【宿泊記】ウォルドーフ・アストリア・バンコク(Waldorf Astoria Bangkok)の「ピーコック・アレー」でのアフタヌーンティーを紹介

Pocket

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

Waldorf Astoria Bangkokの紹介。3回目の今日は、「ピーコック・アレー」で提供されるアフタヌーンティーの様子をシェアします。

我が家は3泊4日の最終日、チェックアウトの前にこのアフタヌーンティーを利用しました。見た目にも鮮やかなティーセットがテーブルに並んで、妻も大満足のアフタヌーンティーを頂くことが出来ました。おすすめです!




ピーコック・アレーの概要

ます、ピーコック・アレーの概要からご紹介します。

 

ウォルドーフ・アスタリア・バンコクには下記6つのレストランとバーが存在します。

 

レストラン&カフェの一覧

・ブル&ベアー(56階、ステーキハウス)

・フロントルーム(階下ロビー、タイ&新北欧料理)

・ザ・ブラッセリー(階上ロビー、フランス風軽食レストラン)

・ピーコック・アレー(階上ロビー、カフェ)

・ザ・ロフト(56階、ルーフトップバー)

・ザ・シャンパンバー(57階、バー)

 

各レストラン&カフェの詳しい情報は、下記の公式サイトでもチェックできます。

 

さて、その中でも、カフェ&アフタヌーンティーを楽しめるのが、この「ピーコック・アレー」です。

 

ピーコック・アレーの概要

場所:UL階エレベーターを降りて左手奥

時間:6時半〜11時まで

スタイル:西洋系アフタヌーンティーまたはアラカルトカフェ

 

ホテルに宿泊した際、このピーコック・アレーを実際に利用する機会があったので、以下その様子を写真とともにご紹介します。


Kenji

妻曰く、値段はそこそこするものの、日本のホテルで頂くアフタヌーンティーよりも出されるスイーツのバライエティが豊富だと喜んでいました。おすすめです!

 

ピーコック・アレーの様子

では、ピーコック・アレーの様子を写真と共にお伝えします。

 

カフェは、上でも記載した通り、階上ロビー階のエレベーターを降りて左手奥にあります。

入り口付近の様子。

ルンビニ公園を目の前に見渡せるソファースペースがありますね。

 

ピーコック・アレーの雰囲気

内部に入りましょう。

カフェ内部は天井がグッと開く、箱型のデザインです。

とても開放感のある会場です。

結婚式の披露宴などとして使われても全く違和感がなさそうなシックで大人な雰囲気です。

テーブル席が少なく見ても30以上はあったでしょうか。

私たちが利用したのは日曜の午後でしたが、利用客は全部で4-5組といったところ。ゆったりとした配置も手伝って、隣との距離もかなりあり、周囲を気にせず家族でのんびりとしたひと時を過ごすことが出来ました。

 

ピーコック・アレーのお値段

ピーコック・アレーでのカフェは宿泊プランには含まれていません。

 

有料で追加する場合、一人当たり4,300円程度の料金が発生します(2019年10月現在。為替によって異なります)。


Kenji

タイにしてはちょっと高いかな~という印象を抱く方もいらっしゃると思いますが、出される料理&スイーツのクオリティを考えると、十分値段分の価値はあると思います

ちなみに・・・我が家はダイヤモンドメンバー向けに提供される一人当たり500バーツのFoods&Beverage Creditをこのアフタヌーンティーーで使用しました。

二人で1,000バーツ(約3,500円)のクレジットになるので、アフタヌーンティーの値段もだいぶお手頃に楽しむことが出来ました。

 

ピーコック・アレーのアフタヌーンティー紹介

では、ピーコック・アレーのアフタヌーンティーで提供されるフード&ドリンクをご紹介します。

 

アラカルトメニュー

ピーコックアレーでは、アラカルトメニューから注文することも出来ます。

メニュー表を掲載しておきます。

(画像をクリックすると拡大します)

 

料理&スイーツ

まずはお料理から。

プレートに並んだのは、各自合計6種類のおつまみです。揚げ物から、春巻き、サーモンのタルトなど、一口サイズの料理が並びます。

色使いも鮮やかで、目にも楽しませてくれます。手がかかっていることが一目でわかりますね。

中央のスコーンに詰められたのはエビなどの甲殻類と、アボガドなどの野菜を細かく刻んでチラシにしたものをパフェスコーンに詰めていました。色々な食材が見事に融合されていて、とてもおいしかったです。

続いて、おまちかねのスイーツです。こちらも一人当たり6種類のマカロンやプチケーキが並びました。

一つ一つの名称は覚えていませんが、どれもとても美味しかったです。

違う角度からもう一枚。どれも目にも華やかで、さすが5つ星ホテルのアフタヌーンティーといった感じです。

出された料理&スイーツの全体写真がこちらです。

上でご紹介した以外に、各テーブルにスコーンとパンが提供されます。これだけ提供されると、アフタヌーンティーとはいってもお腹を満たすには十分な量があります。

 

カフェ

アフタヌーンティーにはカフェももちろんついてきます。

 

メニュー表の中から好きなドリンクを2種類選んで注文するスタイルでした。我が家はカプチーノと、ハーブティーを注文しました。

ティーポットひとつをとっても、西洋風とアジアンテイスト、どちらも感じられるところにホテルのこだわりを感じました。

 

まとめ

今日はWaldorf Astoria Bangkokのレストランの一つ、「ピーコック・アレー」でのアフタヌーンティーについてご紹介しました。

有料で5,000円近くするこのアフタヌーンティーは、タイの一般的な物価を考えると決して安い値段ではありません。

 

しかし、これだけのクオリティのブッフェを頂けるレストランは日本でもなかなかないはずで、有料であってもコストパフォーマンスに優れたお勧めブッフェだと思います。


Kenji

ブラッセリーでの朝食ブッフェから2時間程度しか経っておらずまだまだ消化がし切れていませんでしたが、このアフタヌーンティーもスコーン以外は結局すべて平らげました。笑

 

参考記事です。

こちらは2回前にアップした、ウォルドーフ・アストリア・バンコクのホテル宿泊記です。我が家は都合3泊をこのホテルで過ごしましたが、アフタヌーンティー含め、素晴らしいホテルステイを楽しむことが出来ました。

【宿泊記】ウォルドーフ・アストリア・バンコク(Waldorf Astoria Bangkok)の紹介 アクセスやアメニティ、ダイヤモンドメンバーでのルームアップグレードの状況など

我が家がこのホテルで支払いを行ったのは、実はこのアフタヌーンティーの7-8千円程度のみ。宿泊&朝食には1円も使っていません。そのカラクリは下記のエントリで解説してあります。

 







 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKenji@米国駐在員のカネとバラの日々をフォローしよう!

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻、0歳児の長男とニューヨークで3人で生活。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください