シェラトン宮崎の朝食を完全解説!パインテラスに米久、コンベンションセンター、クラブラウンジ4パターンの朝食を一挙紹介!

Pocket

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

 

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

今日は「シェラトン宮崎」の朝食ブッフェの様子を完全解説するエントリです。

 

王道のレストラン「パインテラス」に加えて、繁忙期のみ臨時で登場する和食ダイニング「米久」、「コンベンションセンター」の朝食ブッフェ。さらに、プラチナ会員以上向けのベネフィットとして利用可能な「シェラトン・クラブラウンジ」の朝食も加えて、我が家が楽しんだ全4パターンの朝食を一挙ドドン!!とご紹介します。


Kenji

会員ステータスや、ホテルのゲスト数によっても利用できるレストランに変化が出ますので、そのあたりも今日のエントリでじっくり解説します




パインテラスの朝食ブッフェ

まずは王道。シェラトン宮崎が誇るオールデイダイニング、「パインテラス」での朝食ブッフェからご紹介します。

 

概要

パインテラスは「シェラトン宮崎」のメインレストランで、キャパシティももっとも大きなオールデイダイニングです。

 

パインテラスの概要

・場所:ホテル1階

・席数:300席(コロナ対応で変動の可能性あり)

・営業時間:

ブランチ / 6:00~13:30(LO 13:00)
ディナー / 17:30~22:00 (LO 21:30)

・電話予約:0985-21-1374(レストラン直通)

・値段(朝食ブッフェ):2,600円(4歳~小学生は1,300円)

・スタイル:インターナショナル、和洋

 

なお、運用スタイルが一部変わっており、現在は13時半まで「ブランチ」として利用可能です。

そのため、朝食を余り食べないと言う人は、ランチ代わりにここを使うという利用の仕方もあります(朝食料金で利用可能)。


Kenji

もちろん、プラチナ特典の朝食無料でもブランチとして利用出来ます。遅めに行けばランチ代の節約にもなりそうですね!

ちなみに・・・原材料価格の高騰を反映する形で、10月1日から料金が改定になるようです(改訂前2,600円→改定後3,000円)。

詳細は>こちら<のホテル公式サイトのアナウンスをご確認下さい。

 

ブッフェの内容

ブッフェの特徴としてまず言えるのは、とにかく種類が多い!和洋中と、一通りのブッフェが揃っています。

ドリンク類も充実。ミルクに各種ジュース類、コーヒー/紅茶の他、フレーバーウォーターなども提供されていました。

パンケーキやデザートなども種類豊富です。

シェラトンの「S」マークが入ったプチパンケーキなどもあります。

エッグステーションもありました。ソースもホワイトソースと、トマトソースから選ぶことができます。

会場は「パインテラス」という名称のままに、松ぼっくりを再現したデザインのコーナーがあったり、天井も松の木をイメージした落ち着いた作りです。

帰りがけのコーヒーサービスもありました。これは有難いですね!

味の方は一般的なホテルブッフェのレベル感と考えて頂くのが良いです。

 

とは言え、お値段がホテルダイニングとしてはリーズナブルなので、有償で利用する方にとってもコスパの面ではとても優れたブッフェだと思います。


Kenji

種類がとにかく多いので、特に子連れファミリーにはおすすめです。スペースもテーブルの広いところに案内してくれたりと、ファミリー向けの配慮もバッチリです

 

米久の和定食

続いて、ここからは繁忙期のみに登場する臨時朝食会場のご紹介です。


Kenji

ホテルスタッフの方と雑談したところでは、宿泊者が1,000名というのが臨時会場オープンの一つの目安となるそうです。1,000名・・・すごいですね

 

概要

まずは和食ダイニング「米久」の朝食です。

 

米久(こめきゅう)の概要

・場所:ホテル1階

・席数:68席、個室2室

・営業時間:6-11時

・電話予約: 0985-21-1341(レストラン直通)

・値段(朝食):不明(繁忙期のみ振替で利用可)

・スタイル:和食

 

通常、米久さんは夜のみの営業になります。

 

九州の食材をふんだんに使った「ひなた鍋」(一人前6,600円)をはじめとして、地元宮崎の美味しい料理と料理を頂くことのできる和食レストランです。

 

その米久さんは、ホテルの繁忙期のみパインテラスに加えた臨時の朝食会場としてオープンされます。

和定食の内容

お料理は和定食のみのため、特に選択肢はありません。

 

和定食は御膳に乗って提供されます。

味はさすがに「素晴らしい!」の一言。お膳でこの日提供されたのは、

・焼き物(鮭)にだし巻き卵

・豚肉と小葱、白菜の煮つけ

・ごはんにお味噌汁

・香の物(漬物と梅干)

・小鉢(めんたいこ、なます、インゲン)

・納豆

・ミニサラダ

・フルーツ

 

と、これぞ日本の朝ごはんともいうべき王道メニューなんですが、これがまた美味しいんです!


Kenji

当たり前の定食メニューだと「次はないかな・・・」と思うことも思いますが、ここは微塵もそんなことは感じさせませんでした。さすがですね

 

ご飯とお味噌汁はおかわり自由でした。

 

コンベンションセンターの朝食ブッフェ

続いてはシェラトン宮崎のホテル棟に併設される大会議施設「コンベンションセンター」での朝食ブッフェです。

概要

コンベンションセンターの概要

・場所:ホテル2階(※別棟です)

・席数:不明

・営業時間:7-11時

・電話予約:なし

・値段(朝食):2,600円(繁忙期のみ振替で利用可)

・スタイル:インターナショナル、和洋、中華

 

気を付けなければいけないのが、コンベンションセンターだけは他と違って7時がスタート時間に設定されていることでしょうかね。

 

私が利用した日はプールの整理券配布時間が7時半だったので、結構時間のやりくりが難しかった記憶があります。

 

朝食ブッフェの内容

コンベンションセンターのブッフェの特徴は、とにもかくにもその種類の豊富さです。

 

会議場を朝食会場に振り替えているだけあって、とにかく会場スペースが大きい!そしてスペースに負けない位、ブッフェ台も巨大です。

じゅうたんが敷かれた大きなハコにテーブルと椅子が敷き詰められている様子は、レストランというよりもさながら披露宴会場といったところでしょうか。

 

料理で特徴的なのは、中華のレパートリーが多いことだと思います。

 

エビチリにチンジャオロース。この他に、春巻きやシュウマイなどもありました。

子ども向けの鉄板メニュー。ウインナーにポテトフライももちろんあります。

宮崎名物の「冷や汁」もありました。

もちろん、オムレツステーションもあります。

和食系コーナー

デザート類も充実しています。

カップケーキに杏仁豆腐。奥に見えるのは、クロワッサンなどのパン類に加えて、なんとワッフルを作ってくれるコーナーまであります。

この日はちょうどプール開きの日でゆっくりブッフェを楽しむ・・・とまではいきませんでしたが、中華系のメニューがあったのは嬉しかったです。

 

シェラトン・クラブラウンジの朝食ブッフェ

最後は、「シェラトン・クラブラウンジ」で提供される朝食ブッフェです。


Kenji

こちらはプラチナ以上のメンバーのみが利用できるブッフェになります。雰囲気が落ち着いていて、洋食一択ですが、食べ物のクオリティは随一です。妻は落ち着いて過ごせるここが一番のお気に入りでした

 

概要

まずはラウンジの概要です。

シェラトン・クラブラウンジ(Sheraton CLUB)

・場所:ホテル36階

・営業時間:6:30~22:00

・対象者: プラチナ以上のメンバーとその同伴1名

・フードプレゼンテーション

朝食(洋食)/6:30~10:00
ティータイム/10:00~17:00
ハッピーアワー/ 17:00~20:00(※2部制  第1部 17:00~18:15 第2部 18:45~20:00)
ティータイム / 20:00~22:00(ドリンク提供は 21:30まで)

※ハッピーアワーは16歳未満の利用不可

 

朝食の時間帯は6時半オープンと、パインテラスよりも30分だけ遅めです。

 

ラウンジの様子は前回エントリでもご紹介していますのでご覧になってみて下さい。

 

朝食ブッフェの内容

ラウンジの朝食は、ハーフブッフェ形式です。

 

洋食のプレートが提供されるのに加えて、パンやサラダ、フルーツに飲み物をブッフェ台から選ぶスライるとなります。

 

こちらが提供される洋食プレート。

別の日の1枚。付け合わせが少しだけ変わっています。

 

プリフィックスで提供されるのは

・卵料理(スクランブルエッグの他、目玉焼きなど)

・ベーコン

・ソーセージ

・ブロッコリーや、マッシュルームなどの温野菜

・ぶどうジュース

になります。


Kenji

特にこのぶどうジュースは絶品です。これだけでも試す価値があります!

続いて、ブッフェ台に移りましょう。

 

パンのコーナー。パインテラスに並んでいるものとは提供元が違います。

どれも美味しいのですが、特に評判が高いのが、宮崎牛を使ったクロワッサンサンドウィッチでしょうか。

サラダコーナー

スープ。この日はクラムチャウダーでした。

フルーツにチーズ。

最後はドリンクです。

 

その他の朝食プラン

以上が我が家が体験した朝食ブッフェの全パターンですが、シェラトン宮崎にはこの他にも楽しめる朝食プランがあります。

 

公式サイトでは「6泊7日でも飽きない、シェラトンの朝ごはん」と銘打って、朝食プランを紹介しています。

 

https://seagaia.co.jp/rbs/breakfast

上で紹介したプラン以外では

 

・インルームダイニングの朝食(和食or洋食)

・風待ちモーニング

・モーニングピクニック(パインテラスのサンドウィッチのテイクアウト)

 

の3パターンが紹介されています。

 

ラウンジは上級会員限定ですが、これで7パターン、一週間全て異なる朝食プランを楽しむことが出来る、というわけです。


Kenji

ちなみに、ラウンジのスタッフとお話したところ、「レストラン会場」での朝食でない場合、プラチナ会員以上のベネフィットの対象にはならない=無料利用の対象外、というのが基本の考え方のようです

 

一部は会員ステータスであったり、宿泊者数に応じての利用にはなりますが、とにかく色々な選択肢が用意されてるのは良いですね!

まとめ

今日のエントリでは「シェラトン宮崎」の朝食ブッフェの様子を「パインテラス」「米久」「コンベンションセンター」「シェラトン・クラブラウンジ」という4つの会場全てについて写真付きでご紹介しました。

 

シェラトン宮崎はとにかく規模が大きく、レストランも種類が豊富です。

 

ランチやディナーはもちろんですが、朝食は一日を目一杯楽しむための活力となる源ですから、ぜひ興味を持たれた会場へ出向いて、ブッフェを楽しまれて下さい。

 

参考記事です。

 

パインテラスには一昨年宮崎を訪れた際にも使用しました。その時の利用の様子は、下記のエントリで詳しくご紹介しています。

同じシェラトン系列ホテルの朝食の紹介記事をいくつかご紹介しておきます。比較してみるのも面白いと思います。







 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKenji@米国駐在員のカネとバラの日々をフォローしよう!

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ・ニューヨークに駐在して2019年7月に日本へ帰任。 ニューヨークでは長男に恵まれ、妻と3人でマイル&ポイントを駆使しながら旅行を満喫。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください