Marriott Bonvoyクレジットカードまとめ:一番お勧めなのがMarriott Bonvoy Businessである理由

Pocket

(2月14日に記事をアップデートしました)

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

 

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

今日のエントリでは1月下旬に発表されたMarriott Bonvoyクレジットカードのカードラインアップの振り返りと、そしてその中で一番お勧めのカードは何かということについて私の考えをシェアしたいと思います。

私のおすすめは、ずばり「Marriott Bonvoy Business」です。今日の記事を読んで頂くと、その理由がわかると思います。




Marriott Bonvoyの新しいカード

(写真は公式サイトより)

まず、混乱している人も多いかもしれませんので、Bonvoyへのre-brandingに伴って登場するクレジットカードを振り返っておきたいと思います。

大幅なRe-brandingで、私も最初はかなり混乱しました。。この記事を書いていて、Bonvoy BrilliantとHilton Aspireを比較した記事の冒頭で触れたカードラインアップに一部正しくない表記があることに気付いたため、合わせて修正しました。

 

したがって、この記事を読んで頂く際、もう一度改めてMarritt Bonvoyカードのラインアップを掲載しておくことには意味があると思います。

 

Amexから登場するカード

Amexから登場するのは下記の3枚です。

左から順番に、Marriott Bonvoy Card、Marriott Bonvoy Brilliant Card、Mariott Bonvoy Business Cardです。

(写真をクリックすると拡大します)

(写真はMariottの公式サイトより)

 

それぞれのカードを新旧対照で考えると、以下のようになります。

アメックスカードのビフォー・アフター

・SPG Amexカード→Marriott Bonvoyカード

・SPG Luxuryカード→Marriott Bonvoy Brilliantカード

・SPG Amex Businessカード→Mariott Bonvoy Businessカード

 

なお、上記カードのうち、Starwood Preferred Guest(パーソナル)は2月13日以降新規発行は受け付けられなくなりますので注意が必要です。(以下はプレスリリースからの抜粋です)

American Express will no longer accept new applications for the Starwood Preferred Guest® Credit Card from American Express after February 12, 2019. When this Card is renamed as the Marriott Bonvoy American Express Card on February 13, 2019, existing Card Members will continue to get access to the Card’s great benefits and offerings.

 

プレスリリースを抜粋したのには意味があります。

SPGパーソナルについては2/12より後は申請を受け付けない旨がはっきり明記されていますが、他の2枚(SPG Luxuryカード、SPG Amex Businessカード)についてはre-brandingすると記載があるのみで、カード発行を直ちに停止するとは明記されていません

この点はAMEX側のプレスリリースだけでなく、マリオットの公式サイト上も同じです。これがクリアでない点の一つ目。

 

もう一つクリアでない点は、2/12までにSPGパーソナルに申し込まなかったらどうなるのかという点です。

2/13以降Marriott Bonvoyカードに申請ができるのか?それとも既存のSPGパーソナルからの切り替えのみを行っているのか?マリオットの公式サイト上も、下で紹介するチェースとも微妙に表記が違って(少なくとも私には)クリアではありません。この点、アメリカのマイルブロガーの間でも表記が割れているように私には見えます。

 

例えば、TPGのブログ記事では下記のように記載しています。これを見る限り、2/12を過ぎるとMarriott Bonvoyカードへの新規受付は出来ないと記載されているように読めます(赤字は私の編集です)。

Marriott Bonvoy Amex
The entry-level ($95 a year) SPG Amex will be rebranded as the Marriott Bonvoy American Express Card in mid-February, and at that time it will close to new applicants. After Feb. 12, your only Marriott-branded credit card options from Amex will be the $450 Marriott Bonvoy Brilliant and the Marriott Bonvoy Business.

Though it will soon be shuttered to new applicants, the Marriott Bonvoy Amex will retain its existing perks for card holders who are approved before the Feb. 12 cutoff date.

 

プレスリリースを見てSPG/Mariottカードの申請を考えていた私はかなり困惑しました。。

だってそうですよね?カードが一枚消えてなくなってしまったら申請のしようがありません。カードラインアップはカード選びの第一歩です。ないものは比較のしようがありません。

 

よくわからなかったので、AMEXのチャットでも問い合わせしてみました。カスタマーサポートの回答を抜粋します。カッコ内青字部分は、私の質問文を補足的にそのまま入れました。

 

1人目・・・

(So to confirm it again, can we apply for the replacing Marriott Bonvoy American Express card on and after Feb 13 EVEN IF we don’t have the current SPG personal?)

Absolutely! Just that SPG card will be discontinued.  Going forward that will be termed as Marriott Bonvoy American Express card.

(Ok, and we can apply for a new card aka Marriott Bonvoy American Express)

yes, after 02/13/2019.

For an existing member,  information will be mailed out directly but for the new application you will see all the detialed information after 02/13/2019

 

まだ納得が出来なかったので、時間をおいてから妻のアカウントでも再度問い合わせてみました。

2人目です

as of now there is no official communication yet and so I would request you to wait till amex reaches out to you .

(But I will miss the opportunity to get Marriott Bonvoy card if I don’t apply for the SPG personal now assuming post Feb 12 it is not issued for new applicants. that’s why I am asking)

You would not miss the opportunity …as the Bonvoy card would still be available as i just confirmed it with the supervisor.

 

いかようにも解釈できそうですが、2人に問い合わせて2人ともが「2/13以降も新しいMarriott Bonvoy カードへの申請は可能」というコメントでした。

そうするとTPGの記載が間違っているんでしょうかね・・・だとしたらなぜSPGパーソナルだけdiscontinuedの文言がプレスリリースに入っているのかよくわかりませんが、暫定的に3枚のカードが2/13以降も手に入るということで考えておきたいと思います。

 

2月14日追記:結局新プログラムでは、「Marriott Bonvoy カードへの新規申請は不可能」というのが正解だったようです。サポートに振り回されました。

 

Chaseから登場するカード

続いてChaseです。Chaseから登場するのは下記の6枚です。

(写真をクリックすると拡大します)

(写真はMariottの公式サイトより)

 

変更後のカード名称は、左上から順番に時計回りで、Marriott Bonvoy Boundless Credit Card、Marriott Bonvoy Premier Plus Business Credit Card、Marriott Bonvoy Premier Credit Card、The Ritz-Carlton Credit Card、Marriott Bonvoy Business Credit Card、Marriott Bonvoy Credit Cardです。

 

こちらも、それぞれ新旧で考えると以下のように変更になります。

 

チェースカードのビフォー・アフター

・Marriott Rewards Premier Plusカード→Marriott Bonvoy Boundlessカード

・Marriott Rewards Premierカード→Marriott Bonvoy Premierカード(※)

・Marriott Rewards Premier Plus Businessカード→Marriott Bonvoy Premier Plus Businessカード

・Marriott Rewards Signatureカード→Marriott Bonvoyカード(※)

・Marriott Rewards Businessカード→Marriott Bonvoy Businessカード(※)

・The Ritz-Carlton Rewardsカード→Ritz-Carlton Credit Cardカード(※)

 

ただし、そのうち(※)のついた4枚はすでに新規発行を受け付けていません。また、Marriott Bonvoy Premier Plus Businessカードも2月12日以降新規カード受付を停止するとあります。

 

結果として、現時点でカード受付を行っているのはこうなります。全部で5枚あります。

 

2月8日時点のカードラインアップ(新規アプライ可能なカードのみ)

Amex系

①Starwood Preferred Guest(2月13日以降受付停止)

②Starwood Preferred Guest Business

③Starwood Preferred Guest Luxury

 

Chase系

④Marriott Rewards Premier Plus

⑤Marriott Rewards Premier Plus Business(2月12日以降受付停止※)

 

※もう一つ混乱させられるのがこの部分で、このカードだけマリオット公式サイト上の発行停止に関する文言がアメックスとは違います。

This Card will no longer be available to new applicants starting February 12, 2019.

こちらは一日早い2/12から受付を停止するように書いてあります。こういう表記の揺れはユーザー泣かせですね・・・色々な情報が錯綜して、調べていくうちによくわからなくなります。

ひとまず、カード申請を考えている方がいらっしゃったら2/11までに申請することをおすすめします。

 

それが、2月13日以降はこうなるものと思われます(一部推測を含みます)。

 

213日以降のカードラインアップ(リニューアルを除く新規アプライ可能なカードのみ。カッコ内は年会費)

Amex系

①Marriott Bonvoyカード(?)←カスタマーサポートの回答に基づくものですすでに申請不可になっています。

②Mariott Bonvoy Businessカード(125ドル。ただし経過措置あり←後述します)

③Marriott Bonvoy Brilliantカード(450ドル)

 

Chase系

④Marriott Bonvoy Boundlessカード(95ドル)

 

2月13日以降は新規受付を停止するカードはわかりやすくするためにカード一覧から外しました。また、上で振った番号は、2/13のビフォー・アフターでそれぞれ対応しています。

 

まとめると、現時点ではChaseAmex合計で5枚のクレジットカードが新規にアプライが可能で、それが13日のBonvoy re-branding以降は43枚のカードに集約されるということです。

 

なお、2/13以降のラインアップに関して、Creditcard.comではMarriott Bonvoy Premier Plus Businessが新規アプライ可能なように読めるコメントを残しています。なので、4枚ではなく引き続き5枚という可能性も残りますね・・・本当にバラバラで困ったものです。

Marriott Bonvoy Premier Plus Business card

After Feb. 13, the Marriott Rewards Premier Plus Business card will be relaunched as the Marriott Bonvoy Premier Plus Business card with new card art for all new and existing cardholders. The sign-up bonus will remain the same – 75,000 points if you spend $3,000 in the first three months. In addition to the card’s current perks, users will have the opportunity to earn a second free night award annually if they spend $60,000 in a calendar year.


Kenji

カード発行が開始されるであろう2/13以降、随時更新します。ちなみに、2019年夏を目途に新しい年会費無料のBonvoyカードが発行されるという情報もあるため、まだしばらく混乱は続きそうです。苦笑

 

Marriott Bonvoy Businessを勧める理由

さて、ひととおりBonvoyクレジットカードのラインアップの整理がついた(?)ところで、ここからが本題です。

 

私がマリオットポイントをもう少し貯めて帰りたいと言っていた理由はリッツカールトン東京の特典宿泊を手配したこちらのエントリで触れたとおりです。ここしばらくマリオット・ボンヴォイポイントをどうしようかと考えあぐねていたのですが、ようやく自分の中での結論が固まりました。

 

私はMarriott Bonvoy Businessを今月末か、来月に申請したいと思います。

 

ここからはなぜMarriott Bonvoy Businessがお勧めの一枚なのかを説明したいと思います。このカードを選んだ理由は4つあります。

 

カードプロモーションを行うこと

理由の一つ目は、カードプロモーションです。

 

このブログでもたびたび取り上げているとおり、カードの申請はサインアップボーナスがUPしているときに行うのが鉄則でした。

 

この点、新しいカードであるMarriott Bonvoy Businessは、2/13~4/24までの期間限定でボーナスが10万ポイントにアップします

下記はアメックス公式サイトのプレスリリースの抜粋です。(太字は私の追加です)

From February 13 through April 24, 2019, eligible new Card Members who apply for the Marriott Bonvoy Brilliant American Express Card or Marriott Bonvoy Business American Express Card can earn 100,000 Marriott Bonvoy points after they spend $5,000 in purchases on their Card in the first three months of Card Membership.

 

この記事をアップする時点のSPG Businessは、ビジネス・パーソナルともにサインアップボーナスは7.5万ポイントです。


Kenji

話はそれますが、このプレスリリースにMarriott Bonvoyカードが入っていない理由もよくわかりません。2/13以降もカード受付を続けるなら一緒にプロモーションの対象になっても良さそうな気がします

 

私は先日のマリオット・ボンヴォイポイントの使い方を考えた記事でもご紹介した通り、+10万ポイントを獲得して24万ポイントにしたいと思っています。それを今後新カテゴリー適用後のカテゴリー6で5泊の特典宿泊(フリーステイ・アワードがあるので一泊無料で6 x 4 = 24万ポイント)として利用するつもりです。

 

したがって、7.5万ポイントでは足りません。

 

それが、2/13~4/24の期間限定で10万ポイントにアップしたときにゲット出来ればちょうど帳尻が合う計算です。

 

年会費が初年度無料になること

2点目は年会費についてです。Marriott Bonvoy Businessの年会費はやや変則的です。

 

現在のSPG Businessの年会費は95ドルで初年度無料ですが、公式サイトの発表によれば、328日以降の年会費は125ドルに値上がりします

 

以下はマリオット公式サイトからの抜粋です。

Marriott Bonvoy Business American Express Card

$125 annual fee (If your application is received before 3/28/2019, the introductory annual fee will be $0 for the first year of Card Membership, then $95)

 

The fee increase will take effect on your next renewal date on or after 3/28/2019. If your Card application was received before 3/28/2019, the fee increase will take effect on your renewal date on or before 3/28/2021. Please call the number on the back of your card for more information about when this fee increase may affect you.

 

アメックスのプレスリリースや、現行のSPG Businessのカード規約を見てもクリアでなかったのが、2/13~3/27の間に申請した場合にカードボーナスと年会費がどうなるかということだったのですが、上記マリオットの公式サイトを見る限り、どうやらここにスイートスポットが出現するのかな~と思っています。

 

下記はCreditcards-comのカードスペック紹介の画像がわかりやすいかもしれません(出典はこちらです)。

(画像をクリックすると拡大します。)

これを時系列でまとめるとこうなります。

 

カード申請日と年会費の変化

・~2/12まで:Marriott Bonvoy Businessは申請不可(SPG Businessカードを申請受付)

・2/13~3/27:初年度年会費無料、2年目は95ドル、3年目以降125ドル

・3/28以降:125ドル(初年度年会費無料なし?)

 

注目すべきは、もちろん中段の2/13~3/27の部分です。

 

おそらくですが、Marriott Bonvoy Business(現:Starwood Preferred Guest Business)に限っては、何らかの理由でカード切り替えのタイミングが3/28と設定されているため、それまでは現行のカード規定が適用されるのだと思います。

他方、カードプロモーションは一斉に2/13から始まるため、2/133/27の間に限っては初年度無料&10万ポイントのスイートスポットが出現すると考えられます。

 

私が読み違っている可能性もゼロではありませんが、狙うならここしかないかな~と思っています。

 

ビジネスカードであること

その他の理由として、カードがビジネスカードであることが挙げられます。

 

私はもう関係ありませんが、Chaseの5/24ルールにカウントされないのは、Chase派の人にとっては有難いメリットの一つだと思います。

 

また、ビジネスカードでクレジットスコアへのハードプルがないのもありがたいです。

私はこの数日のうちに私名義で2月のカード申請をするつもりです。Marriott Bonvoy Businessも私名義で取得したいと思っていますが、90日以内に申請は一度というマイルールを設けているので、2度ハードプルされるのを避けられるのは助かります。

 

3月に申請出来るカードであること

最後に、これは完全に個人的な理由ですが、3月27日までボーナスタイムの期間があるのも助かります。

 

アメックスは2/90日ルールがあるので、11月にAmex Businessを取得した私にとっては今月2枚申請するのは微妙です。また、5枚ルールも気になります。ONE MILE AT A TIMEの下記記事ではチャージカードは5枚にカウントされないという情報もありますが、公式ルールかどうかは不透明です。

 

私のカードラインアップ上は、2月中に一度アメックスを5枚保有することになりますが、3月に1枚アメックスカードをキャンセルする予定なので、うまくいけばNarrow pathを通らずに済みます。

 

というわけで、以上をまとめると、3月のどこかのタイミングでMarriott Bonvoy Businessを申請するのが一番お得かな~という結論に達しました。

 

参考:過去に系列カードを作っている人は要注意

最後に、私と同じようなことを考える方への参考情報ですが、過去にSPG Amex&Chase Marriott系列カードを作っている人は要注意です。

 

今回Marriott Bonvoy Businessをはじめ、新しく登場するBonvoyカードを申請しても、ボーナスがもらえない可能性があります。

ここでは詳しくは立ち入りませんが、Frequent Milerの下記記事を参考にしてみてください。ちなみに、私は一度も系列カードを一切作ったことがないのでこの点は問題ありません。

 

まとめ

今日は来週2月13日からいよいよ開始するMarriott Bonvoyクレジットカードの紹介と、その中でもMarriott Bonvoy Businessが一番おすすめな理由についてご紹介しました。

 

なお、SPGパーソナルは2/13で消えてしまうので、2度とボーナスをもらうことはできません。したがって、その前にSPGパーソナルをひとまず申請しておいて、Marriott Bonvoy Businessを後々申請するというオプションももちろんありだとは思います。

ただし、5枚ルールを考えると、他のアメックスカードを差し置いて、7.5万ポイントのために1枚カード枠を切るかどうかはちょっと微妙な選択肢だと個人的に思います。また、私の場合は5枚ルールぎりぎりなので、その選択肢はありませんでした。

 

公式サイトの情報がクリアでないところもあるので、うまくいく保証はありませんが、私は2/13~3/27の間にMarriott Bonvoy Businessのカード申請を狙うつもりです。それなりのNarrow pathですが、それもまた面白いかな~と思っています。

 

新しいカードの登場は一喜一憂させられて本当に面白いですよね!皆さんはどのMarriott Bonvoyクレジットカードを申請されますか?よかったらコメント欄やTwitterなどで教えてください。

 

 

参考記事です

Bonvoy BrilliantとHilton Aspireを比べたこの記事は結構な反響がありました。個人的にはHilton Aspireの方が断然優れたカードだと思いましたし、今もその考えは変わっていません。

下記のエントリでは代表的な北米のホテル系カードを10枚ご紹介しています。Marriott Bonvoyの発行が開始されてひと段落ついたらこのエントリも更新するつもりです。



sponsored Link



sponsored Link



記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻とニューヨークで2人暮らし。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください