2019年4月に申請したクレジットカード4枚とその結果。初めてのカード解約も経験

Pocket

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

さて、今日は4月に申請したクレジットカードの内容と、その結果を皆さんとシェアしたいと思います。結論的には4枚申請して2枚アプルーブがもらえました。


Kenji

4月は初めてカードも解約したため、その時のエピソードも合わせてシェアします。皆さんのカード戦略の参考になれば幸いです。




4月に申請した4

今回は、2019年に入って3度目の申請、妻のアカウントの申請サイクルでした。

4枚申請して、2枚アプルーブをもらいました。以下がその内容です。

 

Citi AAdvantage Platinum

まずはおなじみ、CitiのAAdvantage Platinumです。

 

もうこれは説明不要だと思いますので、特にコメントはありません。申請時はPendingになりましたが、2日後に電話したら数分雑談してすぐにアプルーブをもらえました。

 

これで、Platinumだけで我が家には5枚のカードが出来ました。そろそろ解約を考えないとと思っています。

 

Amex Hilton Aspire

2枚目はAMEXのHilton Aspireです。

 

2月の申請ですでに一枚ゲットしていたので、これが2枚目。日本でもヒルトンのクレジットカードは発行されていますが、サインアップボーナスはアメリカと比べるべくもないので、出来るだけこちらでポイントをためて帰りたいと思って申請しました。

 

ラグジュアリーカードは申請しないようにしていましたが、だんだんと危険な領域に入ってきている気がします。

もっとも、このカードについてはちゃんと年会費を回収できる目途があるので、心配はしていません。

 

Amex Gold Personal

3枚目はAMEXのプロパーゴールドです。

 

申請した理由は、向こう3か月でそれなりの支出が見込まれることと、アメックスの1/5ルールの検証です。

チャージカードとパーソナルは1/5ルールの例外で、同時に申請できるという情報を目にしていたので検証のために申請してみました。

 

みたのです、が、、、、

以前『陸マイラー活動の危機?アメックスでサインアップボーナスが否認された体験談をシェア』のエントリで紹介した否認メッセージがまた出てきてしまいました。。

 

これが出た以上どうしようもありません。仕方なく申請はキャンセルしました。

Doctor of Creditでは、このポップアップに遭遇しても後々交渉してボーナスがもらえたという内容の紹介がされていますが、個人的にはあまりおすすめしません。交渉も面倒ですし、何よりもらえるという保証がありません。

 

色々なところで書かれていますが、このメッセージが出てくるロジックは本当にわからないです。

私も一枚目のHilton Aspireは問題なくアプルーブされたので、どうやらカードによって違うアルゴリズムが設けられているような気がします。どうしてもアメックスが欲しい場合は別のカードで申請するとうまくいくかもしれませんが、、、

 

Choice Privileges Visa Signature Card

最後の4枚目はバークレイズ発行のChoice Privileges Visa Signature Cardです。

 

日本への帰任も徐々に見えてきているので、ホテル系カードを増やしたくて申請したのですが・・・やはり駄目でした。バークレイズは厳しいですね。

もう妻のアカウントでバークレイズを申請する機会はないと思います。結局一枚もアプルーブされることはありませんでした。

 

初めての解約も経験

今回の申請に合わせて、駐在生活で初めての解約も経験しました。

 

解約したのは、私のアカウントのアメックスのデルタゴールド(パーソナル)です。

解約の方法

解約はとても簡単でした。

アメックスのチャットでCancelしたい旨を伝えると、ものの5分くらいで終わりました。

 

引き止めや、カード年会費の減額を狙いたい場合はチャットよりも電話の方がよいと思います。

私もアメックスではない別のカードで2年目の会費を全額免除してもらったことがあります。その際は行き違いもあって、結局3回電話することになりました。


Kenji

よい条件を引き出すためにも、交渉は電話で粘り強く行った方がベターだと思います

今回はすでにアメックスが5枚になっていたので、次のカードの申請のためにさっさと解約しました。

 

解約は12か月経ってから

アメックスの解約は12か月を経過してからが鉄則です。

 

12か月以内に解約するとサインアップボーナスを没収する旨の規約があるためです。帰国などの合理的な理由がない限り、12か月以内の解約は避けるべきです。

 

13か月目に入って少しすると年会費がチャージされます。年会費がチャージされたことを確認してからあまり日を置かずにコンタクトすれば、年会費も返還(免除)してもらえます。

下記は私が解約した際にもらったチャットメッセージです。解約の際、年会費が返却されることは担当者に必ず確認してください。

You will automatically receive credit for annual fee within 7 working days once I will submit request to cancel your personal gold delta card

 

ただし、13か月目に入ってからカードを利用していると、既にカードを利用していることを理由にカード年会費を請求される可能性もあります。(日本のアメックスでそう案内された経験があります。)

したがって、13か月目に入ったらカードの利用は止めておくのが無難です。




まとめ

というわけで、2019年3回目の申請サイクルでは、4枚申請して2枚アプルーブがもらえました。

どちらも欲しいカードがアプルーブしてもらえたので、まずまず満足です。

 

アメックスの否認メッセージの件は本当に謎ですが、日をしばらく空けてまたチャレンジしてみるつもりです。

 

 

参考記事です。

 

今回私はデルタゴールドを解約しました。申請したのはちょうど1年前のこの時期、6万マイル+50ドルのstatement creditのカードプロモーションが行われていた時期でした。例年と同じであれば秋にもプロモーションが行われるはずですが、そのときはstatement creditはつかないと思いますので、申請を考えているようでしたら今のタイミングの方がおすすめです。

カードの申請履歴は2018年からこのブログでずっと公開しています。2018年年末時点に保有しているカード明細は下記のエントリで公開していますので、よかったら参考にされてください。



sponsored Link



sponsored Link



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKenji@米国駐在員のカネとバラの日々をフォローしよう!

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻、0歳児の長男とニューヨークで3人で生活。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください