ヒルトンのステータスマッチが過去最高の条件でスタート!ヒルトンポイント無制限キャンペーンも5月2日までの期間限定で実施中

Pocket

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

 

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

本日のエントリでは、ヒルトンが新年からスタートさせたステータスマッチと滞在プロモーションについてご紹介します。


Kenji

特にステータス・マッチは過去最高の条件で正直バラマキといっていいくらいの好条件です。他のホテルステータスを保有している方はぜひこの機会にステータスマッチにアプライされてみてください


ヒルトンの2021年ステータスマッチ・プロモーション

まずは一つ目。ヒルトンが新年にスタートさせたステータスマッチ・プロモーションについてです。


Kenji

ステータスマッチプロモーションとしては、過去最高の条件で実施されています!

 

ステータスマッチプロモーションの概要

✓ステータスマッチの期間等:90日間ヒルトンのゴールドかダイヤモンドステータスへマッチング

✓追加ベネフィット:ステータスマッチ後から90日以内に5泊でゴールドステータス、9泊でダイヤモンドステータスを期間延長

✓条件達成時のステータス延長の有効期間:2023年3月末

✓ プロモーションの実施期間:不明

✓方法:>こちらのヒルトンウェブサイト< よりステータスマッチを申し込み

 

ヒルトンの会員ステータスとベネフィット

プロモーションの内容を解説する前に、ヒルトンの会員ステータスとベネフィットについて振り返っておきます。

 

下記は公式サイトに掲載されている会員ごとの特典を一覧にしたものです。

(画像をクリックすると拡大します。)

会員ランクは登録だけで付与される「ブルー」に始まって、滞在実績等が必要になる「シルバー」「ゴールド」「ダイヤモンド」と上がっていきます。

 

ヒルトンの会員ステータスで分水嶺となるのが「ゴールド」ステータスで、このランクからは朝食無料や空き状況に応じたお部屋のアップグレードなどの魅力あるベネフィットが付帯するようになります。

 

そのため、ヒルトン派ならぜひ目指したいのが、「ゴールド」「ダイヤモンド」という2つの上級会員ステータスになります。

 

必要な滞在実績

上級会員ステータスを獲得・維持するための要件についても振り返っておきます。

 

それがこちらです。

 

ステータス維持に必要な条件(いずれも年間)

・シルバー: 滞在4回または10泊または25,000ベースポイントの獲得

・ゴールド :滞在20回または40泊または75,000ベースポイントの獲得

・ダイヤモンド: 滞在30回または60泊または120,000ベースポイントの獲得

 

見ていただくとわかる通り、ゴールドやダイヤモンドステータスの獲得のための条件は厳しく、ゴールドなら年間の滞在20回または40泊の実績が必要になります。

 

宿泊実績をダブルカウントしてくれる「ダブルリワード」などのプロモーションなどもあるため、一概に上記の「滞在」や「宿泊」がそのまま必要とはいえませんが、いずれにしても会員ステータスを維持するためには、毎年かなりのコストが必要になります。

 

ステータスマッチプロモーションとは

上記の条件は、出張等が多いビジネスマンや一部富裕層を別にすると、なかなか達成するのは難しいことがわかるはずです。

 

ただし、それではホテル側にとっても新規のロイヤリティ顧客の拡大につながらず、ビジネスが先細りになってしまいます。

ホテルとしては、より多くのゲストにヒルトンのベネフィットを体験してもらって、ロイヤリティ顧客になってもらいたい(囲い込みたい)というインセンティブがあります。

 

そこで登場するのがこの「ステータスマッチ」プロモーションです。

 

他のホテルグループでの会員ステータスをヒルトンに提示することで、ヒルトンが期間限定で上級会員にマッチしてくれる、「お試し」の期間になります。

 

今回であれば、ステータスマッチの期間は90日間です。

 

90日以内の宿泊実績でステータスが延長

さらにさらに!

 

ステータスマッチ後90日の間にヒルトン系列に一定滞在以上をこなすと、上級会員としてのステータスを延長してくれる「甘い蜜」があります。

 

それがこちらです。

 

・ゴールド:90日以内に5泊で23年3月末までステータスを延長

・ダイヤモンド:90日以内に9泊で23年3月末までステータスを延長

こうなるとその差は歴然ですね!

 

ゴールドであればもともと滞在20回または40泊の宿泊実績が必要なところ、ステータスマッチからなら、ゴールドならたった5泊で達成できてしまいます。

 

なお、今回のステータスマッチプロモーションが特に注目を浴びているのが、通常マッチングの有効期限は翌年まで1年間のところ、今回は期限が23年3月末までとなんと2年間になっている点にあります。

達成のための条件がググっと緩和されて、さらにステータスが楽しめる期限が過去最高に長~く設定されているのが、今回のステータスマッチプロモーションの特徴です。

 

ステータスマッチ元のホテルグループ

プロモーションの解説の最後に、今回のマッチングの条件に触れておきたいと思います。

 

ステータスマッチを受けるには、現在すでに他のホテルグループで上級会員のステータスを保有していることが条件になります。


Kenji

要は、他のグループの上級顧客をヒルトンに「鞍替え」してもらって、ヒルトンでお金を使ってくださいという囲い込みのマーケティングです

 

マッチ元のホテルグループは、ウェブでリストされているが、

 

ステータスマッチ元のホテルグループ

・Marriott Bonvoy
・IHG Rewards Club
・World of Hyatt
・Best Western Rewards
・Choice Privileges
・Le Club AccorHotels (Accor Live Limitless)
・Radisson Rewards
・Wyndham Rewards

 

といったすべてグローバルなホテルチェーンとなります。

 

この中で日本在住の方が多く使っているのは、もちろんマリオットということになると思います。

他にもIHGは、系列ホテルの一つである「インターコンチネンタル」は宿泊実績が一切不要でアンバサターになれるプログラムなども提供しているため、予算に余裕があればIHGも比較的簡単に手に入るステータスと言えると思います。

 

いずれにしても、ヒルトンを新しく使い始めようという方には、このステータスマッチはぜひとも活かしてもらいたいプロモーションになります。

 

以上が、ステータスマッチプロモーションの解説です。

 

ヒルトンの滞在プロモーション

続いては、もう一つ年始からスタートしたヒルトンのプロモーションについて。

 

それが、こちら。例年期間限定で実施されるこの「ポイント無制限キャンペーン」です。

2021年1月1日から2021年5月2日の期間中、ご滞在ごとに2,000ポイント、さらに5泊ごとに追加で5,000ポイントをご獲得いただけます。

 

ポイント無制限キャンペーンの内容

✓付与ポイント:滞在毎に2,000ポイント、5泊のマイルストーン毎に追加で5,000ポイントを付与

✓対象期間:2021年1月1日から2021年5月2日

✓事前登録:必要 >こちらのプロモーション特設サイト<から登録

 

ステータスに応じたポイント付与とは別に、滞在毎に追加でポイントを付与するプロモーションで、実質的なキックバック、ディスカウントと捉えることができます。

内容自体はシンプルですが、以下、いくつか気になった点についてコメントしておきます。

 

ポイント付与は「滞在」ごと

宿泊系のプロモーションの場合たいてい同じ条件のことが多いのですが、ポイント付与は「滞在」ごととなります。

 

したがって、例えば3泊連泊しても、プロモーションで付与される追加ポイントは2,000ポイントのままになります(2,000 pt x 3 = 6,000ptとはなりません)。

 

ポイント付与だけを考えるのであれば、例えば沖縄のようにヒルトン系列が多いロケーションでホテルホッピングを楽しんだ方が積算されるポイントも多くなります。

 

マイルストーンボーナスが達成しやすい

ポイント無制限キャンペーンは、滞在毎のポイントと、〇泊毎に追加XXポイント、というマイルストーンボーナスの2段階になっていることが通常です。

 

今回も5泊のマイルストーン毎に追加で5,000ポイントを付与するマイルストーンボーナスがついていますが、これは前回と比べるとハードルが低く、マイルストーンボーナスがもらいやすい設計になっています。

 

・2020年1月~9月実施のキャンペーン(前回):10泊のマイルストーン毎に追加で10,000ポイント

・2021年1月~5月実施のキャンペーン(今回):5泊のマイルストーン毎に追加で5,000ポイント

 

マイルストーンのハードルが下がった割に追加ポイント数の水準は変わらないため、実質的により達成しやすくなっていますね!

 

公式サイト経由での予約限定

これも基本的な条件になりますが、今回のプロモーションは、公式サイトでの宿泊手配限定となります。

 

したがって、Hotels.comやじゃらんなどのOTAサイトで手配した場合はポイント付与の対象とならない点注意されてください。


Kenji

2,000ヒルトンポイントは、0.5~0.6円/ptでポイント価値を考えると、一滞在当たり1,000円~1,200円くらいのディスカウントと考えることが出来ます。したがって、期間中はこの価格差であれば公式経由の手配の方がお得になる計算です

 

お得に宿泊するために

最後に、公式サイト経由で予約を入れる際には必ずポイントサイト経由で予約を入れるようにされてください。

 

状況によりますが、1~7%程度のキャッシュバックが受けられるので大きいです。


Kenji

私個人的には、国内のポイントサイトならモッピー、海外サイトでも抵抗がないようであればRakuten か、Topcashbackの利用がおすすめです

特にRakuten はまだまだ登録されていない方も多いと思いますが、以下のエントリなどを参考にぜひ活用されてみてください。

 

・日本在住の方向けのRakutenの解説は>こちらのエントリ

・アメリカ在住の方向けのRakutenの解説は>こちらのエントリ

 

プロモーションの規約は、下記の通りです。

会員規約

本オファーは、ヒルトン・ポートフォリオのホテルまたはリゾートで、2021年1月1日から2021年5月2日までに完了したご滞在(「キャンペーン期間」)に適用されます。ヒルトン・オナーズ会員の方は、キャンペーン期間中のご滞在完了前に、HiltonHonors.com/PointsUnlimited/jaにてご登録いただく必要があります。

2021年1月1日より前にチェックインされたご登録済みのヒルトン・オナーズ会員の方が、2021年1月1日から2021年5月2日までの間にご滞在を完了した場合にポイントを進呈いたします。ご登録済みのヒルトン・オナーズ会員の方は、キャンペーン期間中のご滞在ごとに2,000ボーナスポイント、さらに5泊ごとに追加で5,000ボーナスポイントをご獲得いただけます。本キャンペーンでキャンペーン期間中に獲得できるボーナスポイントの合計数に上限はありません。また、5,000ボーナスポイント特典を獲得できる回数に上限はありません。

会員の方が5泊を達成するごとに5,000ボーナスポイントが進呈され、ご宿泊数はリセットされます。1回のご滞在が5泊を超える場合、10泊を超えた余分の宿泊数は次の5,000ボーナスポイント特典の宿泊数に加算されます。本キャンペーンの例と詳細については、よくあるご質問のページをご覧ください。なお、一部のブランドでは、1回のご滞在で獲得できるベースポイント数に制限があります。

本キャンペーンは予告なく変更または無効となる場合があります。ボーナスポイントは、エリート会員資格獲得の対象にはなりません。ボーナスポイントがお客様のアカウントに積算されるまで、ご滞在完了後6~8週間かかります。「滞在」とは、途中一度チェックアウトした後チェックインした場合も含め、同一ホテルでの連続した宿泊を指します。本キャンペーン特典は団体でのご利用には適用されず、その他の特定のキャンペーンとの併用はできません。客室内インターネットアクセス、フィットネスセンター/ヘルスクラブのご利用、ボトルウォーターの特典は、リゾート料金がかかる一部のホテルでは無料でご利用いただけない場合もございます。空室状況に応じたアップグレードのご提供は、一部のブランドのみとなります。エリート会員特典はホテルによって異なり、状況によってはご利用いただけない場合もございます。詳細についてはHiltonHonors.com/jaをご覧ください。

 

通常は以下のページに無制限キャンペーンにも規約がアップされるのですが、まだ間に合っていないのか昨年の無制限キャンペーンの規約が残ったままとなっています。比較で参照されたい方のために残しておきます。

 

まとめ

今回は、ヒルトンが2021年から新しくスタートさせたステータスマッチプロモーションと、ポイント無制限キャンペーンについて解説しました。

 

ホテル業界はコロナ禍にあって非常に苦境に立たされており、需要喚起のためにとにかくゲストを呼び込もうとあの手・この手のプロモーションを実施しています。

ホテルを利用される機会がある方は、ぜひこういったプロモーションも活かされてください。

 

参考記事です。

 

ホテルを選ぶ際、ポイント利用による特典宿泊にするのか、それとも現金を支払っての有償宿泊にするのかを悩まれる方は多いと思います。そんな方向けに、以前ヒルトンポイントの有効活用を考えたのが以下の2つの記事になります。

北米在住者であれば今回のステータスマッチのプロモーションへチャレンジするまでもなく、クレジットカードの発行で簡単にゴールドや、ダイヤモンドステータスが手に入ります。クレジットカードのプロモーション情報は、下記のエントリで解説しています。

 







 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKenji@米国駐在員のカネとバラの日々をフォローしよう!

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻、0歳児の長男とニューヨークで3人で生活。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください