【宿泊記】伊豆マリオット修善寺(Izu Marriott Hotel Shuzenji)のレビュー アクセスから部屋の様子、アメニティ、プラチナステータスでのアップグレードの状況など

Pocket

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

今日はマリオットのホテル紹介。静岡県の伊豆にある「伊豆マリオット修善寺」の宿泊記です。


Kenji

マリオットのプラチナステータスを活かして、「温泉露天風呂付きデラックスルーム」へアップグレードしていただけましたので、その様子も写真付きでたっぷりとご紹介します



伊豆マリオット修善寺の場所とアクセス

伊豆マリオット修善寺のホテル紹介。まずは場所とホテルへのアクセスからご紹介します。

 

ホテルの場所

伊豆マリオット修善寺は、静岡県の大平にあります。

 

伊豆マリオット修善寺(Izu Marriott Hotel Shuzenji)

住所: 静岡県大平1529

TEL:0558-72-1311

ホテルカテゴリー:5

 

>>マリオット公式サイトで「伊豆マリオット修善寺」をチェックする

>>じゃらんで「伊豆マリオット修善寺」をチェックする

>>Yahoo!トラベルで「伊豆マリオット修善寺」をチェックする

>>Hotels.comで「伊豆マリオット修善寺」をチェックする

>>アゴダで「伊豆マリオット修善寺」をチェックする

ホテルへのアクセス

 

車でいらっしゃる方は、新東名高速道路の長泉沼津ICから伊豆縦貫自動車道を経由して、「大平IC」が最寄りになります。

インターからは、だいたい10-15分くらいの距離にあります。

 

アクセスが若干悪いのでマイカーやレンタカー利用が便利ですが、車がない人にとっては伊豆箱根鉄道の「修善寺駅」からホテル行のシャトルバスも出ています。

時刻表がこちらです(2021年4月現在。公式サイトより抜粋)。

本数は1時間に約1本と決して多くないので、電車の時刻表とにらめっこしてあらかじめ予定を組んでおくのをお勧めします。

 

ホテルの周辺事情

ホテルは小高い山の中腹に位置しています。

 

周囲には何もなく、最寄りのコンビニは大平IC近くの「ミニストップ」が最後になります。

コンビニは県道414号線沿いで、ホテルからは車で約10分とやや遠いため、車でアクセスする方は忘れずに立ち寄るようにされてください。

ホテルの外観

続いてはホテルの外観です。

 

まだ私たちが訪れた4月中旬はかすかに桜の花が残っていました。


Kenji

ちなみに、ホテルへの山道も桜の木がいっぱいでした。次はぜひ桜のシーズンに訪れたいものです

ちなみに、以下は2階のフロアマップになりますが、ホテルはY字型に広がる作りになっています。


Kenji

私は建築には全く詳しくないですが、この作りの方が日照が取れたり、後でご紹介する客室備え付けの露天風呂もプライベートが保てたりとメリットがあるのかな、と思ったりします

 

伊豆マリオット修善寺施設紹介

続いて、ホテルの施設を紹介します。

 

ロビーとチェックイン

チェックインカウンターはホテル一階、入ってすぐ正面です。

 

ホテルカウンター前にはロビーが広がります。木材がふんだんに使われた空間で、居心地がとてもよいです。

ロビーホールの反対側にはこじんまりした売店が入っており、マリオットのアメニティグッズや伊豆のお土産品、ソフトドリンクなどを購入することが可能です。

ただし、品揃えはお世辞にも良いとは言えないので、スナックやドリンクはホテル到着前にあらかじめ用意しておくのがベターです。

ドリンクは2階の自動販売機で購入することもできます。

 

ジムとコインランドリー

ホテルには、24時間使えるフィットネスジムがあります。場所はホテル2階です。

ジムからは少し離れますが、ホテル1階にはコインランドリーもあります。

プールやゴルフをする人にとっては洗い物をホテルでクリーンアップできるため有難い設備ですね!

温泉スパ&大浴場

マリオット修善寺には宿泊者向けの「温泉スパ&大浴場」があります。

この温泉スパは、他のマリオット系列ホテルでもなかなか見ない施設で、「マリオット修善寺」の特徴の一つということができます。

 

温泉スパ&大浴場の営業時間

・大浴場 6:00~11:00、13:00~24:00

・水着着用ゾーン 10:00~22:00

・岩盤浴 11:00~21:45

 

こちらは水着着用ゾーンの1枚。大浴場には今回お世話になっていないので中の様子はわかりません。

 

プレイルーム

ファミリー向けに嬉しいのがこのプレイルームです。

こちらもホテル1階にあり、比較的広々した空間です。中には絵本やブロック、人形などが置いてあって、滞在中何度も子どもとここで遊ぶことが出来ました。

プレイルーム脇には授乳やおむつを替えられる個室まで用意されています。

施設紹介の最後は、「伊豆マリオット修善寺」の全景と、ホテルの利用案内です。

敷地内には「ホテルラフォーレ修善寺」の別棟があるほか、奥にはゴルフコースの「ラフォーレ修善寺&カントリークラブ」が大きく広がります。

 

遠く富士山を眺めながらアウティングが出来て、宿泊はマリオットでゆったりと楽しむ・・・という、ゴルフ好きはもちろん、ファミリー層にはぜいたくな旅を楽しむことが出来るはずです。

(画像をクリックすると拡大します)

 

伊豆マリオット修善寺の部屋紹介

続いて、お部屋の紹介です。


Kenji

また後で触れますが、マリオットのプラチナパワーで「露天風呂付きデラックスルーム」へとアップグレードして頂けました

部屋の内部

まずは、部屋内部の様子です。

部屋の全景紹介の最後は、反対側の窓側から撮影した1枚。

 

収納スペース

収納スペースは十分にあります。

 

ワードロープなどの扉があるものではなく、テレビ横に作り付けでラックがあるスタイルです。最近のホテルはこういうスタイルも増えましたね。

ちなみにテレビは壁掛け式でしたが、型は2010年製と、思っていた以上に古いものでした。

チェックアウト当日まで気づかなかったのが、このハンガーラック横にある細いスペースに収納されたアイロン台。柱だと思ってふとした拍子に捕まったら急に開いて、前につんのめりそうになりました・・・

温泉ホテルらしく、寝間着には浴衣が用意されていました。

 

冷蔵庫とミニバー

続いて冷蔵庫とミニバーです。冷蔵庫はいつも通り空でした。

コーヒー類はドリップ式のインスタントコーヒーと、お茶のティーパック。最近はやりのネスレなどではありませんでした。

 

ウェットスペース

続いて、ウェットスペースへ移動します。

最近は増えましたが、シャンプー類は使い切りではなく、大きなボトルが無造作に置かれていました。ブランドはマリオットではおなじみの「THANN」です。

洗い場はシャワーのみで、内湯はありません。その代わりに露天風呂がついているので、ここで身体を洗って、外に移動するスタイルです。

慣れてしまえばどうってことないですが、最初はちょっと抵抗を感じました。

トイレはTOTOで、ほとんど最新のモデルだったと思います。

 

露天風呂

そしてこちらがこのお部屋の一番の特徴である露天風呂です。

 

温泉のかけ流しで、いつでも好きな時に楽しむことができます。訪れたのが4月で外気が20℃近くある過ごしやすい日でしたが、朝晩はやはり冷え込みがあって、冷たい空気の中で好きなだけ楽しめる露天風呂は最高でした。

 

その他、ホテルの情報は下記公式ページでも紹介がされています。

 

伊豆マリオット修善寺でのプラチナ会員特典

続いて、プラチナ会員の特典についてです。

 

プラチナ会員特典の概要

我が家は、帰任時にマリオットの「プラチナ・チャレンジ」を達成したおかげでマリオットのプラチナステータスです。

 

伊豆マリオット修善寺では、マリオットのプラチナメンバー以上向けに下記の特典が提供されます(2021年4月現在)。

 

伊豆マリオット修善寺のプラチナ特典

・空き状況に応じたルールアップグレード

・クラブラウンジアクセス

・「1,000ポイント」 or 「ワンドリンク+おつまみ」のウェルカムギフト

・朝食ブッフェ無料(大人2名分。12歳以下の子どもも無料)

・レストラン20%ディスカウント

・レイトチェックアウト

プラチナ会員特典についてはまた次のエントリでも取り上げますが、下記ではアップグレードの状況だけ先に取り上げます。

 

アップグレードの状況

ホテル宿泊と言えば気になるものの一つがアップグレードの状況ですよね。

 

伊豆マリオット修善寺には、以下の10種類のタイプの客室が用意されています(公式サイトより抜粋)。


Kenji

ゲストルームも128部屋と実はマリオット系列でもかなり大規模なため、部屋タイプが多いのも納得です

我が家は帰任時に行ったプラチナチャレンジのおかげで、私はいまマリオットのプラチナステータスを保有しています。

 

今回、もともとは一番下のスーペリアキングを予約していましたが、チェックインの際「温泉露天風呂付きデラックスルーム」へのアップグレードをアサインして頂くことが出来ました。

 

・スーペリアルーム(キング・ツイン) ←予約した部屋

・スーペリアルーム温泉付き

・和室

・和洋室

・温泉露天風呂付きデラックスルーム ←こちらにアップグレード

・温泉露天風呂付きプレミアムルーム

・ジュニアスイート

・エグゼクティブスイート

・ドッグフレンドリールーム

 

これは狙っていただけに、仰って頂けた際はとても嬉しかったです。

 

ちなみに、お値段的なベネフィットで考えると、「スーペリアルーム」と「温泉露天風呂付きデラックスルーム」とでは、約8-9千円ほど異なっていました。

これだけでもプラチナ会員の価値がありますね!

 

ラウンジアクセス

伊豆マリオット修善寺にはプラチナ会員以上で利用できるエグゼクティブ・ラウンジがあります。

 

場所はホテルの2階です。

エントリが長くなっているので、次回の記事で詳しくご紹介したいと思います。

朝食ブッフェ

プラチナ会員以上で、2名分の朝食ブッフェが無料になります。

 

通常、朝食ブッフェにはおとな一名あたり3,500円の料金がかかりますから、2名で7,000円が浮く計算です。これもとてもありがたい特典ですよね!

 

我が家は、滞在中2回朝食をご馳走になりました。

食事についてもまた別のエントリにてご紹介します。

 

伊豆マリオット修善寺のコストパフォーマンス

最後に、ホテルのコストパフォーマンスについて考えてみたいと思います。

宿泊コスト

今回は2泊お世話になりました。

一泊が有償での宿泊で、諸税・サ込で一泊当たり2.3万円を支払いました。

 

ただし、うち100ドルについては以前20%オフプロモーションで試し買いしたギフトカードを利用したため、正味宿泊コストは約2万円でした。

 

もう一泊は、Amex Bonvoy Businessに付帯する宿泊券を利用しての宿泊だっため、手出しのコストはゼロでした。

 

宿泊券は3.5万ポイントまでの系列ホテルで滞在が可能なため、仮に宿泊費が上記同様2.3万円として計算した場合のポイント単価は0.6円/pt程度でした。

 

ポイント単価としてはそこまで高くありませんが、今回は滞在数稼ぎも兼ねて敢えてこのプランにしたため、狙えばもう少し高い単価での宿泊も可能なはずです。


Kenji

もちろん、今回宿泊券と有償での組み合わせにしたのは、以前ブログでもご紹介したダブルカウントプロモーションに乗るためです

 

結果として、2泊分でのコストはこうなりました。

 

正味宿泊費の計算

・宿泊費:2万円(割引後)+宿泊券1枚

・ウェルカムポイント:1,000pt

・滞在付与ポイント:4,010pt(ダブルポイントプロモーション、プラチナ加算考慮後)

・クレカ決済ポイント:1,200pt(Bonvoy Business x 6 倍)

モッピーポイント:800pt(決済額の4%)

 

差引14,392円(1 Marriott/モッピーポイント=0.8円で計算)

 

正味1.5万円の滞在費用で、2泊伊豆マリオット修善寺でゆったりとお世話になって、滞在数も4泊分頂くことが出来ました。

 

Go Toトラベル最盛期ほどお得なプランではありませんが、十分コスパのよいプランだったと思います。

 

宿泊した感想

実際に宿泊しての感想ですが、一言で言って「最高!」の滞在でした。

 

特に、子育て世代の我が家にとって温泉付きルームの評価は高く、2泊の滞在中に8回も入りました。

妻は久しぶりにゆったりと温泉を楽しむことが出来て非常に満足気でしたし、帰り道ですぐに「また訪れたい!」と感想を漏らしていたほどです。

 

我が家はヒルトン押しですが、部屋に温泉の付いた施設はヒルトン系列には私の知る限りないので、日本国内でマリオットを宿泊先として選ぶ理由の一つになることは間違いなさそうです。

お得に宿泊するために

最後に、公式サイト経由で有償で予約を入れる際には必ずポイントサイト経由で予約を入れるようにされてください。

 

状況によりますが、1~7%程度のキャッシュバックが受けられるので大きいです。


Kenji

私個人的には、国内のポイントサイトならモッピー、海外サイトでも抵抗がないようであればRakuten か、Topcashbackの利用がおすすめです

特にRakuten はまだまだ登録されていない方も多いと思いますが、以下のエントリなどを参考にぜひ活用されてみてください。

 

・日本在住の方向けのRakutenの解説は>こちらのエントリ

・アメリカ在住の方向けのRakutenの解説は>こちらのエントリ

 

伊豆マリオット修善寺の宿泊記まとめ

今日は静岡県にあるラフォーレ系列のマリオットホテル「伊豆マリオット修善寺」の宿泊記を写真付きでご紹介しました。

 

我が家はここに結局2泊お世話になりましたが、滞在中ゆったりと温泉を楽しむことが出来ました。

特に小さな子連れの家族で訪れる方は、温泉付きのお部屋を選択するのが間違いなくお勧めです!

 

伊豆マリオット修善寺(Izu Marriott Hotel Shuzenji)

住所: 静岡県大平1529

TEL:0558-72-1311

ホテルカテゴリー:5

 

>>マリオット公式サイトで「伊豆マリオット修善寺」をチェックする

>>じゃらんで「伊豆マリオット修善寺」をチェックする

>>Yahoo!トラベルで「伊豆マリオット修善寺」をチェックする

>>Hotels.comで「伊豆マリオット修善寺」をチェックする

>>アゴダで「伊豆マリオット修善寺」をチェックする

 

参考記事です。

 

マリオットは、このホテルステイも含めてプラチナチャレンジを行って、いまは無事プラチナステータスを獲得しました。プラチナ・チャレンジについての情報は、下記のエントリでまとめてあります。

こちらは同じラフォーレ系列のマリオットホテル「富士マリオット山中湖」の宿泊レビュー記事です。

 







 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKenji@米国駐在員のカネとバラの日々をフォローしよう!

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻、0歳児の長男とニューヨークで3人で生活。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください