2022年3月宿泊:伊豆マリオット修善寺の宿泊レビュー プラチナ特典やクラブラウンジ、朝食ブッフェの様子など

Pocket

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

 

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

前回に続いて「伊豆マリオット修善寺」の宿泊レビュー。今日はその第2回です。


Kenji

今回はプラチナ特典の紹介と、クラブラウンジ、朝食ブッフェの様子を写真付きでご紹介します。




伊豆マリオット修善寺でのプラチナ会員特典

まずは、「伊豆マリオット修善寺」のプラチナ会員の特典についてです。

 

プラチナ会員特典の概要

伊豆マリオット修善寺では、マリオットのプラチナメンバー以上向けに下記の特典が提供されます(2022年3月現在)。

 

伊豆マリオット修善寺のプラチナ特典

・空き状況に応じたルールアップグレード

・クラブラウンジアクセス

・「1,000ポイント」 or 「ワンドリンク+おつまみ」のウェルカムギフト

・朝食ブッフェ無料(大人2名分。12歳以下の子どもも無料)

・レストラン20%ディスカウント

・レイトチェックアウト

チェックインの際に頂いた特典一覧がこちらです。

こちらは2021年4月滞在時にいただいたエリートメンバー向けの特典表。見比べてみると、実は一昨年から全く変わっていないのが見て取れます。コロナ禍で経営が苦しい中にあって、とても頑張ってくれているのがわかりますね。

 

アップグレードの状況

上級会員にとって最も気になるのが、アップグレードの状況です。

 

予約は一番下のスーペリアキングでしたが、チェックインの際「温泉露天風呂付きデラックスルーム」へのアップグレードをアサインして頂くことが出来ました。

 

・スーペリアルーム(キング・ツイン) ←予約した部屋

・スーペリアルーム温泉付き

・和室

・和洋室

・温泉露天風呂付きデラックスルーム ←こちらにアップグレード

・温泉露天風呂付きプレミアムルーム

・ジュニアスイート

・エグゼクティブスイート

・ドッグフレンドリールーム(スーペリア、和洋室、スイート)

 

過去Go To時などにアップグレードが適わなかったこともあるので、やはりチェックインの際に上のランクのお部屋を頂けると今でもとても嬉しく思います。ありがとうございます!

 

ちなみにお値段的なベネフィットで考えると、「スーペリアルーム」が3万円程度、「温泉露天風呂付きデラックスルーム」が約5.2万円と、2万円ほど代金が異なっていました。


Kenji

今回は値段の差がだいぶ開いていましたが、過去の経験上は温泉付きかどうかで数千円程度の差、これにデラックスタイプになるとさらに数千円で1万円弱空1.5万円くらいの差になる感覚があります

 

伊豆マリオット修善寺のクラブラウンジ

続いて、マリオット修善寺のクラブ・ラウンジの紹介に移ります。

 

ラウンジ概要

マリオット修善寺のクラブラウンジは、ホテルの2階にあります。

 

クラブ・ラウンジ

・場所:ホテル2階

・営業時間:12:00~21:00

・対象者: プラチナ以上のメンバーとその同伴1名(3名目からは1名あたり1泊2,000円の追加料金)

【イブニングカクテル】17:30~21:00


Kenji

上記は宿泊した2022年3月時点での情報です。特にアルコール類の提供はコロナ対応で運用が目まぐるしく変わっているため、気になる方は事前にホテルまでお問い合わせください

 

ラウンジの様子紹介

入り口の様子です。

 

2021年はコロナ対策の換気のためか始終開け放たれていましたが、2022年はカードキーをかざさないと開かない運用になっていました。

ドアをくぐると、そこには大きなスペースが広がります。

2人掛けのソファー席が窓側に這うように配置されて、中央には4人掛けテーブルが3組配置されていました。

窓際から撮影した一枚がこちら。

実はこの写真奥の扉の向こうにもスペースが広がりますが、対応スタッフ削減のためか、今回の滞在中は解放されることがありませんでした。

ちなみに、ラウンジ利用中は、ルームキーにもなっているこの黒いカードをテーブルに乗せておくように推奨されます。


Kenji

一昨年に訪れた際は運用は正直ゆるゆるで、コロナ対策もあってドアは終始開け放たれっぱなし。外部からゲストが入っているような雰囲気もあったので、それなりに厳しくなった印象を持ちました

ラウンジの軽食紹介

続いては、ラウンジで提供される軽食と、ドリンクの様子を紹介します。

まずは昼間の様子から。

プチケーキは日替わり。フルーツも置かれています。

抹茶のロールケーキに、カットされた苺

抹茶のムースケーキにフルーツポンチ。

別の日の一枚は、フィナンシェ、ミニエクレア、マカロンなど。もちろんクッキーなどの渇きもの系のスイーツも置かれています。

カクテルタイムになると、これに加えてホットミールも並びます。

翌日はホワイトグラタンベースのドリアに焼きそば、フリットなど。

小さな肉まんに、唐揚げ。チーズなど。おつまみとしては十分すぎるほどです。2名分をまとめて取ったらぐちゃぐちゃになりました・・・

渇きものとして、ナッツやチーズ類、プレッチェルにチップスなど。それに果物も並びます。そういえば、マリオット伊豆の定番ビーフジャーキーはこの日は見かけませんでしたね。。。

ドリンクコーナーはカップコーヒーに紅茶。贅沢を言えば、コーヒーメーカーが古くて種類が選べないのと、ミルクがないのがやや残念です。

アルコール類は、ビールサーバーが2台に、各種ハードリカー、ワインなど。


Kenji

全体としては、一昨年と比べると提供される品数も増えて、運用がノーマルに戻ってきた印象を持ちました

 

伊豆マリオット修善寺の朝食ブッフェ

続いて朝食ブッフェの紹介へ移りましょう。

 

朝食ブッフェの概要

朝食ブッフェは、ホテル2階にある「Grill &Dining G」にて提供されます。

Grill & Dining Gの概要

・場所:ホテル2階

・席数:168席

・営業時間:朝食 7:00 ~11:00、軽食 11:00~14:00

・電話予約:0558-72-1311

・値段(朝食ブッフェ):4,250円(4-12歳は2,150円)

・スタイル:インターナショナル、和洋

 

Grill Dining Gの様子

会場の様子。ロビー同様、天井の梁を見せるデザインになっており、落ち着いた良い雰囲気です。

テーブル席はアクリル板が張り巡らされるといったこともなく、どちらかというと感染対策の面では比較的緩やかな部類だと思います。

 

朝食ブッフェの内容紹介

続いて料理のご紹介に移ります。

 

サラダバー

おかずコーナーで珍しかったのは、伊豆名物の「イカのちんちん揚げ」でしょうか。他には、鮭やかまぼこ、納豆などの定番系が並びます。

ホットミールは茸にソーセージ、ベーコン、ビーンズにトマトなど。

デニッシュコーナー。そういえば今回の滞在では私は一度もデニッシュ類は取りませんでした。

和食コーナー。ご飯とみそ汁は定番として、おかゆにカレーライスなども並んでいました。うどんが見当たらなかったのはちょっと意外だったかもしれません。

フルーツコーナー

最後はドリンクコーナーです。ラフォーレ系の朝食ブッフェといえば、フルーツスムージーは鉄板品というイメージがありますね!見た目にもとてもカラフルです。

一日目の食事がこちら。これにカレーライスまでお代わりしてしまって、ブッフェだと何故こんなに食べれるのか自分でも不思議です・・・

2021年の宿泊時と比べると、朝食ブッフェについてはさほど品数や内容が変わった印象はありませんでした。

 

もちろん、内容が多少変わったということはあるでしょうが、このレベルが安定的に期待できるのが伊豆マリオット修善寺の特色と言えそうです。

 

まとめ

今日は「伊豆マリオット修善寺」の第2回。

プラチナ特典の内容紹介と、クラブラウンジ、それに「Grill Dining G」での朝食ブッフェの様子を写真付きでご紹介しました。

 

2021年4月に続いて約1年ぶりの訪問でしたが、前回からの続きで見ていただいた方はお分かりの通り、アットホームな雰囲気で、かつ、ファミリー向けのリゾートホテルという形容がぴったりのホテルだと思います。

 

温泉よし・施設よし・ラウンジや朝食ブッフェよしと、我が家のように小さな子どもがいるファミリーにはぜひ利用をしてみて欲しいホテルです。

 

伊豆マリオット修善寺(Izu Marriott Hotel Shuzenji)

住所: 静岡県大平1529

TEL:0558-72-1311

ホテルカテゴリー:5(旧カテゴリーであり、今は存在しません)

 

>>マリオット公式サイトで「伊豆マリオット修善寺」をチェックする

>>じゃらんで「伊豆マリオット修善寺」をチェックする

>>Yahoo!トラベルで「伊豆マリオット修善寺」をチェックする

>>Hotels.comで「伊豆マリオット修善寺」をチェックする

>>アゴダで「伊豆マリオット修善寺」をチェックする

 

参考記事です。

 

こちらは同じラフォーレ系列の「富士マリオット山中湖」での朝食ブッフェの様子です。

ホテルレビューについては、前回の下記エントリをご参照ください。







 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKenji@米国駐在員のカネとバラの日々をフォローしよう!

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ・ニューヨークに駐在して2019年7月に日本へ帰任。 ニューヨークでは長男に恵まれ、妻と3人でマイル&ポイントを駆使しながら旅行を満喫。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください