【画像付き】US Amazonで購入した商品が届かなかった場合&初期不良があった場合の返品・交換の手続をシェア

Pocket

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

今日はUS Amazonで購入した商品を返品・交換する方法をシェアします。

US Amazonでショッピングをする方はたくさんいらっしゃると思いますが、返品・交換を経験したことがある方は少数派かな~と思います。

 

私はアメリカに移り住んでおよそ1年半の間に2回だけ経験したのですが、2回目がつい最近のことだったので、同じような経験をされた方がリターンや交換の手続きを取る際の参考になればと思い、画像付きで体験をシェアしたいと思います。



Sponsored Link

返品・交換の場合

まず返品・交換の場合の手順を説明します。

 

昨年のBlack FridayセールでVitamixを購入したのですが、まさかの初期不良で使用2回で動かなくなるという憂き目にあいました。Black Fridayで購入できたのでとってもお得に購入出来たんですがね・・・しかし2回で壊れてしまっては仕方ありません。商品の交換リクエストを掛けることにしました。

 

 

手順の概要

手順の概要はこうです。以下で各ステップごとの手続きを画像付きで解説します。

 

1.Go to the Online Returns Center, and then click Return items.

2. Find the order you want to return, and then click Return or replace items.

Tip: If you don’t see the order you’re looking for, select another option from the See more menu

3. Select the item you want to exchange, and then select a reason from the Reason for return

An exchange order, with the same shipping speed that was used on your original item, will be created. You can use the return label provided to you to send your original item back. You’ll need to return the original item within 30 days to avoid being charged for both the original and exchange items.

 

 

ステップ1:オンラインリターンセンターへアクセス

まず、オンラインのリターンセンターへアクセスします。

リターンセンターへは下記ウェブページから、Online Return Centerのリンクをクリックします。

 

ステップ2:返品・交換したい商品を選択

続いて、返品・交換したい商品を選択します。

返品・交換のリクエストが掛けられるのは購入から2か月程度のようですね。(今回のケースでは11/23購入→期限が1/31)

 

ステップ3:返品・交換の理由を選択

次は返品・交換の理由の選択です。

プルダウンメニューで選択できるようになってい手簡単です。今回は初期不要だったので、「Item detective or doesn’t work」を選択します。

下のキャプチャでは隠れてしまっていますが、「Comments」欄に詳細の記入が必要です。(書かないと次に進めません)

 

ステップ4:返品・交換の別を選択

次画面で返品・交換の別を選択します。

この画面のスクショを忘れてしまったため、別のアパレル商品で試してみました。(Vitamixの場合はサイズなどを選択するオプションはありません)

我が家のVitamixの場合は商品が欲しかったので、RefundではなくReplacement(交換)を依頼しました。

 

ステップ5:配送オプションの選択

返品・交換の場合は不良品をAmazonに送り返す必要があります。そのため、配送オプションを選択します。なお、Feeは無料です。

 

配送方法を選択したら、画面右下のSubmitボタンを押せば完了です。

 

ステップ6:ラベルの印刷

すべて終わるとラベルが印刷できるようになります。「Print label & instructions」を印刷して、返送するBOXの中に入れておきます。

念のため、「Email copy of label」もクリックして、手元にも保管しておきましょう。

 

 

ステップ7:UPSへ配送依頼

最後はUPSへ商品を渡して配送を依頼します。

私の場合はUPS Pick upを選択したので、アパートのコンセルジュに渡せば終わりです。

 

ちなみに、今回我が家が注文したのはこちらの商品です。Vitamixの300シリーズブレンダー。ミキサーの役割を果たすのはもちろん、ホットスープが作れたり、シェイクやアイスクリームまで作ることが出来ます。妻がずっと欲しがっていた商品で、通常時よりも3割以上ディスカウントになっていたのをたまたま発見出来たので購入しました。


今は通常価格に戻ってしまっていますが、それでも日本で並行輸入品などを購入するよりも相当お得!

来年まで待てるという方は、5月のFather’s Dayや、7月のPrime Dayでセールをやらないか待ってみるというのが良いと思います。

 

商品が届かなかった場合

続いて注文した商品が届かなった場合の対応方法をご紹介します。

このケースに遭遇したのが、前回Prime saleでギフトカードを大量購入した時のことです。Starbucksのギフトカードが一枚手元に届きませんでした。

ステップ1:注文履歴から配送状況を確認

 

まずは、ご自身のアカウントの「注文履歴」(Your Accounts/Your orders)から配送状況を確認しましょう。アマゾンはUSPSかUPSを利用しており、Tracking number付きで配送されることが多いため、注文履歴から配送状況を確認できます。

配送予定日を過ぎてもDeliveryが完了していない場合、こんな画面が現れます。

 

この画面で「Get a Refund or Replacement」を選択すると商品が届いていないことをクレームすることが出来るようになります。(念のため、配送予定日よりも2-3日待ってからの対応をお勧めします。)

 

 

ステップ2:返金・再配達を選択

次画面で返金・再配達を選択します。ディスカウントで購入したギフトカードですので、当然Replacementを選択します。

ちなみに、Amazonではアメックスユーザー向けにいまもギフトカードセールをやっています。

 

ステップ3:リクエストを掛けて終了

これでSubmitすれば完了です。簡単ですよね。

あとは普段の買い物と同様、Replacementを依頼した商品のDelivery状況を確認すればOKです。

 

返品・交換をしてみて

実際に返品・交換を体験してみてですが、Amazonの対応は素晴らしいの一言に尽きます。

 

システマチックで、かつスピーディー、そしてストレスがありません。私はAmazon以外にもeBayでも返品を体験したことがありますが、対応のスピードも、わかりやすさもAmazonは段違いです。

 

Market Placeの商品はどうかわかりませんが、Fulfillment by Amazonの商品は安心して取引が出来ます。2018年6月現在で全米のPrime memberは95百万人いるといわれていますが、その登録者数の多さにも納得できます。オンラインショッピングで顔が見えない以上、信頼に足る配送・交換サポートこそが、119ドルというPrime Feeの対価の根幹だと思います。

 

いかがでしょうか。

長くAmazonで買い物をしていると、不良品や、配送のミスに遭遇するケースも出てくると思いますが、Amazonはアフターケアの面でも安心して取引が出来ます。今回の私の体験シェアが同じ状況に陥った方の参考になれば幸いです。

 

まだアマゾンプライムに加入していないという方は、よろしければ下記から加入されてください。(私の紹介リンクです。ありがとうございます。)

 

https://amzn.to/34Edgju

US AmazonのPrime Free Trialのページへリンクします

 

参考記事です。

こちらはUSアマゾンの年会費について元を取るテクニックをまとめたライフハックです。119ドルのフィーは驚くほど簡単に回収が出来るため、アメリカ在住の方はぜひ試してみてください。

こちらは2018年下半期にアメリカで購入したグッズのおすすめ10選です。Vitamix含め、アマゾンで購入したグッズもいくつか含まれています。







 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKenji@米国駐在員のカネとバラの日々をフォローしよう!

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻、0歳児の長男とニューヨークで3人で生活。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください