アメリカ陸マイラー界の重大ニュース・トップ5(2021年第4四半期)

Pocket

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

さて、新年最初の記事は、定点観測の振り返りです。

2021年第4四半期に北米で話題に挙がったマイル&ポイント界隈の重大ニュースを振り返ります。


Kenji

この第4四半期は、ポストコロナで経済が正常化に向かう中で、マイル&ポイントにもdevalue改悪のニュースが続きましたね・・・2022年の新しい年を皆様はどのような意気込みで陸マイラー活動に取り組むか、今日の記事をご覧いただきながら考えてみてはいかがでしょうか



第5位:アメプラリフレッシュと限定デザインの発表

まず第5位には、カードリフレッシュがアナウンスされた 「AMEX Business Platinum」(アメプラ)の話題を選びました。

 

アメプラは7月にパーソナル版がリフレッシュされたことで相当な話題を呼びましたが、これに遅れること約3か月、10/15にリフレッシュがアナウンスされました。

リフレッシュにより年会費は595ドル→695ドルと100ドル値上がりしましたが、年会費の値上げだけは1/13/2022からの申請分からのEffectiveと遅れてのスタートとなりました。

 

リフレッシュ後のベネフィットは明らかにリフレッシュ前に比べて良くなっているので、狙っていた人にとっては年会費値上がり前にアプライするのが妙味があります。


Kenji

ベネフィットだけが先行する形でリフレッシュされて、年会費は後日申請分からEffectiveになるというのは私もあまり記憶にない稀有な例だと思います.。リファーリンクを探している方は>こちら<を利用されてみてください

ちなみに・・・

 

アメプラ繋がりでもうひとつこの3か月の間に話題になったのがこちらのパーソナル版の限定カラーです。

この限定カラーは今月1月20日より申請が可能になる(通常版とのデザイン選択ができるようになる)ようです。

 

アメックスゴールドもローズゴールド版が出て大変な人気になりましたが、アメプラのカラフル版にもDoCの記事などには130件を超えるコメントが寄せられており、関心が高いことが伺えます。

 

第4位:ハイアットがシーズン制をスタート

第4位には、ハイアットのシーズン制スタートの話題を選びました。

 

元々ハイアットのシーズン制の話題は2019年から取りざたされていたもので、当初は2020年3月からの導入予定でした。

それが、皆さんも知ってのとおりコロナが直撃した関係で、何度も導入が延期されて、当初予定から一年半以上が経過した2021年10月26日からスタートした格好です。

通常プログラムの改訂は会社側に都合の良いように行われるため、会員であり、利用者である私たちの立場から考えると改悪になります。

が、導入後に聞かれたのは、比較的シーズン制の適用状況が良心的という声が目につきました。

長引くコロナの余波でまだ稼働状況がノーマルに戻っていないことも手伝ってか、必要ポイントがむしろ下がったので予約を取り直したという声も多く聞かれました。

 

コロナ下でもホテルランクを強気にアップしたり、ダイナミック・プライシングへの移行をアナウンスしたりとわが道を行く最大手マリオットグループの対応とは対照的で、感覚的には北米では陸マイラーがマリオットからハイアットへと大移動を起こしている動きが見て取れます。

 

第3位:ホテルグループのステータス延長

第4位には、第3四半期に続いてアナウンスされたホテルグループのステータス延長の話題を選びました。

 

大手ホテルチェーンの中でまず最初にステータス延長をアナウンスしたのは、ヒルトングループでした。

9月下旬のアナウンスは最速で、他のグループの追随を予感(&期待)したのは私だけではなかったはずです。

 

そのヒルトンに遅れること約1ヶ月、続いてアナウンスを出したのがマリオットです。

ありがたかったのがSNA無料宿泊券の延長措置で、せっかく獲得したナイトアワードが使えずじまいになっている方にとっては朗報だったことと思います。

 

他方で、2022年のエリートステータス獲得のための条件がどうなるか(=「下駄」の付与があるのかどうか)については一切触れられていませんでした。

 

続いて発表したのがIHGグループです。

このアナウンスにより、ハイアットを除く大手ホテルチェーン(ヒルトン、マリオット、IHG、ACCOR)のステータスが2022年度も延長されることに決まりました。


Kenji

Hyattから延長のアナウンスが出なかったのは、2021年にプロモーションでグローバリスト組が大量に誕生したことと無縁ではなさそうですよね

 

足元では新しい変異株「オミクロン」の動向がまだ不透明なこともあり、2022年も過去のようにホテルステイを気軽に楽しむことが出来る日々が戻ってくるのか、不安を抱えたままの状況はもうしばらく続きそうです。

 

第2位:マリオットがダイナミックプライシング導入へ

第2位には、マリオットのダイナミック・プライシング導入の話題を選びました。

 

マリオットは、ご存知の通り2019年2月にSPGグループとの統合後に「マリオット・ボンヴォイ」という新しい会員プログラムをスタートさせました。

 

シーズン制がスタートされたのは、そこから遅れること約半年後の2019年9月14日のことでした。

 

「カテゴリー8」の登場と、ピーク時の10万ポイントという超強気な必要ポイントに、めまいを感じた人も少なくなかったことと思います。

カテゴリー制スタートから2年が経過して、マリオットが2021年10月に「次なる一手」として打ち出した改悪が、ダイナミック・プライシングの導入です。

 

ダイナミックプライシングの導入は、上でご紹介したエリートステータスの延長と抱き合わせでアナウンスされました。

木を隠すなら森の中・・・ではないでしょうが、改悪ニュースをエリートステータスの延長/救済措置という会員が喜ぶニュースに混ぜ込んでくるあたり、いかにもマリオットがやりそうなことだな、、、というのが第一印象でした。

 

このダイナミックプライシングの導入は、2022年3月にeffectiveになります。

つまり、あと2か月ちょっとで、上に掲載したチャート表が消えて無くなり、有償価格に連動した必要ポイントが表示される仕組みに切り替わるということです。

 

これがどこまで精緻なシステムなのか、ポイントの「妙味」が全くなくなってしまうのか、疑問は色々と付きませんが、マリオットポイントを持っている方は、まずはスタート前に宿泊予約を入れておくのがベターだと思います。

 

ちなみに・・・・Twitter上のアンケートからは、2022年の上級会員は過去最大規模に増殖していることが明らかになっているようです。

プラチナ以上が全体の70%、そしてアンバサダーとチタンが全体の45%を占めるのいうのはやはり驚異的な結果で、ゴールドや、プラチナのステータスとしての「価値」が明らかに下がっていることを意味すると思います。


Kenji

2022年はプラチナ程度では、繁忙期や週末のアプグレは期待出来ないと思ってホテルを訪れた方が失望する事が少なくて済みそうです

 

第1位:ヒルトンの「朝食無料」ベネフィットの行方

最後の第一位には、ヒルトン・グループの「朝食無料」ベネフィットの行方を選びました。

 

ヒルトンはご存知の通り、ゴールドステータス以上で2名分の「朝食無料サービス」のベネフィットが付帯します。

(ベネフィット一覧は公式サイトより。クリックすると拡大します。)

この朝食無料のベネフィットは、2021年の半ばに突如お膝元アメリカで少額の「ダイニングクレジット」に置き換えられるというアナウンスがありました。

当初のアナウンスでは、このクレジットへの置き換え措置は一時的なもので、2021年年末でいったん終了になるとコメントされていました。

 

が、蓋を開けてみると案の定というか、2022年も継続が決まりました・・・

 

アナウンスでは2022年中の措置という事ですが、これが半永久的なベネフィットの置き換えだという懸念は拭えません。

 

対象地域はいまはまだアメリカだけですが、今後は日本を始めとした他の地域にも広がるのか・・・ヒルトン押しの我が家としては動向がかなり気になるところです。

 

まとめ

今回は2021年第4四半期の重大ニュースを振り返りましたがいかがでしょうか。

 

ポストコロナの動きが顕著に現れたのが第4四半期で、インフレの趨勢とも相まって、2022年にはマイル&ポイントには「逆風の波」が続きそうです。

 

重大ニュースはブログ内でも開設することがありますが、時間の制約もあってタイムリーなトピックはTwitterで共有することが多くなってきています。

よろしければ私のTwitterアカウント(@sorakoge)もフォローしてみてください。

 

過去の重大ニュースまとめは、下記からどうぞ。

振り返ってみると、結構懐かしいネタなどがある一方で、この界隈は激動だというのがよくわかると思います。

 

2019年の重大ニュース

・2019年第1四半期のニューストップ5はこちらから

・2019年第2四半期のニューストップ5はこちらから

・2019年第3四半期のニューストップ5はこちらから

・2019年第4四半期のニューストップ5はこちらから

 

2020年の重大ニュース

・2020年第1四半期のニューストップ5はこちらから

・2020年第2四半期のニューストップ5はこちらから

・2020年第3四半期のニューストップ5はこちらから

・2020年第4四半期のニューストップ5はこちらから

 

2021年の重大ニュース

・2021年第1四半期のニューストップ5はこちらから

・2021年第2四半期のニューストップ5はこちらから

・2021年第3四半期のニューストップ5はこちらから

 

本日のエントリは以上です。

 

引き続き主に在米の方向けに、マイル&ポイントの話題を提供していきたいと思いますので2022年もどうぞよろしくお願いします。







 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKenji@米国駐在員のカネとバラの日々をフォローしよう!

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ・ニューヨークに駐在して2019年7月に日本へ帰任。 ニューヨークでは長男に恵まれ、妻と3人でマイル&ポイントを駆使しながら旅行を満喫。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください