【宿泊記】ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート アクセスから部屋の様子、アメニティ、ダイヤモンドステータスでのルームアップグレードの状況など

Pocket

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

今日はヒルトンのホテル紹介。沖縄県の北谷にある「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」への宿泊記です。

オーシャンビューのリゾートホテルで、空港からタクシーならわずか40分と抜群のアクセスを誇るリゾートです。


Kenji

ダブルツリーブランドのこじんまりとした居心地の良さと、リゾート地ならではの解放感の両方を兼ね備えたヒルトン系列ホテルです。新しくてとても快適な滞在でした!



ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾートの場所とアクセス

ホテルの場所

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾートは、那覇空港から車で沖縄西海岸道路を利用して約40分。北谷町美浜にあるオーシャンビューのリゾートです。

 

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート(DoubleTree by Hilton Okinawa Chatan Report)

・住所: 沖縄県中頭郡北谷町美浜43

・TEL:098-901-4600

・チェックイン15:00、チェックアウト12:00

・駐車場:あり(109台)

・客室数:160室

 

>>ヒルトン公式サイトで「DTヒルトン沖縄北谷リゾート」をチェックする

>>じゃらんで「DTヒルトン沖縄北谷リゾート」をチェックする

>>Yahoo!トラベルで「DTヒルトン沖縄北谷リゾート」をチェックする

>>Hotels.comで「DTヒルトン沖縄北谷リゾート」をチェックする

>>アゴダで「DTヒルトン沖縄北谷リゾート」をチェックする

ホテルへのアクセス

冒頭触れた通り、車でのアクセスの場合、ホテルは空港から約40分の場所に位置しています。

 

レンタカーで向かう場合、最寄りは沖縄自動車道「沖縄南IC」で、そこから県道23号(国体記念道路)を使って北谷方面へ約15分でホテルへ到着します。

 

ホテルの駐車場は約109台。敷地内に駐車場があり、宿泊客は無料で利用が出来ます。


Kenji

ちなみに、隣の「ヒルトン北谷リゾート」は駐車場が200台分あるため、そちらよりはやや少なめです

 

また、DTヒルトン北谷リゾートへは車の他、路線バスやリムジンバスを利用してのアクセスも可能です。

路線バスでお越しの場合

那覇空港から120番を利用し、『桑江』で下車、徒歩15分。
所要時間約1時間。

有料リムジンバスについて

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾートと那覇空港を結ぶ有料リムジンバスが運行しています。
乗車券は、空港到着ロビー内のリムジンバス案内センター、もしくはダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾートで販売しております。
リムジンバスご利用はこちらから。

我が家は今回、往復ともに120番の路線バスで移動しました。

 

ホテルの周辺事情

ホテルのすぐ裏手には、同じヒルトン系列の「ヒルトン沖縄北谷リゾート」が位置しています。

 

この2つのホテルは同じヒルトン系列ということもあり、ホテル内のジムやプールなどを相互に行き来して楽しむことが可能です。

 

長く滞在するファミリーにとっては、気分転換に別のリゾートを気楽にホテル・ホッピングも出来るため、こちらもヒルトン派にとっては楽しみの一つということが出来そうです。

 

高さはヒルトン北谷リゾートの方が9階建てとぐっと高い位置にありますが、目の前のオーシャンビューを楽しむのであればダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾートの方をアレンジするのがおすすめです。


Kenji

実際、我が家は、今回「ヒルトン北谷リゾート」と2つのホテルをホッピングをしてホテルステイを楽しみました!

 

アメリカンビレッジ

北谷には、「アメリカンビレッジ」という名称の、アメリカをほうふつとさせる飲食店・アパレル、フードトラックなど数10軒が軒を連ねる一帯があります。


Kenji

たくさんのお店が出ているため足を使ってぶらぶらするだけでもちょっとした異国情緒が味わえて楽しめますね!

 

アメリカンビレッジへはホテルからも10分程度のため散歩にはちょうどよい距離ですが、子連れで疲れてしまった・・・なんて方には、シャトルカートも便利です。

日にち・時間帯が限定にはなりますが、無料で利用できるためこちらも周遊にはおすすめです。

 

ホテルの外観

ホテルレビューへ戻って、外観からご紹介します。

 

ホテルは、北谷町美浜の海岸線に沿って南北に延びるような、細長いタイプの設計です。

こちらはビーチサイドから撮影した一枚ですが、見ていただいてわかる通り、オーシャンビューを楽しむことのできる部屋が数多くあるデザインになっています。

ホテルの目の前は「デポアイランド」というアメリカンビレッジの一角にある商業施設まで繋がる遊歩道になっています。

 

早朝や夕方はジョギングを楽しむ方や、沖縄民謡を演奏する人など、思い思いの楽しむ地元民と、旅行客でにぎわいます。日本とは思えないような、ゆったりとしたとても良い雰囲気で、私は大好きでした。

ホテル正面へ移りましょう。

 

正面には「ダブルツリー」ロゴマークの入った看板が目に入ります。

 

DTヒルトン北谷リゾートは5階建てと低層の作りになります。すぐ奥にある「ヒルトン北谷リゾート」からのビーチの景観を損ねることがないよう、配慮された設計なのだと思います。

もちろん、こちらでも沖縄のリゾートらしく、シーサーが出迎えてくれます。

白と青を基調としたホテルデザインは沖縄の海のイメージにぴったりで、リゾート地にあるホテル、といった印象を強く受けることができます。

 

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾートの施設紹介

続いて、ホテルの施設を紹介します。

 

ロビーとチェックイン

エントランスはホテル1階、入り口を入って左奥にあります。

チェックインカウンターからロビーを見やった様子です。

低層階の作りが影響しているのはもちろんですが、天井も比較的低くて、アットホームな雰囲気のホテルになります。

チェックインロビーのすぐ横にあるラウンジスペース。飾られているツリーは雪をイメージしたホワイトツリーになっていました。

チェックインの際には、後でご紹介するダブルツリー恒例のチョコチップクッキーはもちろんのこと、子ども向けにちょっとしたおもちゃも頂くことが出来ました。


Kenji

子どもはとても喜んでいました。どうもありがとうございます

 

ジム

DTヒルトン北谷リゾートには、フィットネスジムはありません。

 

その代わりに、すぐ隣にある「ヒルトン北谷リゾート」のホテル1階にあるジムを利用することが可能です。

 

プール

DTヒルトン北谷リゾートには、2つの屋外プールがあります

 

屋外プールの概要

・営業期間 :毎年3月ごろ~10月末ごろまで
・場所   : ホテル1階(屋外)
・プールの水深:大人用:1.25m、子供用:0.15~0.90m
・利用料金 :無料(宿泊者のみ)
・無料レンタル :タオル、浮き輪、ビート板、アームヘルパー等浮き具

 

大人用のプールは水深1.25m。

ビーチ沿いというロケーションはもちろんのこと、周囲には高いビルなどもないため、夏にここで泳いだら解放感があってとても気持ちよいでしょうね!

プールサイドから内陸を見やると、そこには「ヒルトン北谷リゾート」のホテル施設がそびえたっています。

プールの脇には、子ども向けに滑り台などのちょっとした遊具もあります。プールには入れませんでしたが、この遊具では我が家の子どもも少しだけ遊ばせてもらいました。

子ども用プールには、写真奥に見えるようなスライダーが設置されています。

水深は最大90㎝に設計されており、子どもも安心して楽しむことができそうです。

 

なお、ホテル宿泊者の場合、隣にある「ヒルトン沖縄北谷リゾート」のプールも利用することが可能です。

 

もちろん、海はすぐホテルの目の前ですし、子連れには水遊びをいっぱいに楽しめる空間となること間違いなしです!

 

ランドリースペース

ホテルには、ランドリースペースもあります。

場所はホテル2階です。

夏場は汗もかくでしょうし、プールもあるのでコインランドリーがあるのはありがたいですよね。

 

ホテル内部の紹介の最後は施設全体のイメージ図です。

 

ホテルはサウスとノース2つの建物に分かれており、2階~4階が宿泊棟になります。テラス付きのお部屋は2階のみなので、高層階がエグゼクティブフロアになっているというわけでもありません。

 

ルーフトップバー

続いては、外の施設をご紹介します。

 

DTヒルトン北谷リゾートの魅力のひとつが、宿泊客なら誰でもアクセスが可能なルーフトップバーです。

 

・名称  :43ウェスト ルーフトップバー

・場所  :ホテル3階

・営業時間:毎週土曜営業 17時~21時

(※年末年始などは追加営業になることがあります)

・営業内容:バー

 

ルーフトップバーへは、ホテル1階の外側にある大階段を通じてか、2階のレストランダイニング「マティーラ」を抜けて階段を3階へ上がってアクセスする形になります。

現在はコロナの影響もあって営業を縮小していますが、吹き抜けの空間は沖縄の風を楽しむには持ってこいのスペースです。

我が家が滞在した日はバーは営業していませんでしたが、しばし夕暮れをこのスペースで楽しませてもらいました。

すぐ後ろには、姉妹ホテルの「ヒルトン北谷リゾート」。ホテルの全景を眺めるには、ルーフトップバーからが一番うってつけかもしれませんね。


Kenji

眺望はもちろんのことながら、吹き抜ける沖縄の風が本当に気持ちいいです。夏場はここでディナーやカクテルタイムを楽しむゲストであふれかえるでしょうね!

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾートの部屋紹介

続いて、お部屋の紹介です。


Kenji

また後で触れますが、ヒルトンのダイヤモンドパワーで「プレミアムルームオーシャンビューwithテラス」へとアップグレードして頂けました

部屋の内部

まずは、部屋内部の様子です。

 

「プレミアムルームオーシャンビューwithテラス」のお部屋は、定員3名、表記上広さが30㎡となっていますが、テラスも含まれる形になるので室内の専有面積はそこまで広くありません。

ベランダ側から撮影したのがこちらの1枚。小さなソファと、左側には作業スペースのテーブルがあります。

キングベッドのサイズは、200cmx180cm。子どもを添い寝するにはギリギリのサイズ感でした。もっと言えば、未就学児の添い寝でも少し狭く感じたのが正直なところかもしれません。

 

テレビは壁掛け式。テーブルは作業スペースとしては少し物足りないかもしれませんね。。

私は滞在中一度仕事の電話会議がありましたが、その際はバルコニーを使用しました。

 

収納スペース

収納スペースは金庫やアイロンなども収納されたワードロープが1セット。それにチェストがついています。

チェストにはパジャマの用意もありました。セパレートタイプのものでお隣の「ヒルトン北谷リゾート」とおそろいのデザインです。

個人的にはこのパジャマはかなり着心地が良くて、いままで宿泊してきた数あるホテルの中でも指折りのお気に入りです。

もちろん、バスローブの用意もありました。

 

冷蔵庫とミニバー

続いて、冷蔵庫とミニバーの紹介。

例によって、冷蔵庫はからのタイプ。

ミニバーコーナー。インスタントコーヒーにティーパック、お茶など。よくホテルにあるワンセットです。

プレミアムフロア限定なのかはわかりませんが、ネスレのコーヒーメーカーも備え付けられていました。

ミネラルウォーターのボトルがデフォルトで5本入れてもらえていたのは子連れの我が家にとってはありがたかったです。

 

ウェットスペース

続いて、ウェットスペースへ移動します。

 

洗面ボウルはシングル式。ダブルツリーというブランド柄仕方ないのえしょうが、スペースが狭くて子どもの脱ぎ着などの際にちょっと苦労しました。。

シャワールーム。もちろん、バスタブ付き。シャワーは天蓋からのものと壁掛け式で2本仕様になっていました。


Kenji

水回りには特に圧迫感を感じました。よく言えば、限られた空間をうまく使って配置しているシティ派のリゾートホテルという印象です

最後は、トイレです。

施設自体が新しいと言うこともありますが、とてもきれいに手入れがされており、清潔感がありました。

 

アメニティ

アメニティの紹介。

 

アメニティは、ヒルトンではおなじみのCrabtree & Evelynです。

子ども向けに用意してくれた幼児向けの歯ブラシも沖縄仕様。写真には小さくしか映っていませんが、アヒル型のボディスポンジが2個置かれていて、お風呂の際子どもに遊んでもらうことが出来ました。

そして、ダブルツリーと言えば忘れてはいけないのがこの「チョコチップクッキー」ですね!

 

ホテルごとに少しずつ味が違って、こちらのホテルではチョコチップが多めになっていました。また、クッキーと合わせてダイヤモンドメンバー向けの追加アメニティとしてお隣「ヒルトン北谷リゾート」でも取り扱っている塩プリンと、ソフトドリンクもいただきました。

ワンドリンクのメニューがこちらです。アルコールメニューとして、オリオンビールなども選ぶことができます。

ルーフトップバーが空いている期間内なら、バーでのワンドリンクチケットにも代えられるようです。

 

テラス&オーシャンビューの様子

最後に、何よりDTヒルトン北谷が素晴らしかったのがやはりこのテラスと、オーシャンビューです。

2階のオーシャンビュー、かつホテル自体が海の目の前という絶好のロケーションで、テラスから一望できる海の様子には子どもも興奮しきりでした。

丁度宿泊した日 が晴天に恵まれたということもありますが、テラスから眺める夕日は妻も相当気に入っていたようです。

 

最後にフロアマップも掲載しておきます。見ていただくとわかるとおり、大半はオーシャンビューですが、一部シティビューの部屋も用意されており、そちらはヒルトンのリゾート施設としてはかなりリーズナブルな価格で宿泊することが可能です。

(こちらはホテルの案内レターです。画像をクリックすると拡大します)

その他、ホテルの情報は下記公式ページでも紹介がされています。

 

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾートのコストパフォーマンス

最後に、ホテルのコストパフォーマンスについて考えてみたいと思います。

 

アップグレードの状況

DTヒルトン北谷リゾートには、大きく以下のお部屋タイプが設けられています。

 

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾートの部屋タイプ

・ゲストルーム(キング、ツイン) ←予約したお部屋

・ゲストルームシティービュー(キング、ツイン)

・ファミリールーム(ツインベッド)

・ゲストルームオーシャンビューwithバルコニー(キング、ツイン)

・プレミアムルームオーシャンビューwithテラス(キング、ツイン) ←実際に宿泊したお部屋

・キングベッドユニバーサルルーム(バリアフリールーム)

・スイートルーム

 

今回は一番下のランクの「ツインゲストルーム」を予約していましたが、実際にアサイン頂いたのは、「プレミアムルームオーシャンビューwithテラス」でした。

 

スイートルームを除くと一番上のクラスのお部屋で、12月のバケーションシーズンとしてはとてもありがたいアップグレードでした。

 

また、今回は10月下旬に「事前アップグレード通知」が導入されて以来初めての宿泊でしたが、滞在3日前にはアップグレードが確約された旨の連絡を頂くことが出来mアプリ上でもプレミアムルームへと滞在予定先が変わっていました。

宿泊コスト

今回はポイントでの宿泊アレンジの1泊のみの滞在でした。

 

有償宿泊では直前の検索で約2.2万円(フラッシュセール考慮前の価格)、それに対してポイント泊分として3.8万ポイントを使いました。

ポイント単価はアップグレード考慮前で0.59円/ptの計算です。

 

11月下旬に予約の撮り直しで3.8万ポイントまで必要ポイントが落ちたことに気づけたのも大きかったです。


Kenji

アップグレード後のお部屋の価格は3.3万円程度で出ていたので、今回も良いポイントの使い方が出来たと思います

 

宿泊した感想

実際に宿泊しての感想ですが、一言で「快適そのもの」の滞在でした。

 

設備は新しくてクリーンですし、ホテルスタッフには比較的小規模のホテルだからこそできる一人ひとりへのゲストへの気遣いが感じられました。

 

びっくりしたのが、後日「ヒルトン北谷リゾート」に宿泊した際、ダブルツリーからの応援で来ていたスタッフに子どもを名前で呼んでもらいました

もちろん、そのスタッフ個人のホスピタリティによるものなのかもしれませんが、大きなホテルではこうは行かないと思います。

 

写真では紹介しきれませんでしたが、子どもには小さなクリスマスギフトまでいただきました。

会話にもゲストをもてなそうという気持ちがあふれていて、1泊と短い滞在でしたが気持ちの良いサービスを受けることが出来たと思います。

 

強いて上げるなら、洗面やバスルームなど、スペースが限られている部分が随所に感じられました。1,2泊なら全く問題ないレベルですが、長期滞在には(特にテラススペースのない部屋などは)少し向いていないかもしれません。

 

もっともこれは「ダブルツリー」というホテルブランドの位置づけによるところが大きいので、それを理解した上でのホテルステイであれば十分に快適なホテルステイを送ることができるはずです。

 

お得に宿泊するために

最後に、ホテル公式サイト経由で予約を入れる際には、必ずポイントサイト経由で予約を入れるようにされてください。

 

状況によりますが、1~7%程度のキャッシュバックが受けられるので大きいです。


Kenji

私個人的には、国内のポイントサイトならモッピー、海外サイトでも抵抗がないようであればRakuten か、Topcashbackの利用がおすすめです

特にRakuten はまだまだ登録されていない方も多いと思いますが、以下のエントリなどを参考にぜひ活用されてみてください。

 

・日本在住の方向けのRakutenの解説は>こちらのエントリ

・アメリカ在住の方向けのRakutenの解説は>こちらのエントリ

 

なお、Go Toトラベルを併用する際は、ヒルトンではホテル特設サイトからの予約が必要なことも多いため、この点には気を付けてください。

 

まとめ

今日は沖縄県は北谷にある「ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート」の宿泊記を写真付きでご紹介しました。

 

たくさんの写真とともにレビューしましたが、やはりリゾートのホテルは良いですよね!

記事を書いていても色々と紹介したい点が出てきますし、写真を見るにつけてまたすぐに沖縄の「風」を感じにホテルを訪れたくなりました。

 

空港からのアクセスも至便で、レンタカーを借りずともリゾートに行くことのできる立地も◎。おすすめです!

 

ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート(DoubleTree by Hilton Okinawa Chatan Report)

・住所: 沖縄県中頭郡北谷町美浜43

・TEL:098-901-4600

 

>>ヒルトン公式サイトで「DTヒルトン沖縄北谷リゾート」をチェックする

>>じゃらんで「DTヒルトン沖縄北谷リゾート」をチェックする

>>Yahoo!トラベルで「DTヒルトン沖縄北谷リゾート」をチェックする

>>Hotels.comで「DTヒルトン沖縄北谷リゾート」をチェックする

>>アゴダで「DTヒルトン沖縄北谷リゾート」をチェックする

 

参考記事です。

 

ホテルを選ぶ際、ポイント利用による特典宿泊にするのか、それとも現金を支払っての有償宿泊にするのかを悩まれる方は多いと思います。そんな方向けに、以前ヒルトンポイントの有効活用を考えたのが以下の2つの記事になります。

今回一泊分についてはポイントで手配しましたが、このポイント泊については以下で解説したテクニックを使って必要ポイントを3.8万ポイントまで引き下げることに成功しました。ポイント泊をいままで手配したらそのままにしていた・・・という方は、ぜひこのテクニックを持ち帰ってみてください。








 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKenji@米国駐在員のカネとバラの日々をフォローしよう!

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ・ニューヨークに駐在して2019年7月に日本へ帰任。 ニューヨークでは長男に恵まれ、妻と3人でマイル&ポイントを駆使しながら旅行を満喫。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください