【2021年最新】ふるさと納税の体験シェア!絶対後悔しない海産物のお勧め寄付先+返礼品を10品紹介

Pocket

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

 

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

12月に入りましたね!2021年も年末の足音が聞こえてきたところで、今日のテーマはずばり「ふるさと納税」です。


Kenji

私が日本への帰任後約2年半の間に注文したふるさと納税の中から、これはお得だった!と感じたふるさと納税の返礼品の中から、海産物に絞って10品目を取り上げます!



ふるさと納税なら「楽天ふるさと納税」がお得!

ふるさと納税には取り組まれていますか?

 

今日は楽天でふるさと納税を行うメリットと、おすすめの返礼品先のご紹介です。

 

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税とはざっくり言えば、住民税の「前払い」が出来る制度です。

 

住所地以外の地方自治体に寄付を行うことで、その自治体から地場産品などの「返礼品」をお礼としてもらうことができます。

住民税の前払いには個々人の所得に応じた「枠」が存在しており、その「枠」(控除限度額)の範囲内であれば、自己負担2,000円で翌年の住民税の前払いを選択することができ、さらに「返礼品」をもらうことが出来る、というのがふるさと納税制度のシステムになります。


Kenji

もともと寄附文化のなかった日本に寄付の仕組みを根付かさせるためと、少子高齢化などで悩む地方自治体の税収アップのためにと総務省がスタートさせた制度で、税制改正によって平成27年(2015年)1月1日からそれ以前に比べて控除限度額(枠)がおよそ2倍に拡充されたことを受けて、一気に人気に火が付きました

日本在住のサラリーマンが出来る節税策としては取り組まない理由がない案件だと思います。

 

控除限度額の目安はシミュレーターで把握

ちなみに・・・税金の計算は詳細は複雑ですが、控除限度額の「目安」であれば大手ふるさと納税サイトはだいたいどこでもシミュレーターを用意してくれているので、簡単に目安を知ることができます。

 

以下は「楽天ふるさと納税」が提供するシミュレーターです。

・年収(給与の額)

・家族構成

・扶養家族

 

という3つの基礎データを入力することで、いくらまでの寄附であれば、自己負担2,000円まででふるさと納税を行うことができるのか、という「目安」金額を簡単に算出してくれます(かんたんシミュレーターへのリンクは>こちら<です。もちろん、利用は無料です)。


Kenji

サラリーマンが最も簡単に節税というか、お得な「納税」が出来るのがこのふるさと納税制度で、利用しない手はないお得なシステムです!

 

品ぞろえが圧倒的

私が、楽天ふるさと納税を推す理由は大きく二つです。

 

まず一つが、その品ぞろえの豊富さです。

 

以下は11月末のデータですが、楽天ふるさと納税にはざっくり1,350の自治体が登録しており、返礼品数の品ぞろえはな、なんと約30万点にも及びます。

これだけ品ぞろえが多ければ、「欲しい返礼品が見つからない・・・」ということはほとんどないと言ってよいでしょう。

 

ポイントアップでポイントがザクザク貯まる

おすすめの理由の2つ目は、楽天ポイントの貯まるスピードです。

 

楽天市場では、月1回から2回のペースで、「買いまわりセール」を実施します。

 

セールの種類にもよりますが、「買いまわりセール」では通常10店舗までの利用で、最大ポイントが10倍(10%還元!)までのポイントアップが見込めます。

 

この「買いまわり」には現状「楽天ふるさと納税」での寄付も含まれるため、寄付という形で住民税を納めると、最大で10%税金が節税出来るということを意味します。

 

下記は今年前半の私の楽天ポイントの実績です。

 

もちろん、この中にはふるさと納税以外の通常のお買い物で獲得したポイントも多数含まれていますが、だいたい私の買い物動向としては、「買いまわりセール」時に日用品の買いだめ+楽天ふるさと納税利用でポイントアップ(10%オフ)を狙ってお買い物を行っています。

高額商品の買い物をしているわけでも、無駄な買い物をしているわけでもありませんが、平均して毎月1万ポイント程度の大量ポイントを獲得することが出来ています。

 

その買い物テクの大きな一助となっているのが、「楽天ふるさと納税」なのです。

 

またぜひ注文したい「お値打ち」な海産物10品をシェア

では、ここからは実際に私が注文した中から「これはお値打ちだな・・・」と感じた返礼品を10品目シェアします。

 

2019年夏の帰任以降に実際に私が注文した品で、実際に寄付・頂いたものの中からピックアップしたものになります。


Kenji

我が家は肉より魚派の一家なので、海産物は毎年相当気合を入れて頼んでいます!

 

静岡県西伊豆町「大島水産の国産干物詰め合せセット」

まずトップバッターは、静岡県西伊豆町の「大島水産の国産干物セット」になります。

 

西伊豆町は私がふるさと納税を始めてから一番数多く寄付をしている町かもしれません。

 

2021年12月現在の内容は、

 

✓ 真あじの開き x 5

✓ 真ほっけの開き x 5

✓ 金目鯛の開き x3

✓ さばの文化干し x 5

✓ さばみりん干し x 3

 

となっています。

 

合計で21枚とたっぷり入っているので食べ応えもばっちりです。


Kenji

我が家では夕飯のメニューに困ったときの定番品です。苦笑

国産干物詰め合せセット

・寄付先  :静岡県西伊豆町

・寄付金額 :1万円

・ボリューム度:★★★★★

・お得度   :★★★★☆

→楽天Room経由で商品をご覧になる場合は>こちら

→直接楽天市場の商品ページに移行する場合は>こちら

 

鹿児島県大崎町の「鹿児島県産うなぎ長蒲焼2尾」

続いては、同じく鹿児島県大崎町の「国産うなぎ長蒲焼」。大振りの国産ウナギが2尾ついてきてとってもお得です。

 

うなぎは高級食材ですし、我が家には走り回る子どももいるのでうなぎ屋さんに入ってゆっくり鰻を頼むにはハードルが高い・・・

 

でも家で鰻をふかして食べるのであれば、周りに気兼ねをすることもなく、ゆっくりと楽しむことができます。


Kenji

2021年はこの鰻だけで3回頼みました!

2019年のふるさと納税人気ランキングでも3位に入賞したほどの人気品で、味はもちろんお墨付きです。

鹿児島県産うなぎ長蒲焼2尾

・寄付先  :鹿児島県大崎

・寄付金額 :1万円

・ボリューム度:★★★★☆

・お得度   :★★★★★

→楽天Room経由で商品をご覧になる場合は>こちら

→直接楽天市場の商品ページに移行する場合は>こちら

 

千葉県富津市の「ホンビノス貝 Lサイズ130g〜160g 計2.5kg」

続いては、千葉県富津市の「ホンビノス貝」2.5kgセット。

 

ホンビノス貝は名前こそあまり知られていないものの、大粒の貝で、クラムチャウダーお鍋などにおすすめ。

 

5千円というお手頃な寄附価格もうれしいですよね!


Kenji

芸能人がTVで言っていましたが、「ホンビノス貝」というネーミングが馴染みにくいだけで、もっとキャッチーな名称を付けていればずっと世に知られているであろう大振り・肉厚な貝の代表格です

ホンビノス貝 Lサイズ130g〜160g 計2.5kg

・寄付先  :千葉県富津市

・寄付金額 :5千円

・ボリューム度:★★★★★

・お得度   :★★★★☆

→楽天Room経由で商品をご覧になる場合は>こちら

→直接楽天市場の商品ページに移行する場合は>こちら

 

北海道釧路市の「北海道産・ししゃもセット 」

続いては、北海道釧路市の「オススメ食べ比べ。北海道産・ししゃもセット」です。

 

普段スーパーで手頃な価格で手に入るししゃもですが、その多くは正しくはキャペリンという海外品種だということをご存知でしょうか。

 

この返礼品はもちろん北海道産で、オスのししゃもとメスのししゃもが10尾ずつの合計20尾のセットになっています。

 

身も柔らかくて、匂いもGood!我が家では子ども向けの魚としても大きさが丁度良いので、リピして重宝しています。

 

北海道産・ししゃもセット

・寄付先  :北海道釧路市

・寄付金額 :1万円

・ボリューム度:★★★☆☆

・お得度   :★★★★☆

→楽天Room経由で商品をご覧になる場合は>こちら

→直接楽天市場の商品ページに移行する場合は>こちら

 

北海道根室市の「[生食可]カット済み生ずわいがに1.5k」

続いては、北海道根室市の「生ずわい蟹 1.5kg 」です。今日ご紹介する中では、寄附金がもこれが一番高額ですね!

 

冬の魚介類の王様と言えば、やはり「」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

私も蟹は大好物ですが、いつもおっくうなのが、やはり殻剥きです。。。

 

蟹は手を汚さずには食べられないと言うのが当然の考えで、殻剥きをしていると食事は冷めるし、そのうちにお腹もなんだかいっぱいになってしまった・・・という体験をしたことのある方は多いと思います。

 

この返礼品は、もともと下処理として半身分の殻がカットされた状態で届きます。


Kenji

お鍋などにはもちろん、パスタなどにもそのままぽんっと、入れることが出来るので本当に便利です。良い出汁が取れますよ!

なお、加工地は根室ですが、蟹の産地はロシアか、カナダになります。

 

[生食可]カット済み生ずわいがに1.5k

・寄付先  :北海道根室市

・寄付金額 :2.5万円

・ボリューム度:★★★★★

・お得度   :★★★★☆

→楽天Room経由で商品をご覧になる場合は>こちら

→直接楽天市場の商品ページに移行する場合は>こちら

福岡県新宮町の「冷凍天然むきエビ1kg」

続いては、福岡県新宮町の「天然むきえび 冷凍1kg」です。

 

既に殻が剥いてあるのでさっと料理に使えるのはもちろん、一つひとつの身が大ぶりで食べ応えがあります。加熱すると消えてなくなってしまうような冷凍エビとは違いますね!

 

もっとも、背わたを抜く処理まではしていないので、最後の一手間は必要になります。


Kenji

我が家は上のカニと合わせて、パスタの具として使ったり、時にはガーリックやキノコ類と炒めてシュリンプバーガーを作って食べたりもしています。ぷりぷりしていてとっても美味しいですよ!

天然むきえび 冷凍1kg

・寄付先  :福岡県新宮町

・寄付金額 :1万円

・ボリューム度:★★★★★

・お得度   :★★★★☆

→楽天Room経由で商品をご覧になる場合は>こちら

→直接楽天市場の商品ページに移行する場合は>こちら

 

北海道鹿部町の「漁師応援プロジェクト! 魚介類 冷凍  海鮮 海産 詰め合わせ 鮮魚セット」

続いては、北海道鹿部町の「漁師応援プロジェクト! 魚介類 冷凍  海鮮 海産 詰め合わせ 鮮魚セット」です。

 

こちらは2021年に初めて寄付をしましたが、実は一番「当たり」の返礼品だったかもしれません。

 

カマスやカレイ、ホタテ貝など、とても鮮度の良い旬の魚がはるばる北海道から冷凍クール便で届きました。


Kenji

旬の魚を入れてくれるということで、イカやほっけ、鯖、イワシなどが入ってくるようです

鮮度は折り紙付きで、子どもも喜んで食べてくれました。

スーパーでは手に入らない、あるいはあまり手に取らないような魚が届くことで、普段とは違った魚が食卓に並ぶのも魅力ですね!

 

ちなみに・・・中に入っている魚介類は、中わたなどはそのままで、下処理はされていないことには注意が必要です。

 

とはいっても、こんな感じで、解凍方法・調理方法を記した紙が同封されていますので、普段料理をされる方であればそこまで困ることはないと思います。

(写真をクリックすると拡大します)

漁師応援プロジェクト! 魚介類 冷凍  海鮮 海産 詰め合わせ 鮮魚セット

・寄付先  :北海道鹿部町

・寄付金額 :1万円

・ボリューム度:★★★★★

・お得度   :★★★★★

→楽天Room経由で商品をご覧になる場合は>こちら

→直接楽天市場の商品ページに移行する場合は>こちら

 

北海道千歳市の「佐藤水産 鮭ルイベ漬130g x 3個」

続いてはこちらです。北海道千歳市の「佐藤水産のルイベ漬け130g x 3個」。

 

ルイベ漬けとは、北海道の鮭とイクラを鮭醬油が入ったタレに漬け込んだ珍味のことです。

 

味付けは少し強めで、白米が止まることなく次々に駆け込みたくなる味付けです。苦笑

 

佐藤水産は鮭を始めとした魚介を専門で扱うお店として、北海道でも有名な老舗です。下記のエントリで詳しくご紹介しています。

佐藤水産の「鮭ルイベ漬130g x 3個」

・寄付先  :北海道千歳市

・寄付金額 :1万円

・ボリューム度:★★★☆☆

・お得度   :★★★★☆

→楽天Room経由で商品をご覧になる場合は>こちら

→直接楽天市場の商品ページに移行する場合は>こちら

 

北海道白糠町の「いくら醬油漬け 450g」

続いては、北海道白糠町の「いくら醬油漬け 450g」です。

 

ここのいくらは、無数にある楽天ふるさと納税の中にあって「すべてのお礼の品 総合ランキング(リアルタイムランキング)」で1位を取ったこともあるほどの人気品です。

 

225gという分量は、いくら丼にして3杯分、軍艦なら30貫分に相当するボリューム感です。

それが2つ入っているので、たっぷり楽しむことができます。


Kenji

白糠町は釧路と、浦幌町の間くらいに位置する港町です。私は恥ずかしながらふるさと納税を通じて初めて知りましたが、こういう「ご縁」もふるさと納税の楽しみの一つだと思います

いくら醬油漬け 450g(鱒卵)

・寄付先  :北海道白糠町

・寄付金額 :1.1万円

・ボリューム度:★★★★★

・お得度   :★★★★☆

→楽天Room経由で商品をご覧になる場合は>こちら

→直接楽天市場の商品ページに移行する場合は>こちら

 

石川県七尾市の「能登かき むき身 900g – 1kg」

最後は、石川県七尾市の「能登かき むき身900g – 1kg」です。

 

かきは我が家では妻が大好物なのですが、やはりこちらもちょっとおっくうなのが殻剥きです。

以前私も殻付きのかきを処理する際、手を切ってしまったことがあって、5年以上経った今でも苦い思い出として残っています・・・

 

こちらのかきは、予め「むき身」として殻が処理済みで届くため、処理を考える必要がないのがおすすめポイントです!

なお、加熱調理用の商品である点にはくれぐれも注意してくださいね。

 

能登かき むき身 900g – 1kg

・寄付先  :石川県七尾市

・寄付金額 :1.1万円

・ボリューム度:★★★★☆

・お得度   :★★★★☆

→楽天Room経由で商品をご覧になる場合は>こちら

→直接楽天市場の商品ページに移行する場合は>こちら

 

まとめ

本日は楽天ふるさと納税を利用するメリットと、おすすめの海産物の返礼品を10品ご紹介しました。

 

特に給与から税金が天引きされてしまうサラリーマンにとっては節税の余地は著しく限られており、そんな中にあってふるさと納税の利用は、数少ない節税策になります。

 

いままで海外在住でふるさと納税を利用してこなかった・・・という方も、日本へ帰国後はぜひ利用を検討されてください。

 

参考記事です。

 

だいぶ古い記事にはなりますが、私は以前このふるさと納税で大失敗をしたことがあります・・・。これから海外赴任の予定がある方、転職やFIREなどで収入がガクンと落ち込む可能性がある方は、ぜひ下記のエントリを参考にしてください。

同じ楽天経済圏をご紹介するエントリでは、以下のような記事も書いています。








 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKenji@米国駐在員のカネとバラの日々をフォローしよう!

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ・ニューヨークに駐在して2019年7月に日本へ帰任。 ニューヨークでは長男に恵まれ、妻と3人でマイル&ポイントを駆使しながら旅行を満喫。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください