【宿泊記】シェラトン横浜(Sheraton Yokohama)のレビュー アクセスから部屋の様子、アメニティ、アップグレードの状況など

Pocket

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

今日はマリオットのホテル紹介。神奈川県は横浜にある「横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ」(シェラトン横浜)への宿泊記です。

シェラトン横浜は横浜駅から地下街を通じて直結という交通至便な立地ながら、マリオットのカテゴリーは「」とコスパが良いホテルのひとつです。

 

アクセスから部屋の様子、周辺スポットなどを写真付きであますことなくご紹介しますので、ぜひご覧ください。



シェラトン横浜の場所とアクセス

ホテルの場所

シェラトン横浜は、神奈川県横浜市の、横浜駅西口から地下道直結でアクセスが可能です。

 

横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ(Yokohama Bay Sheraton Hotel & Towers)

住所: 神奈川県横浜市西区北幸1丁目3−23

TEL:045-411-1111

ホテルカテゴリー:5

 

>>マリオット公式サイトで「シェラトン横浜」をチェックする

>>じゃらんで「シェラトン横浜」をチェックする

>>Yahoo!トラベルで「シェラトン横浜」をチェックする

>>Hotels.comで「シェラトン横浜」をチェックする

>>アゴダで「シェラトン横浜」をチェックする

ホテルへのアクセス

冒頭触れたとおり、ホテルは横浜駅から地下道で直結です。


Kenji

公式サイトでは「横浜駅から徒歩1分」となっていますが、横浜駅は常に大混雑ですので、だいたい5分くらいかかると思っていた方がよいと思います

 

ホテルの周辺事情

横浜駅西口から地下道で直結する場所にありますから大変便利です。

地下道には商業モールの「ジョイナス」が広がり、スーパーの東急ストアからパン屋のポンパドール、ドラッグストアのマツモトキヨシ、ヨドバシカメラなど、生活に必要なほとんどのものが揃います。

 

ヨドバシカメラは駅から徒歩3分の好立地。シェラトン横浜の目と鼻の先です。

ヨドバシカメラの地下入り口近くにひっそりとたたずむ「伊太利亜のじぇらぁとや」はリーズナブルなお値段で本格的なカップorコーンアイスクリームが食べられると、地元では評判のお店です。

相鉄ジョイナス地下1階のフロアマップは下記ページからご確認ください。

 

シェラトン横浜施設紹介

続いて、ホテルの施設を紹介します。

 

ロビーとチェックイン

チェックインカウンターはホテル一階、入ってすぐ正面にあります(写真は公式サイトより)。

ちなみにロビーは3層吹き抜けの構造です(写真は公式サイトより)。

天井には大きなシャンデリアが飾られて、さらにロビーのカフェスペースからは中二階へ繋がる大階段があります。


Kenji

この雰囲気だけでも高級ホテルに来たという雰囲気を味わうことができます

 

ジム

ホテルには、24時間使えるフィットネスジムがあります。場所は7階です。

ジムスペースは、ホテルの規模に比べると比較的狭め。たくさんのトレーニングマシンが隙間なく並んでいる印象を受けました。

なお、ジムは通常24時間営業ですが、コロナの影響もあり、当面の間は平日10:00-22:00、土日9:00-21:00の営業に短縮されているようです。

 

プール

シェラトン横浜には、プールもあります。場所はジムと同じ7階です。

 

屋内プールで、レジャー向けというよりも大人の本格的にスイムを楽しみたい人向け。私は今回利用していませんが、クラブフロア宿泊者・シェラトンスポーツクラブの会員以外は利用料金がかかるという情報もあるので、使う予定のある方は事前に問い合わせされることをお勧めします(写真は公式サイトより)。

 

フロアマップ

最後は、フロアの紹介です。

 

シェラトンは横浜の結婚式場としても有名で、チャペルが6階、7階にはエステサロンなどが入っています(写真をクリックすると拡大します)。

26階にはマリオットのプラチナ会員以上だけがアクセス可能な「シェラトン・クラブラウンジ」が設けられています。


Kenji

今回はプラチナステータスを取得する前でしたので、残念ながらアクセスは出来ませんでしたが、次回滞在の機会があればぜひラウンジにも入ってみたいですね

 

シェラトン横浜の部屋紹介

続いて、お部屋の紹介です。


Kenji

今回は、スタンダードキングデラックスルームでの滞在です

部屋の内部

まずは、部屋内部の様子です。

 

テレビは壁掛け式。空気清浄機も置かれていました。

ベッドサイドの小物類。多少の年代を感じさせるものですが、こういう小物類一つ一つをみているとメンテナンスがしっかりと行われているのがわかります。

コーナーデスク。小さくて丸いので、ちょっと使いづらかったです。。。

小さな子どもと宿泊したところ、かわいいパンダのぬいぐるみをギフトとして頂きました。いまでも子どものお気に入りのグッズの一つです。

 

収納スペース

収納クロゼットは大きめ。バスローブの用意もありました。

ありがたいのは、クロゼットの他にもさらに収納スペースが設けられていたことです。

 

ちょっとした書き物の際にちょっとしたサイドテーブル代わりにも使えますし、小さな子どもがいる我が家にとっては、手の届かないスペースがあるのは助かります。

 

冷蔵庫とミニバー

冷蔵庫とミニバー。

 

冷蔵庫には、最近では珍しく、ジュースやビールなどの缶が入れてありました。

もちろん、コーヒー・お茶などのインスタント類と、湯沸かし器もあります。

 

ウェットスペース

続いて、ウェットスペースへ移動します。

 

シングルボウル式ですが、洗面台は比較的スペースがあります。鏡に映りこんでいるように、反対側にはバスタブがついています。

シャワーは独立式。作りが広いからこそなせる設計なのでしょうが、独立した密閉式のシャワースペースが作られています。


Kenji

我が家は、シャワーをさっと浴びさせてから、広いバスタブで子どもに思う存分遊んでもらいました

 

アメニティ

アメニティです。

 

シェラトングループが広く利用する「le grand bain」のものが使用されていました。

その他、ホテルの情報は下記公式ページでも紹介がされています。

 

シェラトン横浜のコストパフォーマンス

最後に、ホテルのコストパフォーマンスについて考えてみたいと思います。

 

部屋のランクとアップグレード

シェラトン横浜は、部屋数が合計398室という、横浜市内でも最大級のキャパシティを誇るシティホテルです。

 

シェラトン横浜の部屋タイプ

・スタンダードルーム(ダブル、ツイン、キング) ←手配したお部屋
・スタンダードルームデラックス(キング、ツイン)←実際にアサイン・宿泊したお部屋
・ラグジュアリールーム(キング、ツイン)
・ラグジュアリールームデラックス(キング、ツイン)
・クラブルーム(キング、ツイン)
・クラブルームデラックス(キング、ツイン)
・スイートルーム

 

我が家は今回、スタンダードキングのお部屋を予約していましたが、ホテル側のご厚意でスタンダードルームデラックスのお部屋をご案内していただけました。


Kenji

シルバーステータスでは珍しいアップグレードでしたが、これは過去にホテルとのとあるご縁があったためで、普通はシルバーではアップグレードは望めないと思います

 

宿泊コストとポイント単価

今回は有償での宿泊でしたが、諸税・サ込で一泊当たり22,000円を支払いました。

 

ここから、付与されたポイントがマリオットポイントで約1,600ポイント(クレカポイント含まず)でしたから、だいたいの実質コストは、2万円/泊でした。

 

シェラトン横浜のカテゴリーは「5」のため、スタンダード時のポイント宿泊には3.5万ポイントが必要。

よって、ここから考えられるポイント単価は0.6円程度ですので、若干低めです。


Kenji

もちろん宿泊時期にもよりますが、予算が許すのであれば、ここではポイントを使わずに有償での宿泊を考えた方がコスパがよくなりそうです

 

宿泊した感想

実際に宿泊しての感想ですが、1998年竣工という古さを感じさせないとても快適なホテルステイでした。

 

以前も何度か滞在したことがあるホテルですが、歴史があるだけあってホスピタリティに優れており、ホテルの格式を感じます。

 

子ども向けのぬいぐるみを用意してくれたり、タオルも多めに入れてくれたりと、随所に細かな気遣いを感じることが出来ました。

プラチナステータス取得前の宿泊でクラブラウンジや、朝食を楽しむことが出来なかったのは残念ですが、次回以降の楽しみとして取っておきたいと思います。

 

お得に宿泊するために

最後に、公式サイト経由で有償での予約を入れる際には必ずポイントサイト経由で予約を入れるようにされてください。

 

状況によりますが、1~7%程度のキャッシュバックが受けられるので大きいです。


Kenji

私個人的には、国内のポイントサイトならモッピー、海外サイトでも抵抗がないようであればRakuten か、Topcashbackの利用がおすすめです

特にRakuten はまだまだ登録されていない方も多いと思いますが、以下のエントリなどを参考にぜひ活用されてみてください。

 

・日本在住の方向けのRakutenの解説は>こちらのエントリ

・アメリカ在住の方向けのRakutenの解説は>こちらのエントリ

 

シェラトン横浜の紹介まとめ

今日は神奈川県は横浜市にある「横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ」の宿泊記を写真付きでご紹介しました。

 

シェラトン横浜は、横浜駅から地下道直結で向かうことができるため、利便性の高いホテルです。

カテゴリーも「5」と控えめで、マリオット系列の中では比較的にリーズナブルな価格で宿泊できますし、周辺へのアクセスはもちろん、ホテルのスペックとしても横浜観光にうってつけの高コスパホテルだと思います。

 

横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ(Yokohama Bay Sheraton Hotel & Towers)

住所: 神奈川県横浜市西区北幸1丁目3−23

TEL:045-411-1111

ホテルカテゴリー:5

>>マリオット公式サイトで「シェラトン横浜」をチェックする

>>じゃらんで「シェラトン横浜」をチェックする

>>Yahoo!トラベルで「シェラトン横浜」をチェックする

>>Hotels.comで「シェラトン横浜」をチェックする

>>アゴダで「シェラトン横浜」をチェックする

 

参考記事です。

 

マリオットは、このホテルステイも含めてプラチナチャレンジを行って、いまは無事プラチナステータスを獲得しました。プラチナ・チャレンジについての情報は、下記のエントリでまとめてあります。

こちらはプラチナステータス取得後に宿泊した「マリオット富士山中湖」の宿泊記。プラチナステータスの甲斐あって、温泉付きプレミアムルームへアップグレードしていただき、大変快適な滞在を楽しむことが出来ました。







 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKenji@米国駐在員のカネとバラの日々をフォローしよう!

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻、0歳児の長男とニューヨークで3人で生活。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください