡大のために頻繁に色々なセールを行っています。

これは2017年9月20時点のセールです。ブーツ製品が10%OFF。

f:id:homes-t:20170927133328p:plain

そして、その1週間後の26日からはハロウィーンのセールが開始されました。

f:id:homes-t:20170927133528p:plain

日本のメルカリも時々クーポンを配賦する事がありましたが最近はぐっと機会が減りましたね。

アメリカ版では、月に一度何かしらプロモーションが行われているイメージです。

 

また、メルカリにサインアップする際にもプロモコードを利用するとクーポンを貰うことが出来ます。

現在は紹介される新規ユーザーには10 ドル、紹介者にも2ドルがキックバックされます。

 

私からも紹介可能ですので、もしアメリカでメルカリを使い始めたいという方がいらっしゃれば下記の紹介コードを登録の際ご利用ください。

なお、ご利用いただく際は念のためご一報頂けると助かります。

f:id:homes-t:20170927134022p:plain

実際に使ってみての感想

アメリカのメルカリを始めてまだ取引も10回未満と赤ん坊ユーザーですが、今後続けていくかどうかまだ決めかねます。

 

逆に出品してみたいという方は、日本的な対応が苦にならないのであれば、すぐに人気のセラーになりそうです。

 

ちなみに、日本人同士の家具や雑貨売買であれば、MixBの方が私はおすすめです。

欲しい商品が見当たる可能性は高いとは言えませんが、値段も安く、何より安心して取引できます。

 

メルカリは日本では大変普及していますが、アメリカでは認知度が高いとは言えず、Trial & errorが必要なサービスです。幸いにもユーザー保証制度はしっかりしていますので、気長に取引が出来るという方であればお勧めのサービスと言えそうです。



Sponsered Link



Sponsered Link

 

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻とニューヨークで2人暮らし。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください