【宿泊記】コンラッド大阪(Conrad Osaka)のレビュー ダイヤモンド特典とエグゼクティブ・ラウンジ、アトモス・ダイニング(Atmos Dining)での朝食ブッフェの様子を紹介

Pocket

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

「コンラッド大阪」の宿泊記の2回目。今日は、ダイヤモンド会員向けの特典と、エグゼクティブ・ラウンジの様子と、それにレストラン「アトモス・ダイニング」での朝食の様子をまとめてご紹介します。


Kenji

今回もブログ読者であるKさんからお寄せいただいた宿泊記録を基にしたホテルレビューです。たくさんの写真ともにお届けしますのでお楽しみください



コンラッド大阪のダイヤモンド特典

まずは、コンラッド大阪でダイヤモンド会員向けに提供されるベネフィットをご紹介します。

 

コンラッド大阪で提供されるダイヤモンドメンバー向けの特典は、

コンラッド大阪のダイヤモンド特典

・エグゼクティブラウンジアクセス

・朝食無料

・ウエルカムギフト

・1滞在につき1,000ヒルトンポイントを追加付与

・空き状況に応じたルームアップグレード

 

といったところになります。


Kenji

ヒルトンが上級会員向けに用意しているベネフィットとしては、いずれもスタンダードなものだと思います

 

ダイヤモンドメンバーとして感じられる一番大きな特典は、もちろんルームアップグレードです。

 

今回も、ダイヤモンドパワーで「キング・エグゼクティブルーム」へとアップグレードをしていただけました。

お部屋の様子は、前回別エントリでたっぷりとご紹介していますのでよかったらご覧になってみてください。

 

 

コンラッド大阪のエグゼクティブラウンジ

続いて、エグゼクティブ・ラウンジの紹介に移ります。

 

ラウンジ概要

エグゼクティブラウンジは、ホテルのロビー階である40階から一つ下がった39階にあります。

 

エグゼクティブ・ラウンジ

・場所:39階

・営業時間:11:00 -20:00

朝食:全日提供ストップ

※2021年7月現在、アトモス・ダイニング(40階)にて提供

下記サービスは、月曜日~木曜日アトモス・ダイニング(40階)、金曜日~日曜日はエグゼクティラウンジ(39F)にて提供
アフタヌーンティー : 15:00 -17:00
イブニングカクテル : 18:00 -20:00

・ミーティングルーム:ラウンジにアクセス可能な宿泊ゲストに限り、最初の1時間を無料で利用可能

※ラウンジの運用がコロナ対応で変わっています。詳しくは>こちら<のホテルホームページをご参照ください。

 

エグゼクティブルームとスイートにご宿泊の皆さまは、39階のエグゼクティブラウンジをご利用いただけます。

ゆっくりとお寛ぎいただきながらのパーソナルチェックイン/チェックアウトや、アフタヌーンティー、イブニングカクテルなど、ラウンジでの特典をお楽しみください。ラウンジのプライベートルームでビジネスミーティングを開催するなど、ビジネスからプライベートまでシームレスにご活用いただけます。
地上200メートルから望む、大阪を代表する淀川や生駒山などの豊かな自然と、大阪駅などのシティースケープが織りなす壮大なパノラマビューをご堪能いただきながら、上質な空間で過ごす素晴らしい寛ぎのひとときをお楽しみください。

 

ラウンジの様子

まずはラウンジの様子からご紹介します。

 

入り口はこじんまりしていて、ちょっとわかりにくい作りになっています。

中に入ると雰囲気は一変。開けた空間が広がります。

大阪の街並みが見渡せるよう、窓際にもテーブルのセットが並びます。 コロナの影響からか、ガラガラの状況でした。

 

ラウンジで提供される軽食の紹介

続いて、ラウンジで提供される料理の写真もご紹介しておきます。

 

アフタヌーンティータイム、カクテルタイム共に利用させてもらいましたが、並ぶ料理の種類が豊富でした(以下、サーブされた時間は順不同になります)。

 

マカロンと、アルコール入りのチョコレート。

ミニケーキも複数種類が出ています。季節のショートケーキにパウンドケーキ

サラミ

ハムとキャベツのサンドウィッチ。

グリーンサラダ

ビーフパテのパン

生春巻きに、鰻ののちらし寿司

グリーン野菜のカップに、カルパッチョ

パンに、クラッカー

チーズ類にナッツ

カクテルタイムに並んだアルコール。ワインも種類が豊富です。

ハードリカー類。ライムやレモンなどとともに並びます。

最後はソフトドリンクです。こちらはコーヒーなどと合わせて、ラウンジの営業時間内はいつでも取ることができます。

 

アトモス・ダイニングでの朝食ブッフェ

続いては、朝食ブッフェのご紹介です。

 

アトモス・ダイニングの概要

まず、「アトモス・ダイニング」の概要からご紹介します。

 

アトモス・ダイニングの概要

・場所:ホテル40階

・営業時間:朝食 6:30~10:30(全日)、ランチ 月~木11:30 – 14:30 / 金土日11:30 – 14:00 ディナー 平日18:00 – 20:00 金土18:30 – 20:00

スイーツブッフェ:平日15:00 – 17:00 金土日14:30 – 18:00 (2部制)

・座席数:98席

・電話予約:06-6222-0111

・値段(朝食ブッフェ):5,000円
※6歳から12歳は大人通常料金の半額、5歳以下は無料

・スタイル:インターナショナル、和洋

・朝食ブッフェに関するホテル公式サイトは>こちら<からアクセスできます

 

コメント:

朝食は、40階にあるアトモス・ダイニングにて和洋中一通りがビュッフェ形式で提供されていました。

別途メニューから一品選ぶことが出来て、我が家はミックスオムレツ青のりワッフルベネディクトを頂きました。

 

朝食会場の様子

まずは会場の様子からご紹介です。

 

会場にはところどころ緑が取り入れられており、タイルや大理石調のダイニングに色彩が添えられます。

スムージードリンクのコーナー。さすがにコンラッド、陳列の様子だけでも絵になります。

 

朝食ブッフェの様子

続いては料理の様子です。

 

まずは選べるメインメニュー。

オムレツ各種のほか、ワッフルベネディクト、モーニング・ヌードルなども選ぶことができます(写真をクリックすると拡大します)。

青のり入りのワッフルベネディクト。見た目も鮮やかですね!

続いてはブッフェ台のご紹介です。

ローストビーフにゆで卵など

キッチンの様子もおしゃれです。こちらはホットミールのコーナー。

魚に香の物のコーナー。

和食コーナーにはだし巻き卵や温泉卵、なっとうなどが並びます。スモークサーモンなどもありました

デニッシュ類。種類が豊富でした。

最後はデザートと、シリアル、サラダバーです。

ヨーグルトやフルーツ類が色鮮やかに並べられていました。

まとめ

今日は「コンラッド大阪」の上級会員向けのベネフィットと、エグゼクティブ・ラウンジ、そして「アトモス・ダイニング」での朝食ブッフェの様子をご紹介しました。

 

コンラッド大阪の宿泊記を、ブログサポーターのKさんから頂いた写真とともに2回にわたってご紹介しましたがいかがでしょうか。

 

お部屋やホテルの共用部が豪華なのはもちろんのことですが、エグゼクティブ・ラウンジで提供されるスイーツ類や、朝食のダイニングの品々も、色とりどりのメニューが揃えられていて「さすがはコンラッドだな!」というのが頂いた際の第一印象でした。

ホテル自体もまだまだ新しいだけあってピカピカで、写真を見ていても居心地の良い空間であることが良く伝わります。ぜひいつか訪れてみたいものです。

 

やはり高級ホテルは一つひとつの調度品やインテリアにもこだわりが感じられてよいですね!

私自身はコンラッド系列には宿泊したことがありませんが、写真を見ているだけでも「自分もいつかここに宿泊してみたい」と思わせるような特別感が感じられました。

 

コンラッド大阪(Conrad Osaka)

住所: 〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島3丁目2−4

TEL:06-6222-0111

 

>>ヒルトン公式サイトで「コンラッド大阪」をチェックする

>>じゃらんで「コンラッド大阪」をチェックする

>>Yahoo!トラベルで「コンラッド大阪」をチェックする

>>Hotels.comで「コンラッド大阪」をチェックする

>>アゴダで「コンラッド大阪」をチェックする

 

参考記事です。

 
同じコンラッド系列の「コンラッド東京」のエグゼクティブラウンジ&朝食ブッフェをご紹介したのが以下の記事です。どちらもラグジュアリー館があって、両方を比べてみるのも面白いと思います。

ヒルトン系列のブッフェでは、私が過去訪れた中でもっとも印象にのこっているのが「ウォルド―フ・アストリア・バンコク」での朝食です。タイは大好きな国のひとつなので、また普通に旅行ができるようになったらぜひ訪れてみたいと思っています。







 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKenji@米国駐在員のカネとバラの日々をフォローしよう!

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻、0歳児の長男とニューヨークで3人で生活。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください