(終了)【2022年6月版】アメリカでボーナスUP中のおすすめクレジットカードをリファーリンク付きで紹介

Pocket

※Chase Sapphire Preferred、AMEX Goldのプロモーションが終了しました。

※Delta AMEXは6/8でいったんプロモが終わりましたが、また再開しました

 

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

今日のエントリでは、2022年6月現在サインアップボーナスがUPしているクレジットカードと、読者の方から頂いたリファーラルリンクがあるクレジットカードをご紹介します。


Kenji

今月の一押しは、先月からプロモーションが開始されたChaseのChase Sapphire Preferredと、過去最高のボーナスがカムバックしたChase Marriott Boundlessの2枚のカードです。今月カードの申請を考えているという方はぜひ候補の一枚に入れてみてください


サインアップボーナスUP中のカード

2022年6月現在サインアップボーナスがUPしているカードで、「これは魅力的!」と思えるカードは以下のとおりです。よろしければ紹介リンクからお申込みください。

 

今月の一押しは、先月プロモーションが開始されたChaseのChase Sapphire Preferredと、最大25万ポイント分のサインアップボーナスが獲得可能なMarriott Boundlessの2枚のカードです。カードの申請を考えているという方はぜひ候補の一枚に入れてみてください。

 

紹介リンクとともにおすすめカードをご紹介しますので、検討の参考にされてください。紹介リンクは私のものと、ブログ読者さんのもの両方があります(ありがとうございます!)。

 

Chase Sapphire Preferred

最初のお勧めは、Chase発行のプロパーカード「Chase Sapphire Preferred」(CSP)です。

 

CSPはChaseのプロパーカードで、AMEXの「アメックスゴールド」と並ぶアメリカでも一番人気の高スペックカードです。

 

通常時のボーナスは6万ポイントですが、プロモーションで8万ポイントにボーナスがアップしています(年会費95ドルは初年度から発生)。

Earn 80,000 bonus points after you spend $4,000 on purchases in the first 3 months from account opening — that’s $1,000 toward travel when you redeem through Chase Ultimate Rewards

年会費95ドルも50ドルのトラベルクレジットが付帯しているため、ポイント付与と合わせると比較的簡単に回収できるはずです。サインアップボーナスと合わせると破格の条件です!

 

カードの詳しいスペックは>こちら<のエントリを、カードの紹介リンクは>こちら<を利用されてください。

 

Chase IHG Rewards Traveler

続いてのお勧めは、Chase発行のIHG系列のエントリカード「Chase IHG Rewards Traveler」です。

 

過去、通常時のボーナスは5万ポイント、プロモーション時でも7.5万ポイントであったところ、3月末からプロモーションとして12万ポイントがもらえるキャンペーンをスタートしました(条件は3か月以内に2,000ドル以上利用)。

 

さらに、このカードは3月24日からカードリフレッシュによりカテゴリーボーナスが改善しています。

 

<3月23日まで>

5x – IHG 系列での利用
2x – Gas stations, grocery stores & restaurants
1x – その他すべて

 

<3月24日以降>

5x – IHG 系列での利用
3x – Utilities, internet, cable, phone, select streaming services, dining/restaurant and gas
2x – その他すべて

 

年会費無料のカードだというのもよいですよね!

 

IHGのポイントは大手ホテルチェーンの中でももっとも価値が低いことで有名でしたが、他のホテルプログラムが改悪続きで落ちてきているので、相対的にはだいぶ妙味が戻ってきたと思います。

Chaseのスロットに余裕のある方、IHG系列を使う機会のある方にとってはお得しかないプロモーションです。premierとtravelerはどちらか一枚のみの保有になるため申請時には注意されて下さい。

 

このカードは>こちら<の公式サイト経由で申請が出来ますが、リファーラル経由での申し込みも可能はなずです。

掲載を希望の方は、こちらのエントリを参照の上でご連絡下さい。

 

なお、リファーラルリンクはプロモーションと同等水準のものを掲載したいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

 

Chase Marriott Boundless

Chaseから続いてのおすすめは、「Marriott Boundless」です。

 

通常時のボーナスは7.5万マリオットポイントであるところ、6月頭から5万ポイントまでのマリオット系列ホテルで使用できる無料宿泊券(FNA)が5枚付与される過去最高のプロモーション(つまり、最大25万ポイント分のバリューのあるオファーです。)がカムバックしました。

Earn 5 Free Night Awards (each night valued up to 50,000 points) after you spend $5,000 on purchases in your first 3 months from your account opening

年会費95ドルは初年度から発生しますが、過去のプロモーションの歴史を見てもこれは最高の水準です。


Kenji

カテゴリー制が廃止されたこととのバーターで、宿泊券利用時に1.5万ポイントまでポイントを加算できるTopUpも開始されたので、5万pのFNAとはいっても6.5万ポイントまでのホテルで使えるようになりました。かなり使いやすいはずです!

Boundlessのプロモーションは、ここ数か月目まぐるしく変わっています。

 

Boundlessのプロモーションの変遷

✓ 2021年9月:3か月以内に3,000ドル以上利用で5万ポイントまでのホテルカテゴリーで利用できる宿泊券3枚(15万ポイント分)+6か月以内のガス、グロサリー、レストラン利用でポイント10倍(上限2,500ドル)

✓ 2021年10月:3か月以内に5,000ドル以上利用で12.5万ポイント+5万ポイントまでのホテルカテゴリーで使える宿泊券1枚

✓ 2021年11月:3か月以内に1,000ドル以上利用で3.5万ポイントまでのホテルカテゴリーで使える宿泊券3枚(10.5万ptバリュー)

✓ 2022年6月:3か月以内に5,000ドル以上利用で5万ポイントまでのホテルカテゴリーで使える宿泊券5枚

 

リファーラル経由のサインアップボーナスは、いまのところ3か月以内に1,000ドル以上利用で3.5万ポイントまでのホテルカテゴリーで使える宿泊券3枚(合計10.5万ptバリュー)が継続されているようです。

Earn 3 Free Nights (each night valued up to 35,000 points) after you spend $1,000 in the first 3 months from account opening.

 

・合計10.5万ptバリューのリンクは>こちら<(ブログ読者さんの紹介リンクです)

・合計25万ptバリューのリンクは>こちら<(公式経由です)

 

からそれぞれ利用できます。

 

United Mileage Plus Explorer

続いてのおすすめは、Chase発行のユナイテッド系列の航空系カード「Mileage Plus Explorer」です。

 

カードの普段のボーナスは3万~4万マイルのところ、期間限定で最大7万マイルが獲得できる2 tier制のプロモーションが実施されています。

 

・3か月以内に3,000ドル以上利用で6万マイル

・6か月以内に6,000ドル以上利用で+1万マイル

Earn 60,000 bonus miles after you spend $3,000 on purchases in the first 3 months your account is open. plus 10,000 bonus miles after you spend $6,000 total on purchases in the first 6 months opens overlay

 

このオファーは長らくリファーラル経由でも申請可能でしたが、いまは>こちら<の公式サイト経由での申請限定になっているようです。

 

Questカードの10万マイルのプロモーションも見えなくなって、いまは9万マイルのプロモーションになっています。

 

なお、キャッシュバック派という方は、ユナイテッドのアカウントにログインした状態でフライトを検索すると、4万マイル+300ドルのStatement Creditのオファーも見れるようです(ブログ読者さんから頂いた情報です。ありがとうございます!)。

いずれも年会費が初年度無料のカードとしては相当良い条件だと思います。

 

航空系カードを狙っている方は、おすすめカードを10枚紹介したエントリがこちらにありますので参考にされてください。

 

Chase Freedom Flex & Freedom Unlimited

Chaseから最後のお勧めは、「Chase Freedom Flex」「Chase Freedom Unlimited」の2枚です。こちらはエントリー向けカードです。

 

Freedom Flex・Freedom Unlimitedともに、新規サインアップ時のプロモーションが200ドルと、通常時の150ドルにくらべて50ドルアップしています。

条件は、3か月以内に500ドル以上利用と普段と変わりません。

 

FreedomシリーズはChaseの子カードの1枚で、上のSapphireシリーズの親カードと合わせて持つとぐっと価値が高ります。

 

Chase Freedom Unlimitedと、新しくカード発行が始まったFreedom Flexのカード紹介についてはこちらのエントリを参照されてください。

 

Freedom Unlimitedと、Freedom Flexのリファーラルリンクは>こちら<(ブログ読者さんの紹介リンクです)から利用できます。

 

Delta Personal Gold

続いては、アメリカでも屈指の売れっ子カードの一つ「Delta AMEX Personal Gold」です。

 

カードのスペックはビジネスとほぼ同じですが、プロモーションの条件がやや異なります。

 

プロモーションの期間が期間が6月8日までと長いこと

・ミニマムスペンドの条件が2,000ドルとビジネスより1,000ドル低いこと

・ミニマムスペンド達成時のボーナスが7万マイルとビジネスより5kだけ少ないこと

70,000 Bonus Miles

Earn 70,000 bonus miles after you spend $2,000 in purchases on your new Card in your first 3 months. Limited Time Offer ends 06/08/2022

なぜこのようなことになるのかよくわかりませんが、いずれにしても期間が長くなること、プロモーションの対象が広がるのは利用者側にとってはメリットのある話だと思います。

 

リファーリンクは>こちら<をご利用されてみてください。

 

詳しいカードスペックは下記のエントリをご参照ください。

 

AMEX Gold Personal

こちらはアメックス発行のプロパーカード「AMEX Gold(personal)」です。


Kenji

大人気だったローズゴールドのカードデザインもいまは期間限定で復活しているためおすすめです!

 

通常時ボーナスは2.5~4万ポイントですが、スペシャルオファーとして、6/8/2022までの期間限定で4,000ドルのミニマムスペンド達成で7.5万MRポイントが手に入るプロモーション+さらにこれに加えて250ドル上限で、当初一年間レストラン利用が20%Statement Creditの対象となるプロモーションが実施されています。

 

Earn 75,000 Membership Rewards Points

after you use your new Card to make $4,000 in purchases within your first 6 months of Card Membership. Plus, for a limited time if you apply for this Card by 06/08, you can receive 20% back as a statement credit on eligible purchases made on the Card at restaurants worldwide up to $250 back during the first 12 months of Card Membership

 

こちら<を試されてみて、オファーが表示されるか確認してみてください。


Kenji

なお、上記オファーはGoogle Chromeのプライベートモードでのアクセスが必要になります。人によっては9万ポイントのディールが現れることもあるようですので、ぜひ試されてみてください

 

ベネフィットをMAX取れれば250ドルのカード年会費もほぼ回収できます。詳しいカードスペックは下記のエントリをご参照ください。

 

※以下のAmex Platinum同様、Resyのサイトでも同等のプロモーションが見えますので、申請時にはこちらも併せてご検討ください。

 

AMEX Green Personal

続いては「AMEX Green(personal)」です。

 

プロモーションは2,000ドル利用で4.5万MRポイントです。6か月以内の利用と期間が長く設定されているのもGoodですね!

 

ビジネス版と違って初年度から年会費150ドルが発生しますが、4.5万ポイントがもらえるため、1MRポイント=1セントと考えても、差し引きで3万MRポイント分のバリューがあります。オファーとしては条件は良いと思います。


Kenji

ちなみに過去最高は、昨年9月に5万ポイントのオファーがありました

 

私がパーソナルカードをアプライしたときの体験談がこちらにまとめてあります。

リファーラルリンクは>こちら<を試してみてください。

 

※以下のAmex Platinumでご紹介するResyのサイトでより条件の良いプロモーションが見えますので、申請時にはこちらも併せてご検討ください。

 

AMEX Business Blue Plus

ビジネスカードからもう一枚のおすすめが、「AMEX Business Blue Plus」です。

 

このカードは年会費無料で、AMEXポイントがカテゴリー関係なく2%付与されるとても優れた一枚です。


Kenji

個人的には、年会費無料のカードの中では一番良いカードだと思います

 

普段のサインアップボーナスは、ゼロ、紹介経由でのみ1万ポイントのボーナスが付与されますが、現在はボーナス水準が5,000ptあがって1.5万ポイントにアップしています。

ミニマムスペンドも3か月以内に3,000ドル以上利用と、過去のプロモーションと比べても良い水準です。持っていない方はぜひこのチャンスに申請を検討されてください。

 

個別の紹介記事は>こちら<、リファーリンクは>こちら<を利用されてください。

 

AMEX Platinum Personal

続いては、2021年7月にカードリフレッシュが行われたAMEXのラグジュアリーカード「AMEX Platinum (personal)」です。

 

もともとAMEX発行のクレジットカードの中ではAMEX Platinum Businessが595ドル、パーソナル版は550ドルの年会費でした。

これが、リフレッシュにより695ドルと一気に150ドル近くアップしました。

 

リフレッシュに伴って行われているプロモーションですが、Resyというアメリカのサイト経由での申請限定で、12.5万アメックスポイントが獲得可能なプロモーションが実施されています。

Earn 125,000 Membership Rewards® points after you spend $6,000 on purchases on your new Card in your first 6 months of Card Membership.

Plus, earn 15x points on eligible purchases on your new Card at restaurants worldwide and when you Shop Small in the U.S., on up to $25,000 in combined purchases, during your first 6 months of Card Membership. That’s an additional 14 points on top of the 1 point you earn for these purchases

年会費が初年度から695ドル発生することを考えるともう一声・・・と行きたいところですが、大量のAMEXポイントが手に入りますし、ミニマムスペンドも6,000ドルと高くないので、悪くないオファーだと思います。

 

Resyのサイトへは、>こちら<からアクセスが可能です。

 

Hilton Honors Card系列

最後のカード紹介は、AMEX発行のヒルトンカード系列です。

 

通常時のボーナスは例えば年会費無料のHHonorsカードで7.5万ポイントであるところ、7/6までの期間限定でサインアップボーナスが10万ポイント+ヒルトン系列での100ドルクレジットにアップしています(条件は3か月以内に1,000ドル以上利用と、変わりません)。

 

ビジネスとSurpassも同時にプロモーションを実施しており、それぞれの条件は以下の通りです。

 

最新プロモーションのボーナス水準

・Hilton Surpass(年会費95ドル):3か月以内に2,000ドル以上利用で13万ポイント+12か月有効な130ドルのヒルトンクレジット

・Hilton Business(年会費95ドル):3か月以内に3,000ドル以上利用で13万ポイント+12か月有効な130ドルのヒルトンクレジット

・HHonors(年会費無料):3か月以内に1,000ドル以上利用で10万ポイント+12か月有効な100ドルのヒルトンクレジット

 

下記に紹介リンクを載せておきますので、よろしければお使いください(ありがとうございます!)。


Kenji

いずれも期間は7/6までの限定プロモーションとなります。ボーナスを見るにはGoogle Chromeのシークレットモードでのアクセスが必要なこともあります。通常リンクでプロモーションが見えないという方は、ぜひシークレットモードでアクセスされてみてください

 

・Hilton Honors(年会費無料版)のリンクは>こちら

・Hilton Honors Surpass(Ascend)のリンクは>こちら

・Hilton Honors Businessのリンクは>こちら

・Hilton Honors Aspireのリンクは>こちら

 

ちなみに、ヒルトンカードでは、さらにもう1つプロモーションがあります。

それが、Hilton Surpassの公式リンクからのアプライ限定のこのオファーです。

Surpassの通常時のサインアップボーナスは、ポイントボーナスで、10万ポイントがボーナス水準の目安になります。

 

これが、公式サイトから出ているシークレットリンクの利用で、Weekend Night Awardの宿泊券が2枚もらえるオファーに切り替わります。

 

Weekend Night Awardについては以前ブログ記事で徹底解説しましたが、ポイントの縛りがなく、スタンダードルームの空きさえあれば、コンラッドであれ、ウォルドルフ・アストリアであれ、高級ホテルに無料宿泊できるのが魅力です。

 

コンラッドでの宿泊券2枚と考えると、使い方によって1,000ドル以上のバリューは十分にあると思います。

 

2020年5月に出て以降、しばらく続いているオファーです。

アプライを考える方は>こちらのリンク<(紹介リンクではありません。)を使ってみてください。

 

Discover it Chrome

最後のお勧めカードは、DiscoverからDiscover it Chromeです。

 

このブログで度々登場しているDiscover発行のエントリー向けカードです。

通常時ボーナスはゼロ、あるいは50ドルですが、一部既存会員からのリファーラル限定で、100ドルのサインアップボーナスがもらえます。


Kenji

私は自分と妻共にこのカードを保有していますが、片方だけがターゲットされました。ボーナスがアップすること自体結構珍しいというか、私の知る限り初めてです

 

紹介リンクはこちら、個別のカード紹介記事はこちらです(初めてクレジットカードを申請する人向けのSecuredカードの紹介ですが、内容はぼぼ同一です)。

 

なお、個別記事でご紹介しているSecuredカードよりも少しだけハードルは高い点には注意が必要です。

 

大量ポイントを貯めるためのコツ

大量ポイントを貯めるには、カードの申請はプロモーション実施時に行うのが鉄則です。

 

が、それ以外にも定点観測的に、過去のボーナスで登場していなかったもの、表にはなかなか出てこない「申請のためのコツ」を知っていると、さらに加速度的にポイントがたまるようになります。

 

以下ではいくつかそのコツについてご紹介します。

 

カード申請のチャネルは色々試してみるのが吉

ここまでご覧いただいて「プロモーションの種類も、申請の方法が色々取っ散らかっていて複雑だな・・・」と感じた方は、陸マイラーの世界への仲間入りです。

 

申請の方法が複雑だからこそ、ルールを活かしきればより良い条件のオファーにたどり着けるというもの。

 

特に一番バリュエーションが豊富なアメックスについて、過去のエントリで申請の方法を7種類取り上げて詳しく解説しています。下記のエントリをぜひ参考にされてください。

 

カード申請に悩む方はクレカアドバイスもおすすめ

クレジットカードをどのように申請していくのが悩んでいる方へ。

 

そんな方は、私が今年から新しくスタートさせたクレジットカードのアドバイスサービスをお勧めします。

一人ひとりの旅行のご要望や、ご自身のプロファイルなどに合わせて個別具体的なアドバイスを行うサービスですので、「カードのことを色々考えるのは苦手だな・・・」という方は、ぜひご活用ください。

 

その他リファーラルリンクのあるカード

上記の他、現状リファーラルリンクのあるカードもご紹介しておきます。

 

多くのボーナスを手に入れるためにもクレジットカードはプロモーションが行われているときに申請するのが王道ですが、カードによっては当面プロモーションが期待できなかったり、「このカードが欲しい」と明確な目的を持っていらっしゃる方もいると思います。

 

そのようなときに下記をご利用いただければ幸いです。

 

最初2枚がアメックス、続いて3枚がChaseで合計5種類あります。

 

ブログ読者の方のリファーラルと、私のリファーラルが両方あります(どうもありがとうございます!)。

 

Amex Hilton Aspire

ヒルトンカードは再び過去最高のボーナス水準でのプロモーションが実施されていますが、そんな中にあってもAspireのボーナス水準は、15万ポイント+週末フリースステイ特典(条件は、3か月以内に4,000ドル以上利用)と変わりません。

 

言い換えれば、これ以上条件は良くならない可能性が高いということだと思います[/fuki-r]

上記のボーナスUP中のカードに入れていない理由は、ずっと続いているボーナス水準のためで、期間限定としてはカウントしていません。

 

紹介リンクは>こちら<をご参照ください。

 

AMEX Everyday Preferred

AMEXの最後は、AMEX Everyday Preferredです。

 

このカードの魅力は何と言っても月30回以上の利用で、ポイント付与が50%増量(1.5倍)になる点でしょう。

 

もともとのカードスペックとして、年間6,000ドルまでのグロッサリー利用についてx3の対象となるため、1.5倍が付くとグロッサリー利用がx4.5倍と日常利用最強のカードに「昇華」します。


Kenji

30トランザクションに金額の縛りはないので、Metroやパーキングなどで少額利用を積み重ねれば楽勝です。手間を惜しまずやるべきところですね!

 

初年度から年会費が95ドル発生するカードで、サインアップボーナスは1.5万ポイント(6か月で2,000ドル以上利用が条件)になります。

 

紹介リンクは>こちら<をご参照ください。

 

Chase Sapphire Preferred

※下記はプロモ開始前の6万ポイントのリンクですので、使わないように注意されてください。

続いてはChase発行のカードから、まずは「Chase Sapphire Preferred」です。

 

CSPは昨年8月にカードのリフレッシュを行っており、これに合わせてサインアップボーナスも10万ポイントにアップする大規模なプロモーションを実施しました。

 

いまは6万ポイントまで下がっているため、待てるのであれば次回プロモーションまで待つのがベターです。


Kenji

ただし、CSPはAMEXや他のChaseのカードとは違って、あまりプロモーションは実施しない(感覚的には2-3年に一度くらい)ことで有名です

なので、5/24ルールなどの関係で、次回プロモーションまで待てそうにない・・・という方はアプライしてしまうのが良いと思います。

 

カードの詳しいスペックは>こちら<のエントリを、カードの紹介リンクは>こちら<を利用されてください。

 

Chase Hyatt Personal &Business

続いてのChaseは、Hyattのホテルカードです。

 

Hyattはご存知のとおり、アメリカでしかクレジットカードを発行しておらず、日本在住では手に入らない貴重な1枚です。

年会費は初年度から発生しますが、5泊分の宿泊実績が付く点や宿泊券の付与(いずれもPersonal限定のベネフィットです)、Hyatt利用でのカテゴリーボーナスなど、Hyattを利用する方なら絶対に持っておきたい一枚です。

 

条件達成時のサインアップボーナスとして、パーソナル版は6万ポイント、ビジネス版は7.5万ポイントのボーナスが獲得できます。

 

紹介リンクは>こちら<を利用されてください。

 

Chase Ink Busuinessシリーズ

Chaseの最後は、Chase発行のビジネスカードシリーズ、いわゆる「Inkシリーズ 3兄弟」です。

 

Inkシリーズ 3兄弟

・Chase Ink Business Unlimited:年会費無料、3月以内に7,500ドル以上利用で750ドル

・Chase Ink Business  Cash:年会費無料、3月以内に7,500ドル以上利用で750ドル

・Chase Ink Business Preferred:年会費95ドル、3月以内に1.5万ドル以上利用で10万Chaseポイント

 

この3兄弟の中では「Chase Ink Business Preferred」が親カード的な位置づけで、1.5万ドルとミニマムスペンドの条件は高いですが、クリアすると大量10万Chaseポイントが一撃で手に入ります。

 

Chaseポイントはどのサイトでも2.0 cent / pt以上で評価されるため、他のポイントと比べても数段魅力的で、価値があります。

一時帰国や引っ越しなど、物入りなときに申請をぶつけるとうまくミニマムスペンドもクリアできるはずです。

 

紹介リンクは>こちら<(ブログ読者さんの紹介リンク)を利用されてみてください。

 

本日のエントリは以上です。

 







 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKenji@米国駐在員のカネとバラの日々をフォローしよう!

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ・ニューヨークに駐在して2019年7月に日本へ帰任。 ニューヨークでは長男に恵まれ、妻と3人でマイル&ポイントを駆使しながら旅行を満喫。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

8件のフィードバック

  1. 7M4 より:

    帰任間際のため無理を承知でトライしたところ、30日以内で3枚目ですがInstant Approveされました。
    Amex Greenのリンクを使わせていただきました。ありがとうございます。

    • Kenji より:

      7M4さん、
      アプルーブおめでとうございます!
      アメックスには2/90ルールがありますが、チャージカードはこれに含まれないというのが定説ですので、選んだカードが良かったのだと思います。ぜひ帰任までにMRポイントを貯められるだけ貯めてください。

  2. 7M4 より:

    参考までにカード申請データを残しておきますね。
    1/22 Aspire, 1/29 Delta Gold, 2/17 Amex Greenの3枚です。
    Amex合計ではCredit5枚、Charge2枚を作ることが出来ました。
    北米でのカード申請をやり切った感があります。ありがとうございます。

    • Kenji より:

      データありがとうございます!確かにすごい頻度ですね。苦笑 
      こちらこそブログの情報がお役に立てたならこんなに嬉しいことはありません。帰任までバタバタだと思いますが、どうかお身体気を付けて最後の米国生活楽しまれてください。

  3. Kiki より:

    はじめまして!いつも有益な情報をありがとうございます!!
    5月にchaseのマリオットbonvoyを申請し、まだサインアップボーナスを達成していません。一旦カードをキャンセルして新しいボーナスを狙うべきでしょうか?懸念点としては、①1ヶ月空けないといけないらしく、申し込みができるのが7/4なので、まだこのオファーが続いているかわからないこと、②5/24の1スロットを捨ててでも取る価値のあるオファーなのか判断がつかないこと、の2点です。個人的には、泊まりたいほてるだと35000上限を超えてくることが多いので、50000上限にかなり魅力を感じています。ご助言いただけたら幸いです。

    • Kenji より:

      Kikiさん、

      コメントありがとうございます。人によって判断が分かれるところになると思いますが、私であればキャンセルはせず今回は諦めて次に向かうと思います。頂いた点以外に考慮すべきものとして

      ③再申請するのであれば、比較する際はもう一枚を考慮に入れるべきと思います(例えば同じ95ドルであれば、Hilton Surpassの13万pt + 130ドルもいまの3泊分に加えて考えるべきと思います)。また、kikiさんがお持ちのBoundlessが1,000ドル、Surpassが2,000ドルがミニマムスペンドのため、合計3,000ドル。新しいBoundlessオファーの5kとの差額2k分はビジネスカードの申請に充てることができれば5/24にもカウントされません。
      ④Chaseは24か月空ければ再度ボーナスをもらえますので、Kikiさんの米国居住期間にもよりますが、次のチャンスがないというわけではないはずです。
      ⑤オファーの期限もですが、次回申請した際にアプルーブされるとも必ずしも言えないのも悩みどころですね・・・(特に1月だと期間も短いのも気になります)
      あたりが挙げられるでしょうか。

      自分が申請した時よりも良いオファーが出ると悔しいですよね・・・
      私も何度もそういった場面に出くわしましたが、私自身はこればかりは仕方ないと思って割り切っていました。ご参考になれば幸いです。

  4. ゆうき より:

    今日は。新しいSapphire preferred カードを作る前にこのサイトを読んでいればと思いました。いろいろあって申請したときは60000ポイントだったのですが、一度却下されバンクで申請し直したときは80000ポイントになっていたので喜んでいたら60000ポイントで申請していたのでそのままのボーナスポイントになりました。何回もカスタマーサービスに電話して最後はヘルプしてくれたバンクにも行きましたがダメでした。良いカードだとは思いますが、融通効かないところが嫌でキャンセルするか考え中です。でもキャンセルしても次にボーナスつくようになるのは48ヶ月過ぎだそうです。
    他のカードはほぼ持っているので新規のカードボーナスで失敗した気持ちです。
    こういうものは時間をかけて調べる必要がありますね。残念ながら気持ちばかりが残ってしまい。ボーナスポイントもらったらキャンセルしようか考え中です。
    ためになるサイトありがとうございます😊

    • Kenji より:

      ゆうきさん、
      コメントありがとうございます。8万pにはマッチしてもらえなかったんですね。。citiのクレカは同時期に更によいプロモが出るとマッチしてもらえることで有名ですが、chaseは「お堅い」ので仕方ないかな・・とは思います。でも割り切れないですよね💦

      私も数多くの失敗はしています。一つは訳あって有料ですのでご興味があれば、ということにはなりますが、失敗はゆうきさんだけではないということで、切り替えの手助けになれば幸いです👍
      https://sorakoge.net/amex-creditpromotion-decline

      https://note.com/sorakoge/n/necf00c9089f1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください