ユニバーサル・スタジオ・フロリダへのアクセスからチケット調達方法、お勧めアトラクションまとめ

Pocket

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

さて、本日はところ変わって旅行記です。せっかくアメリカに駐在しているので、ぜひ現地でしか行けないスポットや旅行記もご紹介したいもの。

 

そこで、今日は昨年秋口にいった「ユニバーサル・スタジオ・フロリダ」へのアクセスから攻略法、お勧めアトラクションまで纏めたいと思います。



Sponsered Link

ユニバーサル・スタジオ・フロリダの概要

 

フロリダ州オーランドにある『ユニバーサル・スタジオ・フロリダ』は、映画をモチーフにした巨大なテーマパークです。

 

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド(USH)に次ぐ世界で2番目にオープンしたテーマパークですが、USHとの違いは、フロリダのパークは映画の撮影スタジオを再現するというよりもアトラクション中心の「テーマパーク」を中心にデザインされている点にあるそうです。

 

パークは「ユニバーサル・スタジオ・フロリダ」と「アイランズ・オブ・アドベンチャー」という2つのセクションで構成されています。

 

ユニバーサル・スタジオ・フロリダへのアクセス

日本からフロリダのユニバーサル・スタジオへ行くには乗り継ぎ必須

ユニバーサル・スタジオ・フロリダの最寄り空港は、フロリダ、オーランド空港になります。

フロリダのオーランド空港へはアメリカ全土やヨーロッパ、南米諸国からの国内・国際便が乗り入れていますが、2018年4月現在、日本からの直行便は残念ながらありません

したがって、日本からオーランド空港へ向かうには、日本からの直行便が運行しているアメリカの主要都市からアメリカの国内線に乗り継ぎをする形になります。

 

アメリカへは、成田・羽田・関空それぞれから直行便が飛んでいますが、ダラス、ワシントン、アトランタ、デトロイト、ニューヨークなど、アメリカ東部の都市を経由するのが良いですね。もちろん私のおすすめはニューヨークです!(笑)

長旅ですので、ぜひ経由地でも1泊2泊と時間を取って、現地の観光を楽しんでください。

オーランド空港からユニバーサルスタジオまではUberが便利

オーランド空港からユニバーサルスタジオへの移動ですが、タクシーもひっきりなしに来ていますが、私のおすすめはなんと言ってもUberです。

オーランド空港からユニバーサルまで所要片道約25~30分、料金にして30ドル~35ドルくらいですかね。

私はオーランド観光は全てUberとLyftで済ませました。

 

アメリカに初めて来られるという方は、ぜひアメリカに到着されてからどなたかの紹介を受けてUberを登録してください。(登録国によって、紹介コードが使えないことがあります。)

Uberについては下記のエントリで解説していますので、興味のある方はこちらをご覧ください。(私の紹介コードも掲載してあります。)

 

ユニバーサルスタジオ周辺の宿泊事情

ユニバーサル・スタジオ周辺にはホテルがいくつも点在しており、特に困ることはないと思います。

 

我が家はディズニーも併せて5泊6日でオーランドに滞在したのですが、まだ当時はマイル・ポイントも十分に溜まっていなかったため、予算の節約も兼ねてAirbnbを利用しました。

 

私たちはこちらのCezarさんというホストにお世話になりました。

 

ホストは日本語はしゃべれませんでしたが、気さくでとても優しかったです。

部屋がディズニー風にアレンジされていて可愛らしいですし、ミニ冷蔵庫・テレビ付き。そして、シャワー&レストルームはAirbnb利用者向けにホストとは別に設けられているのでプライバシーも保たれていました。頼んだら洗濯機も使わせてくれました。

Cezarさんのプロパティからは、ディズニーまでUberで15-20分くらい、ユニバーサルスタジオまではおよそ30分です。もしオーランドでまだ宿泊先を決めていないという方がいらっしゃったら、Airbnbを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

Airbnbにこれから登録されるという方がいらっしゃったら、よろしければ私のリファーラルリンクをご利用ください。リンクからサインアップして宿泊利用すると、75ドル以上の宿泊に使える40ドルの割引クーポンがプレゼントされます。(ありがとうございます!)

 

ユニバーサル・スタジオ・フロリダの料金

料金の基本

ユニバーサル・スタジオ・フロリダの料金ですが、パークが「ユニバーサル・スタジオ・フロリダ」と「アイランズ・オブ・アドベンチャー」という2つのセクションから構成されており、入場券は、1日に1パークのみ観光するか、2パーク行き来しながら観光するかによってチケットの種類が変わります。

 

2018年3月現在のもっとも新しいパークチケット一覧は以下の通りとなっています。

(※)表中、「バリュー」となっているのは、いわゆるハイ・シーズン以外の期間向けの割引チケットのことです。

ご自身が行かれる日にちが「バリュー」に該当する場合はそちらを購入された方が断然お得です。

 

「バリュー」に区分される日にちは下記HPから確認することが可能です。

 

なお、2つのパーク間は徒歩で5分程度ですので、気軽に行き来することができます。

2パークを結ぶ『ホグワーツ特急』に乗車できるのは、2パークチケットを持つ方の大きな楽しみのひとつですね。

 

チケットを割引購入する手段

 

日本から来られる方は、事前に日程が固まっているようであれば下記の【オーランド観光】で購入すると多少割引が効きます。ただし、3日以内のチケット発券に限り有効となっており、前日の利用は対応不可と出ていますので注意してください。

 

その他、英語での対応も大丈夫という方は現地の割引購入サイトを利用するという手もあります。

 

たとえば、下記の「Best of Orlando」というサイトでは、3月28日現在、5日通しの2パークチケットが255ドル(一日あたり51ドル)で売られていました。

5日も行かないよ!と言われてしまいそうですが、オーランド観光の2パーク2日券よりも割安で購入できますので、こういうので調達するのもありだと思います。

 

なお、ウェブを色々探しているとダフ屋に近いようなサイトも見かけるので、知らないサイトで購入される際はTripadvisorなどで事前に口コミをチェックしておくことをお勧めします。

 

ちなみに私はBest of Ordandoでチケットを購入したのですが、前日に急に行くことを決めたため電話で連絡したところ、購入から数十分と立たずにEチケットが送られてきました。

直前利用もできるのは、とても助かりました。(直前購入の人は必ず電話で確認してくださいね。)

 

ユニバーサル・スタジオ・フロリダの攻略法

 続いてユニバーサル・スタジオ・フロリダの攻略法です。

 

パークチケットの利用方法

まずパークチケットの利用方法ですが、Eチケットを受け取った方は、パークに入る前にEチケットのクーポンをパーク外のチケットコーナーで有効化する必要があります。

 

まずはパークエントランス。荷物検査がここで行われますが、まだチケットは必要ありません。

 

ゲートをくぐるともうそこはユニバーサルスタジオの世界観です。入る前はある意味一番ワクワクしますよね。

Eチケットは、この「WILL CALL KIOSKS」というところで紙のチケットを発見する必要があります。

 

 

Best Of Ordandoから届いていたEチケットはこんな感じ。これを券売機で交換します。

交換したチケット。チケットはディズニーの方が高級感がありました。ユニバーサルスタジオはアトラクションにその分コストがかかっているということでしょうか。

 

ファストパスはないが、有料のエクスプレスパスは存在する

 

続いてアトラクションについて。

 

フロリダのユニバーサルスタジオには、ディズニーのような「ファストパス」は存在しません。

 

しかし、有料の「エクスプレス・パス」(Express pass)というものが存在しています。お値段は、2018年3月現在2パークの場合99.99ドル、1パークの場合89.99ドル。かなりお高い買い物です。

 

私はお勧めしませんが、1日で2パーク回りたい、そして時期はハイシーズンの土日・・・なんて方は利用されるとよいと思います。

 

ちなみに私は10月のサンクスギビングに行きましたが、ディズニーよりも人が少なく、エクスプレス・パスの必要性は全く感じませんでした

 

ウェブサイトによっては「ユニバーサル・スタジオの規模は、ハリウッドや日本のものよりはるかに大きく、1日ではとても全部のアトラクションを回り切れません。」と紹介されていますが、ちょっと語弊があるかな、という印象があります。

 

確かに規模が大きいという点は当たっているのですが、アトラクションを絞れば、1日で遊びつくすことも十分可能だと個人的には思います。シンガポールのユニバーサルスタジオよりは、はるかに大きいですけど・・・

 

ユニバーサル・スタジオ・フロリダのおすすめアトラクション

 では最後にユニバーサル・スタジオ・フロリダのおすすめアトラクションをご紹介します。

 

なお、私は「アイランズ・オブ・アドベンチャー」の方にのみ行っていますので、むしろ「ユニバーサル・スタジオ・フロリダ」に行きたいんだという方は流して頂いて構いません。

 

アイランズ・オブ・アドベンチャーで何と言っても一番すごいのが、「ハリーポッター」のエリアでした。

 

家の装飾品から、服装などのセットが見事に再現されています。こういう小物に対するこだわりがあるのが何ともファンの心をくすぐりますよね。

街並みの雰囲気はもうハリポタそのものです。

あまりハリー・ポッターを見たことのない自分でもワクワクしました。ちなみにハリポタのアトラクションそのものは3Dアトラクションなのですが、かなり乗り物酔いしました。ディズニーの3D系は全然大丈夫だったのに、これが一番ひどかったかもしれませんね・・

 

ホグワーツ特急。この前では皆さん記念撮影をしていました。(もちろん、私たちもしました)

 

 

シンドバッドのスタントショー。英語がわからなくても楽しめますよ!使われている火の量はさすが本場アメリカです。

 

ポセイドンズフューリー。ドラマ観劇型のアトラクションとでもいいましょうか。

思っていた以上に楽しかったです。ひんやりするので夏場に持ってこいですよね!

 

スカルアイランドコング。演出がリアルなので、グロテスクなものが苦手な方は避けた方がよいかもしれません・・

 

ハルクコースター。このコースターだけはスマホやカメラ含め、金属製の持ち物は一切持ち込み禁止です。

近くにボックスがあるので預けてくださいね。(私はスマホを預け忘れて、ゲートまで行ってもう一度引き返す羽目になりました・・・)

 

私たちはもう旅行最終日で、この後アウトレットモールにも移動したかったので夕方6時くらいには切り上げましたが、この他にも3つくらいアトラクションに乗ることができました。これだけ乗れれば大満足ですね!

 

個人的にはディズニーの方が楽しめましたが、やはり今写真を見てもワクワクしますね。一つ一つのアトラクションのクオリティが高く、ディズニーワールドとはまた違った楽しみ方ができるテーマパークだと思います。

 



Sponsered Link



Sponsered Link



記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻とニューヨークで2人暮らし。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください