(終了)【2019年4月版】アメリカでボーナスUP中のおすすめクレジットカードをリファーリンク付きで紹介

Pocket

(下記のクレジットカードプロモーションは終了しました)

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

 

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

このエントリでは、2019年4月現在サインアップボーナスがUPしているクレジットカードと、読者の方から頂いたリファーラルリンクがあるクレジットカードをまとめてご紹介します。

一押しは、デルタゴールドカード(ビジネス&パーソナル)です。今月カードの申請を考えているという方はぜひ候補の一枚に入れてみてください。




サインアップボーナスUP中のカード

2019年4月現在サインアップボーナスがUPしているカードで、「これは魅力的!」と思えるカードは以下のとおりです。今月はおすすめのカードのラインアップがかなり入れ替わっています。

よろしければ紹介リンクからお申込みください。私のリンクと、ブログ読者さんのリンク両方が含まれます(ありがとうございます!)。

 

Delta Gold Business & Personal

3月からデルタのクレジットカードのボーナスが一斉にアップしています。

 

まずビジネスカードについて。

7万デルタポイントにボーナスがアップ(3か月以内に4,000ドル以上利用で)したのに加えて、更に50ドルのStatement Creditがついてきます。ここ数年のデルタゴールドのボーナスの中では最高の条件です。

 

紹介リンクは、こちらをお使いください。(ブログ読者さんの紹介リンクです。)

なお、上記の紹介枠はいっぱいになりましたので、差し替えることが可能です。デルタ・ビジネスゴールドをお持ちで、7万マイルのリファーラルリンクをお持ちの方は掲載希望があれば、こちらのエントリに趣旨や方法を記載していますので、参照の上でご連絡ください。紹介リンクを差し替えます。

 

続いてパーソナルカードです。

こちらはビジネスカードほどではありませんが、3か月以内に2,000ドル以上利用で6万デルタマイル+50ドルのStatement Creditが付帯しています。

ビジネスカードに比べて条件が緩やかですので、4,000ドルはちょっと・・・という方や、ビジネスを既に作られてしまった方はパーソナルのこちらのカードがおすすめです。

 

パーソナルカードは公式ページからも申請できますが、(公式サイト経由の申し込みはボーナスアップの期間が終了しました)他に当てがなくてブログサポートをしてくださるという方がいらっしゃったら、紹介リンクを利用されてください。(私の紹介リンクです。ありがとうございます。)

 

なお、公式サイトの申し込み期限は4/3となっていますが、紹介リンク経由の場合は5/1が期限のようですのでまだ生きています。わかりにくいですね・・・

デルタゴールドカードのスペックについてはこちらの記事を参考にしてください。50ドルのStatement Creditを簡単にゲットする方法もご紹介しています。

 

Marriott Bonvoy Business

続いて、Marriott Bonvoy Businessです。

 

このカードはSPG Amex Businessからのリニューアルカードです。通常サインアップボーナスは7.5万マリオットポイントですが、キャンペーンにつき2/13~4/24までの期間限定でボーナスが10万ポイントにアップされています(3か月以内に5,000ドル以上利用が条件)。

 

また、2/13~3/27の間の申請に限り、初年度年会費無料、2年目は95ドル、3年目以降125ドルという変則的なカード年会費の設定になっています。

初年度無料で10万ポイント。さらにビジネスカードですので、Chaseを狙っている人にも5/24ルールにカウントされないメリットがあります。初年度無料のスイートスポットは期限切れになってしまいましたが、グッド・ディールだと思います。マリオット・ボンヴォイポイントを狙っている人はぜひこの機会に申請されてください。

 

詳しいカードの説明はこちらのエントリを、リファーラルリンクはこちらをお使いください。

Marriott Bonvoy Brilliant

つづいては、もう1枚ボンヴォイから発行が始まったMarriott Bonvoy Brilliantです。

 

このカードもBonvoy Business同様、2/13~4/24までの期間限定でサインアップボーナスが10万ポイントにアップされています。

 

年会費が450ドルと高額なこともあり、個人的にはビジネスカードと比べると優先度は落ちると思います。

もっとも、マリオット系列でのクレジットが300ドル付帯したり、リッツ、セントレジスで使える100ドルのリゾートクレジットが付帯したりと、マリオット系列を利用する機会の多い方は、年会費の元は確実に取れるカードです。やはり10万ポイントとボーナスがアップしている間の申請がおすすめです。

 

個別の紹介記事はこちら、リファーラルリンクはこちらをご利用ください。

 

Hilton Honors Card(パーソナル)

続いてAmerican Express発行のヒルトンカード。こちらはパーソナル版です。

 

もともと公式サイト経由の申し込みでプロモーションを実施してはいたのですが、9月中旬から紹介リンクからの申し込み限定でAscend(+Aspire)が15万ポイント、年会費無料のHilton Honorsでも10万ポイントという破格のプロモーションを打ち出しています。

 

既存会員向けのターゲットオファーは2/21で終わってしまいましたが、まだ紹介リンク経由でのアプライは生きているようですね。

 

Ascendカードのリファーラルリンクはこちら、年会費無料のHilton Honorsカードのリファーラルリンクはこちらを利用されてください。(いずれもブログ読者さんの紹介リンクです。ありがとうございます。)

 

Hilton Ascendカードのスペック詳細についてはこちらのエントリを、年会費無料のHilton Honorsカードの魅力についてはこちらのエントリをご参照ください。

 

なお、私はHilton Aspireを今月追加で申請しようかな~と思っています。

出来れば私のブログからHIlton Aspireをアプライされたという方のリンクを利用して申請したいと思っていますので、リファーラルリンクがあるという方はぜひご連絡ください。(こちら、締め切りました。どうもありがとうございました)

 

Hilton Honors Business Card

上でご紹介したHilton Honorsカードのビジネスカード版。ずっとサインアップボーナスは10万ポイントでしたが、1月途中から12.5万ポイントのオファーにアップしました。スペックはAscendとほぼ同一です。

 

ビジネスカードなので、Chaseを狙っている人にも5/24ルールにカウントされずに済みます。特にChase派の人に狙い目です。条件は3か月以内に3,000ドル以上利用です。ビジネスカードは個人でも比較的簡単にアプルーブされます。詳しくはBusiness Blue Plusを例にとって解説したこちらのエントリを参考にしてください。

ダミーブッキングを行うと、12.5万ポイント+100ドルのプロモーションが現れたという情報も目にしているため、チャレンジしてみるのも良いと思います。

 

Hilton Honors Businessカードのリファーラルリンクはこちらです。(ブログ読者さんの紹介リンクです。ありがとうございます。)

 

IHG Rewards Club Premier

Chase発行のIHGホテルグループのクレジットカードです。

このカードは2018年4月にリニューアルされたカードです。通常時の入会ボーナスは8万ポイントですが、期間限定オファーで最大12万ポイントにサインアップボーナスがアップしています。

 

ボーナスは2 tier制で、最初3か月以内に2,000ドル以上利用で8万ポイント、続いて6か月以内に5,000ドル以上利用でさらに4万ポイントが付与されます。12万ポイントはカードがリニューアルされて以来、最高の条件です。

 

このカードは下記公式サイトから申し込みが出来ますが、リファーリンクも存在するはずです。

リファーリンクを掲載希望の方は、こちらのエントリに趣旨や方法を記載していますので、参照の上でご連絡ください。

 

World of Hyatt

こちらもChase発行、Hyattのクレジットカードは日本では発行されていない(=特典宿泊の競争率が低い)稀少なカードです。

 

今回のプロモーションは、少し変わっています。まず、カードの初回利用で50ドルのクレジットがつきます。さらに、カード作成から3月以内に,3000ドル利用で1泊無料宿泊、半年以内に6,000ドル以上利用でさらにもう1泊の無料宿泊アワードが獲得できます。

フリーアワードはカテゴリー7までの系列ホテルで利用できます。

 

このカードは下記公式サイトから申し込みが出来ます。

 

Hyattの入会ボーナスは6万ポイントから5万ポイントに改悪されてしまいましたが、代わりに打ち出されたのがこのプロモーションです。5万ポイントのミニマムスペンドの条件も同じ6,000ドルです。

カテゴリー7の特典宿泊に必要なのは3万ポイントなので、2泊分=6万ポイント相当です。これに50ドルのクレジットが今回は付きますから、変則的ですがうまく使える人にはよいディールだと思います。

 

AAdvantage Platinum

Citiが発行するAmerican Airlineの上級カードです。

普段はボーナスが4万マイルのオファーですが、現在プロモーション中で4万マイル(3か月以内に2,000ドル以上利用が条件)+アメリカン航空のチケット購入などに使えるStatement Creditが250ドルついてきます。

 

Doctor of Creditでは6万マイルまでマッチングしてもらえたという情報もあります。これが出来るなら、2,000ドル利用で6万マイル+250ドルのStatement Creditがもらえるというのはかなり魅力的です!

このカードにリファーラルは存在しません。ダイレクトリンクはこちらです。

 

現在このカードの入会には、入口によっていくつかバリエーションがあるようです。

 

ひとつが、3か月以内に3,000ドル以上利用で6万マイルがゲットできるこちらのオファー。

そして、US Credit Card経由のアクセスでは、4か月以内に4,000ドル以上利用で6.5万マイルのディールも掲載されています。

1枚目はどこから作っても変わりはないため、家計の支出の状況に合わせてベストなカードを選ぶのがよいと思います。

 

Barclays Arrival Plus World Elite

バークレイズ発行、Arrival Plus World Elite Mastercardです。

11/19に始まったプロモーションで、ボーナスは3か月に5,000ドル以上利用で7万ポイント(700ドルバリュー:過去最高)です。さらに年会費は89ドルですが、今回のプロモーションでは初年度無料になりました。いままでで一番良い条件だとあちこちで騒がれています。

 

唯一最大の難点は、Barclaysは時によってはChaseよりも審査が厳しい点ですね。。特にArrival Plusは上級カードなので、日の浅い駐在マイラーにとっては高嶺の花(?)的な存在です。

このカードにリファーラルは存在しません。ダイレクトリンクはこちらです。T&Cでボーナスアップを確認してください。

 

AAdvantage Aviator Red

こちらもBarclays発行、アメリカン航空のマイルが溜まるクレジットカードです。

このカードがユニークなのは、Minimum Spending Requirementがない点。90日以内に1ドル利用でボーナスがゲットできるというとてもお得なカードです。通常5 万ポイントのところ、期間限定で6万ポイントにボーナスがアップしています。

 

Barclaysなので承認基準が厳しいというのが難点です(私も2度アプライして2度Declineされています)。

また、こちらは初年度から95ドルの年会費が発生します。年会費を抑えたいという方は、上でご紹介したCitiのAAdvantage Platinumの方がおすすめです。

 

このカードにリファーラルは存在しません。ダイレクトリンクはこちらです。

 

Alaska Airlines Visa Credit Card

最後はBank of America発行のアラスカ航空のクレジットカード。アラスカ航空のマイルが手に入る貴重なカードです。

これまではダミーブッキングの裏ワザで3万マイル+100ドルのオファーが最高でしたが、プロモーションで4万マイルがゲットできます(条件は3か月以内に2,000ドル以上利用)。

 

このオファーは公式サイトで申し込みますが、4万マイルのオファーを見るためにはコツが必要なようです。詳しくはDoctor of Creditの下記ページを参考にされてください。

 

その他

上記の他、Google Chromeのプライベートモードでアクセスすると、人によってアメックスのいくつかのカードでボーナスがアップする可能性があるという情報が出ています。

 

対象となるカードは以下の通りのようです。

私は試していませんが、ピンとくるカードがある方はプライベートモードでのアクセスを試されてみてください。

 

ボーナスがアップする可能性のあるカード

・Blue Cash Preferred
・Blue Cash Everyday
・AmEx EveryDay
・Amex Everyday Preferred
・American Express Gold
・AmEx Cash Magnet
・American Express Personal Platinum
・American Express Green Card

 

Amex Platinumで10万MRポイントのボーナスが出たという情報もDoctor of Creditに出ています。プライベートモードと合わせて、試してみる価値があると思います。




その他リファーラルリンクのあるカード

上記の他、現状リファーラルリンクのあるカードもご紹介しておきます。

多くのボーナスを手に入れるためにもクレジットカードはプロモーションが行われているときに申請するのが王道ですが、カードによっては当面プロモーションが期待できなかったり、「このカードが欲しい」と明確な目的を持っていらっしゃる方もいると思います。そのようなときに下記をご利用いただければ幸いです。

 

最初1枚がアメックスでビジネスカード、後半3枚はチェースのパーソナルカードです。それにDiscoverを加えて合計5枚あります。

ブログ読者の方のリファーラルと、私のリファーラルが両方あります(どうもありがとうございます!)。

 

Amex Blue Business Plus

こちらもAmerican Express発行のビジネスカードで、私の日常使いのメインカードのひとつです。

紹介リンクはこちら、個別のカード紹介記事はこちらです。

 

Chase Sapphire Preferred

Chase親カードのうちの一枚です。

4月からボーナスの条件が変更になっています。新しい条件は、3か月以内に4,000ドル以上利用で6万ポイントのURポイントです。ただし、初年度から年会費が95ドル掛かります。

 

もともとのボーナスは、初年度無料で5万ポイントでしたので、こちらの方が若干よいですね。

紹介リンクはこちら、個別のカード紹介記事はこちらです。

 

Chase Freedom Unlimited

Chaseが発行するどちらかと言えばエントリー向けの比較的作りやすいクレジットカードです。

紹介リンクはこちら(リンクの期限が切れているようですが、公式サイトからの申し込みでも同じ条件です。)、個別のカード紹介記事はこちらです。

 

なお、Freedom Unlimitedは、もともと3か月以内に500ドル利用で150ドルバックのサインアップボーナスでしたが、新しく初年度限定で2万ドルまで3%ポイント付与のプロモーションを打ち出しています。

いまは両方のサインアップボーナスが生きていますが、今後カードベネフィット自体も変更になり、もともとの500ドル利用で150ドルバックのプロモーションは無くなるようです。

 

詳しくは下記のDoctor of Creditの紹介記事を参照してください。

 

Chase Freedom

こちらも、Chaseが発行するどちらかと言えばエントリー向けの比較的作りやすいクレジットカードです。

紹介リンクはこちら、個別のカード紹介記事はこちらです。

 

Discover it Chrome

このブログで度々登場しているDiscover発行のエントリー向けカードです。Securedカードよりも少しだけハードルは高いです。

紹介リンクはこちら、個別のカード紹介記事はこちらです(初めてクレジットカードを申請する人向けのSecuredカードの紹介ですが、内容はぼぼ同一です)。

 

 

参考記事です。

新しい試みとして物販サイトのリファーラルリンクもブログに掲載していきたいと思っていますが、まだ思ったほど集まっていません。興味のある方は下記をご覧いただいてぜひご連絡ください。



sponsored Link



sponsored Link



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKenji@米国駐在員のカネとバラの日々をフォローしよう!

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻、0歳児の長男とニューヨークで3人で生活。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

4件のフィードバック

  1. アバター ゴトウ より:

    Kenjiさん、こんにちは。

    Marriott Bonvoy Businessのリファーラルが飛んでもリンクエラーになります。
    今月二枚ほど家内のカードで作成したいと思ってます。
    修正可能でしたらお願いできますでしょうか。

    •SORRY, it looks like something went wrong.
    • This could be:
    • A missing character
    • Incorrect character case
    •To correct please check the American Express Referral Link before trying again.

    • Kenji Kenji より:

      ゴトウさん、
      コメントありがとうございます。リンクをアップデートしておきました。申請がうまくいくことを祈っています!

      • アバター ゴトウ より:

        Kenjiさん
        早速の対応ありがとうございます。結局違うカードにしてしまいましたが。。^^;

        この数ヶ月は色々経費がかさむことが見込まれたので、三枚作ろうとがんばったのですが、、、
        家内はまだ在米10ヶ月程度だからかAMEX以外はその場で審査落ち。惨敗でした。
        (CITI, BANK OF AMERICA,CAPITAL ONE、三枚夢破れました)

        仕方がないので、AMEXで何とかしたいと思ったのですが、
        Gold Delta SkyMiles® Business Credit Card
        Hilton Honors Business Card
        はインスタントアプルーバルでしたが、
        (上記リンクを使わせて頂きました。ありがとうございます。)
        Hilton Honors Card

        はダメでした。これはAMEXの2/90ルールかな?
        ビジネスカードも2枚にカウントされるんですね。。。勉強になりました。
        次の私のタイミングで何とかリベンジしたいです。

        バンカメやCITIなどは私も家内も口座を持っておらず、今回初チャレンジでした。
        作らないと難しいのでしょうか?或いは簡単なカードから地道に狙っていくしかないのでしょうか。

        • Kenji Kenji より:

          ゴトウさん

          Deltaビジネスカードのアプルーブがもらえたようで何よりです。これも過去最高の条件ですので、よいときにゲットされたと思います。

          AMEXには色々巷で言われる申請ルールがありますが、そのひとつが1/5ルールです。アプルーブされるのは5日に一枚までということで、同日申請の場合は片方がDeclineされたり、Pendingになったのちにアプルーブされたりとまちまちのようです。チャージカードとの組み合わせではアプルーブされるケースが多いと見たことがありますし、ビジネス&パーソナルの組み合わせでも行けたというコメントも目にしたことがありますが、1/5ルールが「原則」です。

          AMEXの次にCITI・バンカメが緩いと一般的に言われますが、これも本当に人それぞれだと思います。私はCitiは比較的早くからアプルーブされましたが、バンカメは一度もアプルーブされたことはありません。口座を持っていないと駄目というルールは見たことがありませんが、持っていた方が間違いなくプラスに働くと思います。バンカメはSecured cardなどでリレーションを作るという方法もありますが、Chaseの5/24ルールとの兼ね合いだと思います。

          https://www.bankofamerica.com/credit-cards/products/secured-credit-card/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください