【2018年9月版】アメリカでボーナスUP中のおすすめクレジットカードをリファーリンク付きで紹介

Pocket

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

さて、9月はアメリカでは新学期の始まりの月。新学期が始まったり、新しい同僚が会社に加わったりと、環境が変化する月です。

クレカの世界も心機一転。私も前回エントリで新しい企画をお知らせしました。今日のエントリでは、9月現在サインアップボーナスがUPしているクレジットカードと、読者の方から頂いたリファーラルリンクがあるクレジットカードをご紹介します。



Sponsered Link

サインアップボーナスUP中のカード

9月現在サインアップボーナスがUPしているカードで、「これは魅力的!」と思えるものは以下のとおりです。

 

Amex Gold Delta SkyMiles Business

Amexが発行するDeltaのビジネスカードです。

 

カード発行から4月以内に3,000ドル利用で6万デルタマイルがゲットできます。

ブログ読者の方の紹介リンクはこちらです。

なお、ビジネスカード同様、パーソナルカードもプロモーション中です。パーソナルカードの紹介リンクはこちらからです(私の紹介リンクです。ありがとうございます)。

 

なお、前回春に行われたプロモーションでは50ドルのStatement Creditがついていましたが、今回はありません。詳しいカードスペックは下記のエントリをご参照ください。

 

Wyndham Rewards Visa

Barclaysが発行するWyndhamグループのクレジットカードです。

 

通常3万ポイントのところ、シークレットサイトからの申し込みすると、3か月以内の2,000ドル利用で+1.5万ポイントが追加で付与されるキャンペーンを行っています(合計4.5万ポイント)。もうだいぶ長いことやっているので、いつ終了してもおかしくないプロモーションだと思います。なお、このカードにリファーラルは存在しません。

 

Wyndhamのユニークさについては以前のエントリでご紹介しました。シークレットサイトへのリンクも記載していますので興味がある方は参考にされてください。

 

Barclays Business Aviator

こちらもBarclays発行。Citi AAdvantageカードと同様アメリカン航空のマイルが溜まるクレジットカードです。

このカードがユニークなのは、Minimum Spending Requirementがない点。90日以内に1ドル利用でボーナスがゲットできるというとてもお得なカードです。

 

通常4万ポイントのところ、期間限定で6万ポイントにボーナスがアップしています。

 

このカードにリファーラルは存在しません。ダイレクトリンクはこちらです。

なお、Barclaysはもともと発行のハードルが多少高目で、ビジネスの定義がアメックスやシティに比べると厳しい点が難点です。

 

Alaska Airlines Visa® Credit Card

Bank of America発行のアラスカ航空のクレジットカード。アラスカ航空のマイルが手に入る貴重なカードです。

 

シークレットボーナスとして、公式サイト(https://www.alaskaair.com)からフライト検索して、支払い情報まで入力画面を進めると3万マイル+100ドルのStatement creditのサインアップボーナスが出てきます。私も6月に申請しましたが即否認されたある意味思い入れのある(?)カードです。

 

このカードにリファーラルは存在しません。ダイレクトリンクはこちらです。

 

ブログ読者から頂いたリファーラルリンク

(9月7日追記:SPG Luxuary Cardを追加しました)

上記の他、以下のクレジットカードについて読者の方からリファーラルリンクを頂きました。ご連絡頂いた皆様ありがとうございました。

それぞれのカードのスペックや攻略法は個別においおい記事を書きたいと思いますが、まずはご紹介です。

 

Hilton Honors Business Card

American Express発行のヒルトンカード。ビジネスカードで所有だけでHiltonのゴールドステータスが付与されます。

 

ブログ読者の方の紹介リンクはこちらです。

サインアップボーナスは、発行から3か月以内に3,000ドル利用で10万ヒルトンポイントがゲットできます。

 

ちなみにこのカードには「Hilton Honors Ascend」の名称で、Personal Cardも存在します。スペックはほぼ同じです。Personal Cardの紹介リンクはこちらです(私の紹介リンクです。ありがとうございます)。

※お知らせ:パーソナルカードについては、上記とは別の過去最高のボーナスがプロモーションされています。興味のある方はこちらのエントリをご参照ください。

 

Premier Rewards Gold Card

Amexプロパーのゴールドカードです。

年会費が195ドルとやや高め(初年度無料)ですが、フライトチケットで使える100ドルのStatement creditがついてくるため実質95ドル。一時期毎月のように手元に50kのプロモーションの郵便が届いていましたが、最近は来なくなりました。

 

ブログ読者の方の紹介リンクはこちらです。サインアップボーナスは、発行から3か月以内に2,000ドル利用で2.5万Amexポイントがゲットできます。

なお、Amexは特にまだカードを保有していない方は公式サイトで高いサインアップボーナス(5万Amexポイント)を提示される可能性があります。Amexにアクセスしたことのないブラウザを試してみると良いと思います。

 

Chase Freedom Unlimited

Chaseが発行するどちらかと言えばエントリー向けの比較的作りやすいクレジットカードです。特徴的なのは、年会費無料で1.5%のキャッシュバックが無制限で付く点。シンプルでわかりやすいので、街中で結構見かけるカードの一つだと思います。

 

ブログ読者の方の紹介リンクはこちらです。

サインアップボーナスとして、3月以内に500ドル利用すると150ドルのボーナスがゲットできます。

 

Freedomは一見何の変哲もないカードですが、使い方によっては「化ける」ため個人的にはお勧めの1枚です。詳細はまた別のエントリでご紹介したいと思います。

 

SPG Luxuary Card

最後はこちら、SPG Luxuary Cardです。

8月のSPG+Marriottの統合と合わせて新しくアメックスが発行を始めたカードで、発行前から色々と噂になっていましたね。

 

ブログ読者の方の紹介リンクはこちらです。

 

サインアップボーナスとして、3月以内に5,000ドル以上利用すると10万Marriottポイントがゲットできます。こちらは発行され始めたばかりで、公式サイトでも10万ポイントのオファーが募集されていますね。通常時のボーナスがいくらになるのかわかりませんが、10/31までの期間限定と表示されています。

 

サインアップをいつまで待つか

繰り返しですが、上記3枚のカードは2018年9月現在サインアップボーナスがUPしているわけではありません。したがって、基本的に申請の優先順位は落とすべきだと思います。

一般的に、AmexやCiti、Capital One、Discoverなどはプロモーションに積極的ということもあるので、数か月待てるのであれば自宅にプロモーションレターが届く可能性も十分あります

 

ただし、例えば「HILTONのポイントが貯めたい」「Chaseの5/24ルールに引っかかるので申請してしまいたい」「ゴールドカードはまだアプルーブされなそうなので、Chase Freedom Unlimitedから試してみたい」などといった明確な目的・事情があれば話は別

 

私もChase Sapphire Preferredを8月に申請しましたが、これは5/24ルールに引っかかる前の駆け込み需要でした。詳細は8月に私が申請したカードについては下記のエントリをご参照ください。Sapphire Preferredの紹介リンクも載せてあります。

 

上記以外で1枚お勧めのカードを挙げて下さいと言われたら、私ならAmex Blue Business Plusを推します。

サインアップボーナスこそ1万ポイント(紹介リンク利用時)と少ないですが、永年年会費無料である点と、年間5万ドルまで全ての買い物で2%還元である点は日常のメインカードにふさわしいスペックだと思います。

またプロモーションが始まったら随時ブログでもご紹介させて頂きます。



sponsored Link



sponsored Link



記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻とニューヨークで2人暮らし。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください