【宿泊記】ヒルトン沖縄北谷リゾートのレビュー ダイヤモンド会員向けのベネフィットとエグゼクティブ・ラウンジの様子を写真付きで紹介

Pocket

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

今日は「ヒルトン沖縄北谷リゾート」への宿泊記の3回目。ダイヤモンドメンバー向けのベネフィットと、エグゼクティブラウンジの様子を写真付きでご紹介します。


Kenji

特にラウンジはカクテルタイムを含めてコロナの影響で規模を縮小しての運用でしたが、滞在中何度もお世話になりました



ヒルトン北谷リゾートのダイヤモンド会員向けベネフィット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒルトン北谷リゾートで提供されるダイヤモンド会員向けのベネフィットは、下記のとおりです。

 

ダイヤモンド会員向けのベネフィット

・お部屋のアップグレード

・エグゼクティブラウンジへのアクセス

・レイトチェックアウト(私が宿泊した際は14時までは可能ということでした)

・アメニティの追加

・2名分の朝食無料(ゴールド会員から)

・朝食ブッフェ「ユリスン」での予約優先案内、および上級会員向けのスペース利用

 

コメント:

部屋のアップグレードについては1回目のホテル宿泊記にて、朝食ブッフェについては2回目のホテル宿泊記にてご紹介したので、以下ではそれ以外のベネフィットをご紹介します。

 

こちらはダイヤモンドメンバー向けの追加アメニティの内容です。

 

HONEY MOONのバスソルトに、下でもご紹介する「月と蜜蜂 by FROMO」のプリン。それに、ホテル1階に設置されているお土産&小物ショップ「Fe-mu」で利用できる500円のクーポン券です。


Kenji

プリンは12月から新しく提供されるようになったアメニティということでしたが、自然な甘さでかなりおいしかったです

 

朝食ブッフェについては前回記事で詳しく取り上げました。ホテルテラスに直接アクセスできる会場で、窓が一面に広がってとても開放的なスペースで食事を楽しむことができます。宿泊される方にはぜひ試していただきたいスペースです。

 

ヒルトン北谷リゾートのエグゼクティブラウンジ

続いて、ダイヤモンドメンバー・ベネフィットのメインの一つであるラウンジのご紹介です。

 

エグゼクティブラウンジの場所と営業時間

エグゼクティブラウンジの紹介、まずは場所と時間からご紹介します。

 

ヒルトン北谷リゾート・エグゼクティブラウンジ

・場所:ホテル9階

・営業時間:朝7時~夜21時

・朝食 / 7:00~10:00、イブニングカクテル / 17:00~19:00、オールデースナック / 7:00~21:00

 

ただし、現在はコロナの状況もあり、ラウンジは縮小しての運用となっています。

チェックインの際に配られたラウンジの営業内容変更のお知らせがこちらです。

(クリックすると拡大します)


Kenji

スタッフは不在といっても、時折ラウンジ内にスタッフが訪れて、テーブルの消毒や飲み終わった食器類の片付けなどを行ってくれており、クリーンさは保たれていたと思います

 

エグゼクティブラウンジの様子

続いて、エグゼクティブラウンジの様子を写真付きでご紹介します。

 

まずラウンジに入ると目に留まるのがラウンジのスタッフデスクです。

 

今回訪れた際はコロナ下でのイレギュラーな運用で常駐スタッフがいませんでしたが、通常であればここでチェックインの手続きができたり、ホテル内のアクティビティをアレンジしてもらえたりといったサービスを受けることが出来るはずです。

ラウンジの入り口正面にはクリスマスシーズンということもあり、ツリーが飾られていました。

ラウンジスペースは左右に広がる長方形のデザインです。キャパシティ的には、机が10数台あるため、20~30人程度まででしたらゆったりとした時間を過ごすことが出来ると思います。

壁には壺やお皿、シーサー像などが置かれていて、高級感のあるつくりです。

写真左側に移りこんでいる通り、子ども向けにハイチェアも置かれていました。

 

オールデイスナックとドリンクバー

終日頂けるドリンクバーはコーヒーに紅茶。それにソフトドリンクです。

ジュースは炭酸類に加えてアップルジュース、オレンジジュース、それにシークワーサーがありました。

珍しいのは、ミルクが置いてあったことでしょうか。子どもは牛乳が大好きなのでこれは助かりました。

さんぴん茶が置いてあるのは沖縄らしいですよね!

珍しいのは、コーヒー&紅茶のフレーバーとして「MONIN」(モナン)のキャラメルシロップなどが置いてあったことでしょうか。

私はラウンジで見たのはこれが初めてかもしれません。

スナック類は、クッキーにナッツ、それに沖縄名物のサーターアンタギーがふるまわれていました。この他、フルーツバーやバナナなども置いてありました。

スナック類にドリンクがいつでも楽しめるため、プールの後やウォーキング帰りなど、小腹が空いたときに大変重宝しました。


Kenji

チェックイン当日はちょっと疲れていたので、これでランチを済ませてしまったくらいです。ラウンジアクセスがあるのは本当に助かりますね!

 

カクテルタイム(コロナ下での運用)

上の概要でもご紹介した通り、コロナ下にあってカクテルタイムはエグゼクティブラウンジではなく、3階のロビーカフェ「マール」で行われていました。

 

マールに出されたハードリカーとワイン類。沖縄泡盛では有名な「久米仙」も置かれていました。

その他、ソフトドリンク類が缶やボトルで提供されるスタイルです。もちろん、手袋をはめるアレンジになっています。

コロナ対策の一環で、イブニングカクテルで出される軽食はあらかじめプレートに乗せられてゲストへ提供されていました。

 

我が家は子どもが小さくてロビーラウンジで走り回ってしまうため、プレートを部屋でいただくことが出来ないか尋ねたところ、特別にルームサービスの形で持ってきていただきました。心遣いに本当に感謝です(ありがとうございます)。

提供されたのはカプレーゼに生ハム、チーズにナッツなど。お酒好きの人には、これとアルコールだけでも十分満足できる内容だと思います。

クリスマス当日には、ダイヤモンドメンバー&エグゼクティブラウンジ利用者向けに、特別にシェフ特製のケーキもふるまわれました。


Kenji

こちらはカフェ「マール」での提供で、ロビーの大きなクリスマスツリーを眺めながらクリスマス気分を味わうことが出来ました

 

カフェ「マール」の紹介

最後に、ロビーカフェ「マール」の様子も併せてご紹介します。

 

マールがあるのはホテル3階のロビーラウンジです。

左側は手前にHGVC用のサービスデスク、左手奥にチェックインカウンターがあり、右手がすべてカフェ「マール」のスペースとなります。

反対側から取った1枚。天井が高くてスペースが大きいので、とにかく解放感は抜群です。

カフェマールの外には常時水が流れるオブジェと、それに朝食会場「スリユン」へ向けてウッドデッキが並びます。

雰囲気はもちろんのことながら、建造物としてのデザインも個人的にはかなり気に入りました。

 

マールのカウンターには我が家もダイヤモンドメンバー向けアメニティとしていただいた「月と蜜蜂 by FROMO」のプリンなどと、

それにケーキ類が並びます。

その他、アフタヌーンティーにヒルトンバーガーなども頼むことができます。

滞在中1日は、ここでアフタヌーンティーとをお願いしました。

これで一人分が税・サ抜で1,500円。ヒルトンにしては驚きのリーズナブル価格だと思います。

こちらは一緒に頼んだキッズプレート。ラザニアやハンバーグ、フルーツ入りのヨーグルトなどが小鉢に入ってサーブされました。

「マール」では、この他にもアイスクリームや軽食の提供がされており、とくにアフタヌーンティータイムにはかなりの賑わいを見せていました。

 

9階のエグゼクティブラウンジと、この3階メインフロアにあるカフェ「マール」は、朝食会場の「ユリスン」と並んでヒルトン北谷リゾートのゲストを迎える場所の顔となる場所であり、非常に居心地のよい空間に仕上がっていたと思います。

 

まとめ

今日は沖縄県は北谷にある「ヒルトン沖縄北谷リゾート」の宿泊記第3回。

ダイヤモンドメンバーのベネフィットとエグゼクティブ・ラウンジの様子を写真付きでご紹介しました。

 

 

ヒルトン沖縄北谷リゾート(Hilton Okinawa Chatan Report)

住所: 沖縄県中頭郡北谷町美浜40−1

TEL:098-901-1111

 

>>ヒルトン公式サイトで「ヒルトン沖縄北谷リゾート」をチェックする

>>じゃらんで「ヒルトン沖縄北谷リゾート」をチェックする

>>Yahoo!トラベルで「ヒルトン沖縄北谷リゾート」をチェックする

>>Hotels.comで「ヒルトン沖縄北谷リゾート」をチェックする

>>アゴダで「ヒルトン沖縄北谷リゾート」をチェックする

 

参考記事です。

 

ホテルを選ぶ際、ポイント利用による特典宿泊にするのか、それとも現金を支払っての有償宿泊にするのかを悩まれる方は多いと思います。そんな方向けに、以前ヒルトンポイントの有効活用を考えたのが以下の2つの記事になります。

ラウンジや朝食以外で、大きかったのがもちろんお部屋のアップグレードでしょう。最上階9階のエグゼクティブ・フロアにアップグレード頂けて、ゆったりとしたホテル・ステイを楽しむことが出来ました。







 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKenji@米国駐在員のカネとバラの日々をフォローしよう!

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻、0歳児の長男とニューヨークで3人で生活。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください