ダイヤモンドメンバーならフリーアクセス!ヒルトンバルセロナ(HIlton Barnelona)のエグゼクティブラウンジ紹介

Pocket

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

ヒルトン・バルセロナの宿泊記の第2回。今日はエグゼクティブ・ラウンジについてご紹介します。

我が家は、3泊したうちの2日間このラウンジにフルでお世話になりました。ちょっとした小腹満たしと、ドリンクがフリーで取れて大変使い勝手のよいラウンジでした。


Kenji

ダイヤモンドメンバーならアサインされる部屋にかかわらずラウンジへのフリーアクセスも保証されてお得です




ヒルトン・バルセロナのラウンジ情報

まずラウンジの基本情報からご紹介します。

 

エグゼクティブラウンジは、「エグゼクティブ・フロアの宿泊者」または、「ヒルトンダイヤモンド会員」であれば無料で利用が出来ます。

 

場所と営業時間

ヒルトンバルセロナのエグゼクティブラウンジは、ホテル4階にあります。

 

営業時間:朝7時~夜10時

 

〇朝食 / 7:00am ~ 10:00am

〇カクテルタイム / 6:00pm ~ 8:00 pm


Kenji

施設によってはアフタヌーンティーを提供するヒルトンもありますが、ヒルトンバルセロナにはアフタヌーンティーの提供はありません

 

ラウンジの様子

では、さっそくラウンジの様子を写真とともにお伝えします。

 

ラウンジは2つのスペースに分かれています。

まず入って正面はテーブル席です。ゆったりとした作りのように見えますが、ディナータイムにはこれが人でいっぱいになります。

そして右側にはソファースペースが別に設けられています。

手前の作業デスクにはスマートフォン用の充電ケーブルも用意されています。前のエントリで紹介した通り、部屋には日本式のプラグがないので、これも大変便利ですね。

フルーツバスケットも置いてありました。

 

ラウンジの混雑状況

ラウンジの混雑状況ですが、カクテルタイムのみかなり混みあいます。

週末にはテーブル席がほぼいっぱいになるほどで、出されたミールも1時間後くらいにはほとんどのものが品切れという状況でした。

 

食事がなくなった後もワインなどはしばらく飲み放題のため、かなりのゲストが詰めかけていました。

 

カクテルタイム以外はほとんどゲストもおらず、ゆったりとスペースを使うことが出来ました。

 

ヒルトン・バルセロナのラウンジのミール・ドリンク紹介

出されるミールは季節や時間帯によって異なります。今回は、実際に宿泊した2019年5月のラウンジの様子をご紹介します。

 

朝食時

朝食は

我が家は3日とも下のレストランで取りました。

 

 

 

アフタヌーンティー

前述のとおり、ヒルトン・バルセロナにはアフタヌーンティーの設定はありません。

 

ディナータイム

続いてディナータイムです。

この日に並んだのは、まずは各種サンドウィッチ。チキンサンドウィッチにサラミサンド、ベジタリアンサンドウィッチもありました。

揚げ物類と、オムレツを小さくスライスしたおつまみも並びます。

我が家はスペイン初日が雨で、どこにも行く気がなかったので、ラウンジで夕食を済ませました。

結構人数が多くて、一時間もすると食べ物類はほとんどなくなっていました。


Kenji

ラウンジで食べ物を取りたいという方は早めに行くのが吉です

 

ドリンク類

続いてドリンクメニューです。

 

冷蔵庫やコーヒーマシンはラウンジが解放される時間帯、いつでも利用することが出来ます。ちょっとした一息を入れるのに最適ですね!

アルコール類はビールにワイン、それにカクテル類が数種類おいてあります。

つまみとしてクッキーやシリアルバーなどが置いてあります。


Kenji

我が家はお酒はほとんど飲みませんが、お酒好きにはたまらないスペースでしょうね。もう少しつまみがあると、もっと酔っ払いが喜ぶ場所になると思います。苦笑

 

まとめ

今日は、ヒルトンバルセロナのエグゼクティブ・ラウンジをご紹介しました。

 

総評して、作り自体は比較的こじんまりしているものの、天井が高いからか圧迫感がなく、むしろゆったりとくつろげる空間だったと思います。

ディナータイムの種類がもう少し多くなるとありがたいところですが、利用するゲストの数を考えると、このくらいが採算が取れるちょうどのラインなのかもしれません。

ヒルトン・バルセロナは部屋の間取りがやや窮屈なので、その分ラウンジをリビングの延長のように使えるとよりゆったりとしたステイを楽しめると思います。

 

参考記事です。

 

私がダイヤモンドメンバーになったのは、Hilton Aspireというクレジットカードを発行したためです。

そのヒルトンクレジットカードですが、ついに一部のカードがリファーラル経由でのボーナスを下げ始めました。詳しくはこちらのエントリをご参照ください。

Hilton Aspireは、同じAmex発行のラグジュアリーカードであるBonvoy Brilliantと比べてもカードベネフィットが大きく上回るとても優れたカードだと思います。以前こちらの記事で比較検討をしています。







 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKenji@米国駐在員のカネとバラの日々をフォローしよう!

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻、0歳児の長男とニューヨークで3人で生活。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください