【宿泊記】ヒューストン・キュリオコレクション(The Sam Houston, Curio Collection by Hilton)の紹介 アクセスやアメニティ、ダイヤモンドメンバーでのルームアップグレードの状況など

Pocket

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

さて、本日は、ヒューストンにあるヒルトン系列のホテル「ヒューストン・キュリオコレクション(The Sam Houston, Curio Collection by Hilton)」のホテル紹介をしたいと思います。

実際に宿泊しての施設の様子や、ホテルへのアクセス、朝食の様子など、写真とともにご紹介します。


Kenji

今回はブログサポーターのKさんからの寄稿記事になります




ヒューストン・キュリオコレクションの場所とアクセス

ヒューストン・キュリオコレクションのホテル紹介。まずは場所とアクセス方法から説明します。

ホテルの場所

ヒューストン・キュリオコレクションは、ヒューストンのダウンタウン中心部に位置しています。

以前このブログでも取り上げた、Embassy Suites Houstonから数ブロックの距離に位置しています。

 

The Sam Houston, Curio Collection by Hilton

・住所:1117 Prairie St, Houston, TX 77002

・TEL:+1 832-200-8800

・チェックイン:3pm、チェックアウト:12pm

 

ホテルへのアクセス

ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港(IAH)からのアクセスは、Uber・Lyftといったシェアライドを利用するのが早くてお勧めです。

 

ダウンタウンの中心部にあり、IAH空港からUber/Lyftで30分ほどでした。

シェアライドの利用の場合、空港でのピックアップ場所は決まっています。

到着ロビーのバゲージクレーム前にある「TNC Pickup」というポイントに行ってください。ドアC-106近くにあります。


Kenji

少なくともLyftの場合は他のピックアップ場所は指定できなかったので気を付けてください。

 

ヒューストン・キュリオコレクションの外観

続いて、ホテルの外観です。

このホテル自体もそうですが、外観が古めのビルが多く立ち並んでいました。

 

ヒューストン・キュリオコレクション施設紹介

続いて、ホテルの施設をご紹介します。

 

ロビーとチェックイン

ロビーの様子です。

Hilton Honorsのサインはありますが、レーンは一つで、会員向けの専用レーンは実質存在しませんでした。

ですが、あまり大きくないホテルなのでそこまで不便には感じませんでした。後でもまた触れますが、チェックインの際にダイヤモンド会員特典として、レストランでのワンドリンク券が配布されました。

 

ジム

小さめのジムで、提供されているアメニティは、水とタオルのみでした。

プール

ヒューストン・キュリオコレクションにはプールはありません。

 

ヒューストン・キュリオコレクション部屋紹介

続いて、お部屋の紹介です。

 

部屋の内部

宿泊したのは、1 KING BED DELUXE ROOMの部屋です。

あまり広くはありませんでしたが、クローゼット、簡易ソファ、ベッド、ワーキングデスク&チェア、バスルーム、といった最低限の物は十分揃っていました。

コーナーデスク。机にはコーヒーマシンなどが載せられています。

クロゼットは大きめです。セーフボックスも中に備え付けられていました。

こちらがお部屋からの眺めです。

 

ミニバーと冷蔵庫

冷蔵庫はなく、デフォルトではKEURIGのセットがあるだけでした。

 

ダイヤモンド会員のため、水2本(各500ミリリットル)と、スナックをハウスキーピングの方が持ってきてくれました。

バスルーム・アメニティ

こちらもバスタブはなく、シャワーブースのみです。

 

バスルームはリノベーションでもしたのでは?と感じるほどピカピカでした。

アメニティは、「Aromatherapy Associates London」のものがサーブされていました。

 

ヒューストン・キュリオコレクションでのダイヤモンド会員特典

続いて、ダイヤモンド会員の特典についてです。

 

アップグレードの状況

ホテル宿泊と言えば気になるものの一つがアップグレードの状況ですよね。

 

Hilton Aspireカードを保持しているためダイヤモンドメンバーなのですが、残念ながら1 KING BED DELUXE ROOMを予約して、割り当てられたのもそのまま、1 KING BED DELUXE ROOM(アップグレードなし)でした。

 

エグゼクティブラウンジと朝食

ヒューストン・キュリオコレクションには、エグゼクティブメンバー向けのラウンジはありません。

 

朝食サービスは、ホテル1階にあるレストラン「Pearl」で提供されました。

朝食メニューがこちら。

実際に頼んだ朝食がこちら。

いかにもアメリカンな朝食でしたが、思いのほか美味しい料理でした。

 

コスト・パフォーマンス

最後に、コストパフォーマンスについて考えてみましょう。

 

ポイント単価

今回の宿泊はヒルトン・ポイントを利用しての宿泊です。

 

30,000ポイントを利用して1 KING BED DELUXE ROOMを予約していましたが、有償の場合の宿泊コストは $130+諸税でした。

税金等を考慮すると、イント単価は0.50セント/pt程度でした。

 

宿泊しての感想

外観と比べると内部はきれいで、値段も比較的安く設定してあるのでヒューストンに行く機会があれば再訪しても良いかな、と思える滞在になりました。

 

まとめ

今日は、ヒューストン・キュリオコレクションの宿泊の様子を写真付きでご紹介しました。

 

もちろん時期にもよるでしょうが、3万ポイントでヒルトン系列に宿泊できるというのは悪くない、というかなかなかないレアケースです。

以前ご紹介したエンバシースイーツ・ヒューストンは4万ポイント、ヒルトン・ヒューストンは4.6万ポイントでした。その意味ではかなりコスパは高いと思います。

 

The Sam Houston, Curio Collection by Hilton

・住所:1117 Prairie St, Houston, TX 77002

・TEL:+1 832-200-8800

・チェックイン:3pm、チェックアウト:12pm

個人手配の計画のある方は、航空券をExpediaで、ホテルは公式サイトやHotels.comでというように、旅行サイトをうまく使い分けて手配すると予算も抑えることが出来ると思います。

>>Expediaへはこちら<<

>>ヒルトン公式サイトへはこちら<<

ヒルトン公式サイト

今日もブログサポーターのKさんからお寄せいただいた情報・写真を基に記事を作成させて頂きました。

キュリオコレクションはヒルトン系列の中でもちょっと異質な存在で、ホテルごとにコンセプトや趣も全く異なるため、実際に宿泊された方からのコメントは大変参考になるはずです。Kさん、どうもありがとうございました!

 

ヒルトン系列の宿泊記は今後も増やしていきたいと思っていますので、「私も記事を寄せてみたい」という方がいらっしゃったらコメント欄などからぜひお気軽にお問い合わせください。

 

参考記事です。

 

こちらはヒルトン・ポイントプログラムのシステムとベネフィットについて基本から解説したエントリです。2回続きのエントリで、両方読んで頂くとヒルトンのプログラムについてかなり詳しくなれるはずです。

ヒルトングループのポイントを最大限効率よく利用するには、時には予約の取り直しが有効です。

下記のエントリで、私がバルセロナのヒルトンに宿泊した際、取り直しで3泊合計で200ドル超お得に宿泊できた体験をご紹介しています。





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKenji@米国駐在員のカネとバラの日々をフォローしよう!

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻、0歳児の長男とニューヨークで3人で生活。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください