【宿泊記】シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート(Sheraton Grande Ocean Resort)のレビュー アクセスや部屋の様子、プラチナステータスでのルームアップグレードの状況など

Pocket

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

マリオットのホテル紹介。今日は宮崎のマリオット系列ホテル「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」(以下、シェラトン宮崎)への宿泊記です。


Kenji

マリオットのプラチナステータスを活かして、「クラブツイングランド」ルームにアップデートいただきましたので、ホテルの魅力とともにたっぷりとご紹介します



シェラトン宮崎の場所とアクセス

 

ホテルの場所

シェラトン宮崎は、宮崎市の宮崎空港から車で20分ほどの場所に位置する県内随一のリゾートホテルです。

 

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート(シェラトン宮崎)

住所: 宮崎県宮崎市山崎町浜山

TEL:0985-21-1133

ホテルカテゴリー:4

 

>>マリオット公式サイトで「シェラトン宮崎」をチェックする

>>じゃらんで「シェラトン宮崎」をチェックする

>>Yahoo!トラベルで「シェラトン宮崎」をチェックする

>>Hotels.comで「シェラトン宮崎」をチェックする

>>アゴダで「シェラトン宮崎」をチェックする

ホテルの運営は「フェニックスリゾート」で、同県最大のリゾート施設である「フェニックス・シーガイア・リゾート」の中央に位置しています。

 

開業は1994年とやや古く、2002年に当時のスターウッドグループの傘下に入り、のちにマリオットグループの系列ホテルとなりました。

ホテル内部は何度か改装が入っており、直近では2016年に36階以上の「クラブフロア」の大幅リニューアルを含めた改装が行われています。

 

ホテルへのアクセス

我が家はと言うと、宮崎空港近くの「バジェットレンタカー 宮崎空港店」さんで車を手配して、レンタカーでホテルまで向かいました。


Kenji

空港から車で30分もかからずにアクセスすることが出来るので非常に便利です

 

数泊のホテルステイのみなのでレンタカーを手配するのはちょっと・・という方は、宮崎空港や宮崎駅からバスでアクセスするという方法もあります。

 

週末なら500円のワンコインで利用が出来るようで、とってもお得です。

週末は1コイン(500円)、平日は1日乗り放題になる乗車券をご利用ください。宮崎空港、宮崎駅バスセンター、シーガイアアクティビティーセンター、宮交窓口でもご購入いただけるほか、全国のコンビニ端末からもご購入いただけます。
※夏休み期間等繁忙期は平日に臨時運行する場合がございます。直近の運行状況は下記時刻表よりご確認ください。
料金 / 500円(ワンコインパス)

ただし、現在はコロナの状況下で運行がかなり制限されているようですので、利用を考える方は必ずホームページなどでご確認ください(シーガイアのHPは>こちら<からアクセスできます)。

 

ホテルの周辺事情

続いては、ホテルの周辺事情です。

 

ホテル自体は「山崎町浜山」の番地のない住所表記が示す通り、超広大な敷地内にホテルをはじめ、ゴルフ場、テニス場、はたまた自動車教習所に至るまで、シーガイアリゾートの施設群が立ち並びます。

 

そのためホテルの周辺数キロメートルにわたっては、コンビニやスーパーなどは存在しません。

 

滞在中最寄りの商業施設で我が家が最もお世話になったのが、イオン系列の「イオンモール宮崎」です。

ホテルから距離にして約5km、車で約10分の距離に位置するイオン系列の一大商業モールで、食品スーパーはもちろんのこと、フードコートから、GAPやユニクロといったアパレルショップ、100円ショップの「ダイソー」、おもちゃ屋に至るまで、とにかくありとあらゆるものが揃います。


Kenji

我が家の子どもはホテルのレストランで提供されるアラカルトメニューを楽しむにはまだ早いため、ここの食料品コーナーには相当お世話になりました

 

ホテルから一番近いビーチが、みやざき臨海公園内にある「サンビーチ一ッ葉」です。

 

シェラトン宮崎自体にはビーチアクセスはないため、子どもを砂浜で遊ばせてあげるにはここがもっとも近いビーチになります。


我が家も滞在中に2回訪れて、ダイソーで調達した砂場セットとともに子どもを砂浜で遊ばせてあげました。

 

強風で遊泳禁止になっていたからかもしれませんが、砂浜には地元民+観光客がちらほらいる程度。「密」を気にする必要もなくゆったりとした時間を過ごすことができました。

 

ホテルの外観

ホテルは地上43階、高さは約150mの超大型ビルです。

 

シーガイアリゾートの敷地面積は東京ドーム150個分。ホテル総客室数は736室と、とにかく「圧巻」という形容がふさわしい一大リゾート施設です。

我が家が宿泊した38階のエレベーターホールから撮影した一枚がこちら。ホテル上層階からは、宮崎市の街並みを一望できます。

下を見下げると、車のスロープの中心部にシェラトンの「S」の字が浮かび上がっているのが確認できると思います。

宮崎にゆかりのある人なら知らない人はいないのが、このシーガイアの施設群とホテルの存在だと思います。

 

シェラトン宮崎の施設紹介

続いて、ホテルの施設を紹介します。

 

ロビーとチェックイン

チェックインカウンターはホテル2階、入って左手にあります。

チェックインカウンターの奥には「ビジネスセンター」があり、ちょっとした旅行の手配や、商談などにも利用できるようです。

ちなみに、マリオットのプラチナステータス以上の場合、36階にあるラウンジ「Sheraton CLUB」にてチェックイン・アウトの手続きを行うことができます。

車寄せでゲストの名前を告げたところ36階にすぐ案内されたため、結局この2階のチェックインカウンターを利用することはありませんでした。


Kenji

クラブラウンジの様子はエントリを改めてまたたっぷりとご紹介します

 

ジム(ジ・オーシャンクラブ)

ホテルには、24時間使えるフィットネスジムがあります。

 

場所はホテル3階です。

普通のマリオット系列ホテルと違うのは、会員制クラブになっている点で、ホテル宿泊者であっても利用にあたって料金が発生する点です。

 

・The Ocean Club(ジ・オーシャンクラブ)

・営業:プール:7:00~12:00、13:30~21:00、トレーニングルーム:7:00~21:00、バス・サウナ:9:00~22:00

・料金:入会金42,900円、年会費22,000円。ビジター料金は2,000円/回(ホテル宿泊者限定)or 3,400円/日(同左)

※クラブフロア宿泊者は滞在中無料で利用が可能です

・その他詳細案内は>こちら<のクラブ公式サイトより

フィットネスクラブ『ジ・オーシャンクラブ』は、会員制のホテルフィットネスです。

広々としたスペースにゆったりと配置されたトレーニング機器、25mの室内プールをはじめ、浴室やサウナも完備しており、ホテルフィットネスならではのアメニティーも充実しています。

窓の外の景色を望みながらゆっくりと身体を休めていただくリラクゼーションルーム、美しい景観を望むバス&サウナ。 明るい自然光が差し込む満ち足りた空間が、トレーニング後の心地よい疲労感を優しく癒してくれます。

 

入り口は以下にも会員制クラブといったデザイン。高級な雰囲気が漂います。

 

内部には2ルームにわたって色々なトレーニングマシンが並びます。

マシンの機材は多少古さを感じるものの、種類は申し分なし。スペース的にも十分で、たっぷりと汗を流すことが出来そうです。

ジムルームの反対側には、ヨガのための専用スペースも設けられていました。

この他、会員制クラブの設備の一つとして温水プールも設けられていますが、こちらは私は入りませんでした。

12歳以下は利用が出来ないようですので、子連れで利用を考えているという方は、注意されてください。

 

屋外プール

シェラトン宮崎には上でご紹介した会員制クラブのプールのほか、屋外に2つのプールがあります。


Kenji

屋外プールは我が家のような小さな子連れには本当にベストの遊び場でした!詳細はまた別記事にて取り上げます

 

コインランドリー

プールやゴルフのゲストが多いだけあって、もちろん洗濯機も完備されています。

 

洗濯機が1回300円、乾燥機は9分100円で利用できました。洗剤も自動投入式なので持参不要です。

 

売店とヤマト出張所

周囲にコンビニなどがないこともあって、シェラトン宮崎にはホテル内部に大型の売店もあります。

 

場所は地下1階です。

宮崎のお土産はもちろん、マリンスポーツに必要な水着や浮き輪などから、子どものおもちゃにいたるまで、ショップが何区画かに分かれて入っています。

ちょっとびっくりしたのが、地下フロアの一角にはヤマトの宅急便を預かるための出張所も設置されています。

ゲストが多いということがあるのでしょうが、ホテルからゴルフバッグやお土産物を送ってしまいたい、という方にとってはかなり便利なサービスだと思います。

 

まだまだホテルの設備はたくさんありますが、とにかく規模が広大なため共用部分のご紹介はここまでにしたいと思います。


Kenji

アクティビティの施設についてはまた別記事で取り上げます

 

シェラトン宮崎の部屋紹介

続いて、お部屋の紹介です。


Kenji

また後で触れますが、マリオットのプラチナパワーで「クラブツイングランド」へとアップグレードして頂けました

 

部屋の内部

まずは、部屋内部の様子です。

メインルームはベッドルーム2台。シェラトン宮崎はクラブフロアに限らず、全室オーシャンビューの設定のため入り口から取ると逆光になります。

反対側から撮影した一枚がこちら。イエローオレンジを基調としたデザインで、温かみがありつつも、南国の雰囲気も感じられる仕上がりだと思います。

ひとつだけ我が家に不評だったのが、このコーナーソファー。ラウンド式で自由に向きを変えられる仕組みのソファでした。

確かに外の眺めを楽しんだりという点では便利なのかもしれませんが、ソファーの芯がある関係からか座り心地が今一つだったのと、私たちが座るたびに子どもがいたずらでぐるぐる回してしまい、妻が気持ち悪がっていました。。。

テレビは最近主流の壁掛け式。オットマンがオレンジというのもカラフルでよいですね!

 

収納スペースとワークスペース

クラブツインのお部屋がすごいところの一つがその50㎡という広さです。

 

部屋の玄関を開けると、そこにはリビングスペースと、トイレ、バスルームに収納スペースに分かれる玄関スペースが現れます。

収納スペースがこちら。たっぷりと衣服が収まるワードロープで、半纏や、クラブフロア限定の専用作務衣(外出着)が用意されています。

リビングスペースにも収納スペースがあり、金庫と並んで、部屋着が納められていました。

リビングスペースにはワークスペースとして丸テーブルとイスが2脚。

子連れにはありがたいことに、ミネラルウォーターのボトルも2本プラス(合計4本)で用意されていました。

 

冷蔵庫とミニバー

ミニバーコーナー。ミネラルウォーターに、コーヒーやお茶などを入れるための湯沸かしポット。ネスレなどは設置されていませんでした。

カブボードの中には冷蔵庫と、インスタントのコーヒー、紅茶にグラス類です。

びっくりしたのが、冷蔵庫の中身はあるコール含めてすべてフリードリンク制(無料)である点。

クラブフロア限定のベネフィットですが、ラウンジに加えて部屋のドリンクまですべて無料というのは、昨今なかなかないベネフィットだと思います。


Kenji

滞在中、プールや海などに行ってのどが渇いたたため、ミネラルウォーターのボトルに加えて各種ドリンクが頂けたのはかなり有難かったです

 

ウェットスペース

続いて、ウェットスペースへ移動します。

 

洗面ボウルはシングル式。写真には納まっていませんが、シャワースペースの右側には独立したバスタブが設けられていました。

洗面スペースからはシースルーで部屋の様子をうかがい知ることができます。

角度の関係でオーシャンビューとはいきませんが、開放的なつくりです。

トイレは玄関右手に独立したユニットスペースで設置されています。

ここにも手洗いボウルが設けられていて、やはりスペースにゆとりを感じます。

アメニティ

アメニティです。

 

シャンプー類は、シェラトン御用達の「le grand bain」。それにクラブフロア限定のアメニティとして、日本発祥のアメニティブランドであるタルゴ・ジャポンの「La Mer」が置かれていました。

特にこの「La Mer」のアメニティは人気が高く、シェラトン宮崎でもマリオット上級会員向けの追加アメニティのオプションとしてもラインアップされています。

なお、これはクラブフロアだからというわけではないかもしれませんが、履物が外用の草履(足袋付き)と、mont-bellのスポーツサンダル、それに室内用のスリッパと3種類用意されていました。

特にこのスリッパはいままでのマリオット系列ホテルの中では群を抜いて厚みがあって、使っていてとても気持ちの良いスリッパでした。

オーシャンビュー

お部屋の紹介の最後は、窓から見えるオーシャンビューです。

 

真下にはシーガイアのゴルフ場と松林がどこまでも広がります。38階という高層階ということもありますが、海とともに景色を楽しめるのもこのホテルの魅力のひとつです。

その他、ホテルの情報は下記公式ページでも確認できます。

 

シェラトン宮崎のコストパフォーマンス

最後に、ホテルのコストパフォーマンスについて考えてみたいと思います。

 

シェラトン宮崎の部屋タイプとアップグレードの状況

上級会員の方が何より気になるもののひとつが、ずばりアップグレードの成否、だと思います。

 

我が家は2019年にマリオットのプラチナ・チャレンジに成功しており、マリオットのプラチナステータスです。

 

シェラトン宮崎のお部屋タイプは、以下の通りです。

 

シェラトン宮崎のお部屋タイプ

・ハリウッドツイン
・スタンダードツイン・ダブル・トリプル・4名様用(8~28階) ←宿泊予約したお部屋
・デラックスツイン・ダブル・トリプル(16~35階)
・コーナーダブル
・コーナースイート
・クイーンファミリー
・キングファミリー
・ジャパニーズファミリー(和洋室、6~7階)
・クラブツイン(41階※)
・クラブツイングランド(36~39階、41階) ←実際にアサインされたお部屋
・クラブスイートグランド(36~41階)

 

※「クラブツイン」と「クラブツイングランド」の違いは、クラブツインフロアは2015年度の改装の対象になっていない点になります。

 

今回は、一番ランクの低い「スタンダードツイン」を予約して、割り当てられたのは 「クラブツイングランド」 でした。

 

7月後半の4連休にも差し掛かる旅程での宿泊だったことと、チェックイン手続きの際にSheraton CLUBの方からのアップグレードの案内もなかったため「今回はアップグレードはなしかな・・・」と思っていたため、クラブフロアにアサインされたときは嬉しかったです。


Kenji

ちなみに・・・連休中はホテルサイトを見ても空き室が出てこない状況になり、クラブラウンジにアクセスする人で35階より下の階からアクセスしている方も何組か見かけました。我が家がクラブフロアにアップグレードしていただけたのも滑り込みだったのだと思います

宿泊コスト

今回はマリオットポイントを使っての宿泊でした。

 

一泊当たり2.5万ポイント。5泊目無料特典を活かして、使ったポイントは5泊で10万ポイントです。

ポイントの原資は在米時代にクレジットカード申請で貯めたため、実質宿泊費は文字通りゼロでした。

 

ちなみに、宿泊1週間前の直前に調べた際に同じツインルームの検索で出てきたのが1泊3.3万円~4.3万円だったので、1泊2.5万ポイントで換算したポイント単価は1円を優に超えるものでした。

 

なお、アップグレード後で調べると、クラブフロアの料金は一泊当たり5.2万円でした。

5泊合計で25万円オーバーというのは、ハイシーズンと言うこともありますが、カテゴリー4の系列ホテルとしては強気な値段設定だと思います。それでも滞在中に調べた際は「空き室なし」の表記になっていたため、やはりコロナも関係なくたくさんの観光客がいらしていたのだとわかりました。


Kenji

こういう場面でポイントが使えるというのは、本当にマイル&ポイントを貯めていてよかった、と思える瞬間です

 

宿泊した感想

実際に宿泊しての感想ですが、旅行後に「またここに来たい!」とすぐに言ってくれた妻の言葉がすべてを表していたと思います。

 

クラブフロアの宿泊だったこともありますが、施設自体は快適そのもので、アクティビティもたくさんありました(後日別エントリにてご紹介します)。

 

ファミリー向けのリゾート施設ということもあり、子連れが大勢居たおかげで、子連れに対する理解や、配慮が随所に感じられました。

ホテルのゲストにもそれは同様で、子連れだからと周囲に必要以上の気遣いをする必要も感じず、クラブラウンジでは他のゲストの方から何度も笑顔を向けていただきました。おかげで家族でゆっくりと羽を伸ばして楽しむことが出来ました。

 

ちなみに、混雑状況には注意が必要で、事前チェックが甘かったこともあり、やりたかったアクティビティが予約で満杯だったり、「順番待ち」が発生したりと言うこともありました。

 

 

お得に宿泊するために

最後に、公式サイト経由で有償で予約を入れる際には必ずポイントサイト経由で予約を入れるようにされてください。

 

状況によりますが、1~7%程度のキャッシュバックが受けられるので大きいです。


Kenji

私個人的には、国内のポイントサイトならモッピー、海外サイトでも抵抗がないようであればRakuten か、Topcashbackの利用がおすすめです

特にRakuten はまだまだ登録されていない方も多いと思いますが、以下のエントリなどを参考にぜひ活用されてみてください。

 

・日本在住の方向けのRakutenの解説は>こちらのエントリ

・アメリカ在住の方向けのRakutenの解説は>こちらのエントリ

 

まとめ

今日は宮崎県にあるマリオット系列ホテル「シェラトン宮崎」の宿泊記を写真付きでご紹介しました。

 

宿泊記の第一回はホテルの設備や部屋の様子、プラチナステータスでのアップグレード結果などについてシェアしました。

シェラトン宮崎は施設が大きいだけに、まだまだ紹介ポイントはたくさんあります。次回は朝食ブッフェについてご紹介したいと思います。

 

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート(シェラトン宮崎)

住所: 宮崎県宮崎市山崎町浜山

TEL:0985-21-1133

ホテルカテゴリー:4

 

>>マリオット公式サイトで「シェラトン宮崎」をチェックする

>>じゃらんで「シェラトン宮崎」をチェックする

>>Yahoo!トラベルで「シェラトン宮崎」をチェックする

>>Hotels.comで「シェラトン宮崎」をチェックする

>>アゴダで「シェラトン宮崎」をチェックする

 

参考記事です。

 

マリオットは、このホテルステイも含めてプラチナチャレンジを行って、いまは無事プラチナステータスを獲得しました。プラチナ・チャレンジについての情報は、下記のエントリでまとめてあります。

マリオット系列のホテルの中でも、我が家はシェラトン系列には特にこれまでお世話になっています。ホテル宿泊記をシェアしておきます。







 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKenji@米国駐在員のカネとバラの日々をフォローしよう!

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻、0歳児の長男とニューヨークで3人で生活。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください