(終了)【銀行口座開設】過去最高!Chaseのビジネスチェッキング口座開設で750ドル獲得可能なプロモーションを実施中!

Pocket

このプロモーションは終了しました

2021年5月25日:ビジネスチェッキング口座のプロモーションを追加しました

2018年7月19日:記事初出

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

今日はChaseがもともとターゲットオファーで合ったプロモーションで、5月中旬から対象者が拡大された銀行プロモーションのご紹介です。

 

Chaseのビジネスチェッキング口座を開設+条件達成で過去最高水準の750ドルのボーナスがゲットできます。


Kenji

口座開設の期限は7月23日です。余裕資金があるという方は、いまが開設のチャンスですよ!



ビジネスチェッキング口座のプロモーション

オファーの概要

Chaseのビジネスチェッキング口座を作成の上、所定の条件を満たすと750ドルのボーナスが獲得できます。

 

獲得のための条件は、以下の通りです。

 

オファーの条件

① 現在および過去にChaseにビジネスチェッキング口座を保有していないこと(少なくとも過去2年間)
② クーポンコードの使用から30日以内に1万ドル以上の預け入れを行って、少なくとも60日以上これを維持すること
③ クーポンコードの使用から90日以内にデビットカードを使用して25回以上の決済利用を行うこと
リンク先から先からオンラインの口座開設手続きを行うこと、もしくはリンク先から取得したクーポンコードを支店で提示すること
⑤ 開設から少なくとも半年以上アカウントを維持すること

 

以上の達成で、チェッキング口座の場合15営業日以内を目途に、Chaseから750ドルのボーナス利息が支払われます。

 

オファー原文

オファーの原文はこちらです。

 You can receive only one new business checking account opening related bonus every two years from the last enrollment date and only one bonus per account. To receive the business checking bonus: 1) Visit a branch or chase.com/business and open a new Chase Business Complete Checking account. To open a Chase Performance Business Checking (or Chase Performance Business Checking® with Interest) account or Chase Platinum Business Checking account, please visit a branch. Accounts are subject to approval. 2) Deposit a total of $10,000 or more in new money into your new checking account within 30 days of coupon enrollment; and 3) Maintain at least a $10,000 balance for 60 days from the coupon enrollment. The new money cannot be funds held by your business at Chase or its affiliates. 4) Complete 25 qualifying transactions within 90 days of coupon enrollment. Qualifying transactions are: debit card purchases, Chase QuickAccept℠ deposit, Chase QuickDeposit℠, ACH (Credits), wires (Credits and Debits). After you have completed all the above checking requirements, we’ll deposit the bonus into your new account within 15 days. Coupon is good for one-time use. Employees of JPMorgan Chase Bank, N.A. and our affiliates are not eligible. Chase reserves the right to withdraw this offer at any time without notice. Bonuses are considered interest and may be reported on IRS Form 1099-INT (or Form 1042-S, if applicable).

 

いくつか気になった条件について下記で解説したいと思います。

 

ビジネスチェッキング口座とパーソナルチェッキング口座は別扱い

まず、今回プロモーションの対象になるのは「ビジネスチェッキング口座」だということです。

 

オファーの対象となる条件のひとつに、「現在および過去2年間においてビジネスチェッキング口座を保有していないこと」というのがありますが、パーソナルチェッキングについては特段言及がないため、現状パーソナルチェッキング口座を保有している場合であっても今回のプロモーションの対象になります。

 

チェースはクレジットカードの「5/24ルール」が示すように、2年というのがアクティビティをカウントするひとつの基準・メルクマールになっているようですね。

 

ビジネスアカウント作成のハードル

口座開設を考える方にとって一番気になるのは、ずばりビジネスアカウント作成のハードルがどの程度高いか、という点でしょう。

 

実際に口座を作成できた人のコメントを読んでいると、ブログなどのメディア運営であったりWebマーケティング、メルカリなどのショップチャネルでのインターネット販売という立て付けでも口座開設が出来ているため、「ビジネス」の定義についてはそこまでうるさくはないことが予想できます。


Kenji

Chaseのバンカーへの説明としては個人事業主(Sole Prop)として申告を行えばOkです

 

ただし・・・現状ビジネスを実際に行っている人であっても、全くChaseとのリレーションがない中で、初見でビジネスチェッキング口座を開設に行くのはちょっとハードルが高いことが予想されます。

 

こういう方は、まずは以前ご紹介したパーソナルチェッキング口座のプロモーションをこなしてから、ある程度関係を構築した上でビジネス口座のプロモーションに移行するのがおすすめです。

 

なお、少し気になるのが、Doctor of Creditの記事コメント欄などを読んでいると、オンラインでSSNを使って個人事業主として口座開設を行えても、のちにビジネスについての追加資料を求められてしまい、提出できずにいたところ口座に制限がかかってしまったという方が複数いるように見えるところです。

After being approved online (sole proprietorship with SSN) and transferred part fo the 10k, I got a letter in the mail stating that they need more information about my “business” or I could have my account restricted or closed.

オンラインは書類が形式的にそろえば通るはずですが、その後カスタマーセンターから追加のVerificationが入ることが想定されます。

 

であれば、最初から支店に出向いてバンカーに判断してもらった方が良いかもしれません。

 

25回以上の取引

ボーナス付与の条件としてもう一つ求められているのが、90日以内の「25回以上の取引」です。

 

この25回に含まれる取引は、以下の通りです。

  • Debit card purchases
  • Chase QuickDeposit
  • ACH (Credits)
  • Wires (Credits)

 

一番簡単なのは、デビットカードを使った取引で、たとえばメトロ料金の入金をこまめに行うなどすれば、とても簡単にクリアできるはずです。

 

口座管理料に注意

最後に、余計なコストを払わないためにも気にしておきたいのが口座維持管理手数料です。

 

対象となるビジネスチェッキング口座の場合、口座維持手数料は原則15ドル/月。

これが免除されるためには、毎日に残高が常に2,000ドル以上であることなどが条件となっています。原文は、以下の通りです。

Chase Business Complete Checking℠ has a $15 Monthly Service Fee unless you fulfill at least one of the following qualifying activities: 1) Maintain a minimum daily balance of $2,000 in your account as of the beginning of each day of the statement period, 2) Spend at least $2,000 in purchases (minus returns or refunds) using your Chase Ink® Business Card(s) that shares a business legal name with the Chase Business Complete Checking account, using each of their most recently completed monthly card billing period(s), 3) Deposit $2,000 into your Chase Business Complete Checking account from your QuickAccept℠ and/or other eligible Chase Merchant Services transactions at least one business day prior to the last day of your bank account statement period, or 4) Maintain a linked Chase Private Client Checking℠ account. Product terms are subject to change. Eligible Chase Merchant Services products include only those where the transaction history can be viewed through Chase Business Online, Chase Connect®, or J.P. Morgan Access.

今回のビジネス口座の場合、1万ドルの残高がプロモーション利息が付与されるための条件になっているため、1万ドルは半年間預けっぱなしに出来るのが一番スムーズで、わずらわしさもないと思います。


Kenji

1万ドル預けて半年間で750ドルもらえることを考えれば、年率換算では実質利回り15%と考えることもできますよね!

 

(過去情報)パーソナルセービングのプロモーション

こちらは、過去のオファー情報で、パーソナルセービング口座のプロモーションです。

過去のプロモーションとの比較のために掲載しておきます。

 

Chaseは銀行口座のプロモーションを頻繁に実施します。

 

2018年に実施されたセービング口座のプロモーションでは、Chaseのパーソナルセービング口座をインターネットまたは支店で作り、所定の条件を満たすと条件達成時から10営業日以内にボーナスとして300ドルもらえるプロモーションが実施されていました。

 

もらえる条件は以下の通りでした。

 

オファーの条件

  • 現在Chaseにセービングアカウントを有していないこと
  • インターネットまたは支店で2018年8月6日までに口座開設手続きを完了すること
  • 口座を作ってから20営業日以内に合計25,000ドル以上の Depositを行うこと
  • 少なくとも半年間開設からセービングアカウントを保有すること
  • プロモーションサイトからの申し込み、または支店開設の場合はオファーコードを提示すること
  • 暦年ベースで他のセービングアカウントのプロモーションを受け取ったことがないこと

 

(コメント)

過去にChaseに口座を保有している方が制限の対象になるかは明記がありませんでした。以前のChecking口座のpromotionを見ていると、過去に口座を持っていた人は、今回の対象にならないと考えた方が良さそうです。

 

私はTargetされていたらしくChaseから手紙を受け取りましたが、ネットに転がっているリンクでも同じものを見つけたのでリンクを共有しておきます。

 

Chaseのオファー原文はこちらです。申し込みをされる方は必ずご一読されてください。

 

Bonus/Account Information: Savings offer is not available to existing Chase savings customers, those with fiduciary accounts, or those whose accounts have been closed within 90 days or closed with a negative balance. To receive the bonus: 1) Open a new Chase SavingsSM account, which is subject to approval; 2) Deposit a total of $25,000 or more in new money within 20 business days of account opening; AND 3) Maintain at least a $25,000 balance for 90 days from the date of deposit. The new money cannot be funds held by Chase or its affiliates. After you have completed all the above requirements, we’ll deposit the bonus in your new account within 10 business days. For a Chase SavingsSM account, the Annual Percentage Yield (APY) for all balances is effective as of 05/07/2018 and may change at Chase’s discretion. The APY is 0.01% for all balances in all states. Interest rates are variable and subject to change. Additionally, fees may reduce earnings on the account. You can only receive one new savings account-related bonus per calendar year and only one bonus per account. The bonus is considered interest and will be reported on IRS Form 1099-INT (or Form 1042-S, if applicable).

Account Closing: If the savings account is closed by the customer or Chase within six months after opening, we will deduct the bonus amount at closing.

 

口座の維持手数料に関する規約も確認必須です。

最低300ドル以上を維持しないと手数料を取られるとあったので、気にしなくて良いように私は開設時300ドル預けました。帰国の際は解約することになると思いますが、それまでSaving Accountを維持する限りはこの300ドルは預けっぱなしですね。

 

以前のChecking口座でも300ドルをもらったので、Chaseからは年間で600ドルを利息としてもらうことになります。ちょっとしたお小遣いです。

 

今回のプロモーションが前回よりも気楽なのは、なんといってもインターネットで手続きが完結することが大きいです。

チェッキング口座のときはバンカーに会いに行くのが条件だったので支店に出向きましたが、書面の確認等で結局1.5時間くらいは拘束されましたからね・・・もしかするとChaseの新規カスタマーの場合は支店に出向く必要があるのかもしれませんのでご確認ください。

 

まとめ

今日は、Chaseが5月中旬から新しく開始したビジネスチェッキング口座のプロモーションについてご紹介しました。

 

私も在米時代に何件も銀行口座のプロモーションはこなしましたが、その中でも今回のChaseのディールは相当好条件だと思います。

 

セービング口座の利息は金融緩和の余波で低位を推移しているため、コロナで現金を使う機会が減って資金が残っているという方は、今回のプロモーションはまさに「渡りに船」の案件になるはずです。

ぜひ活用されてください!

 

参考記事です。

 

記事の中でもご紹介したチェッキング口座開設プロモーションの解説記事はこちらです。銀行口座の開設は期間限定の駐在員にこそお勧めです。ぜひオファーをたくさん頂いて帰任したいものですよね!

過去にはこんな記事も書きました。銀行プロモーションで稼いだ不労所得の金額公開です。見ていただくとわかる通り、今回のプロモーションは1ショットでこれを上回る破壊力のある、とても良い案件だと思います。





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKenji@米国駐在員のカネとバラの日々をフォローしよう!

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻、0歳児の長男とニューヨークで3人で生活。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください