ヒルトン、マリオットにIHGまで!アメリカ駐在陸マイラーが獲得したホテルステータスをシェア

Pocket

初めてこのブログにお越しの方は、アメリカ駐在員が年間100万マイル&ポイントを貯めた方法をまとめた>こちらのエントリ<からご覧ください。

こんにちは、アメリカ駐在員のKenji(@sorakoge)です。

 

今日は、アメリカ駐在陸マイラーが、駐在中に獲得したホテルステータスをご紹介します。

 

旅行にはホテルの手配がつきものですが、ホテルステータスを手に入れることで宿泊の際の快適度合いが格段に上がります。

皆さんのマイル&ポイントの戦略を立てるために何かのお役に立てれば幸いです。



書こうと思ったきっかけ

この記事を書こうと思ったきっかけは2つです。

 

まず一つ目は、日本への帰任の際にマリオットのホテル修行をしたことで、ホテルのステータスが増えたこと。

ホテルステータスのラインアップが増えたことで、私としても皆さんへ提供出来るネタのバリエーションが広がったことが要因です。

 

二つ目は、前回のエントリでホテル系クレジットカードのご紹介をしたことです。

 

ホテル系のカード選びは、サインアップボーナス狙いもそうですが、ステータス狙いの意味合いも兼ねられます。

ご自身が使うホテルグループのカードを申請・保有することで、自己負担を限りなく抑えた形で上級会員になれれば言うことはありませんよね?

 

今日、私のホテルステータスとどんな方法でステータスを取得したかをご紹介することで、後に続く皆さんが取得を考える際の参考になればと思い記事にまとめることにしました。


Kenji

カードプロモーションや、勤務先から提供されるパッケージをうまく組み合わせた結果、ご紹介するステータスはすべて実質的に自己負担ゼロで取得できました

ヒルトンのステータス

では早速ステータスの紹介。まず一つ目は、ヒルトンです。

 

ステータスの概要

・ホテルのステータスの種類:ダイヤモンド、ゴールド、シルバー
・私のホテルステータス:ダイヤモンド
・獲得した方法:Hilton Aspireの申請
・取得費用:カード年会費450ドル(回収可能)
・カード申請で獲得できるステータスの上限:ダイヤモンド

 

コメント:

米国居住であれば、ヒルトンが一番簡単。

Hilton Aspireのクレジットカードを作成するだけで、最上級のダイヤモンドステータスが獲得出来ます。

 

カード年会費は450ドルと高額ですが、サインアップボーナスと、1年目から得られる週末フリーステイ特典で明らかに元が取れます。

 

北米で発行されている無数のカードの中でも、コスト・パフォーマンスが最も良いカードの一つだと思います。

ヒルトン関連の参考記事

ヒルトンの参考記事はたくさんあります。

 

週末フリーステイ特典をどこよりも詳しく解説した記事がこちら。

そして、Aspireにも付いてくるエアラインクレジットについて、徹底解説した記事がこちらです。

 

ヒルトンは今年から宿泊記もたくさんアップしていますし、プロモーションの紹介や、ホテルポイントの上手な使い方についてもたくさん記事を書いています。

 

もちろん、カードプロモーションも都度ご紹介しています。


Kenji

ヒルトン派の方はぜひヒルトンでタグをつけた記事をご覧になられてみて下さい。きっと参考になる記事が見つかると思います

 

ステータスの詳しい情報は、下記公式サイトの案内を参考にされて下さい。

 

マリオットのステータス

続いて、マリオットです。

ステータスの概要

・ホテルのステータスの種類:チタン、プラチナ、ゴールド、シルバー
・私のホテルステータス:プラチナ
・獲得した方法:日本帰任時のホテル修行
・掛かった費用:自己負担0円
・カード申請で獲得できるステータスの上限:ゴールド

 

コメント

マリオットは、私が唯一ホテル修行を行ったグループです。

 

とは言っても、ステータス獲得のために高額なお金を払ったとか、カラ宿泊をしたということは一切ありません。

日本は帰任する際のパッケージに含まれていたホテル宿泊を最大限に活用して、実質自己負担ゼロでプラチナチャレンジに成功する事が出来ました。



Kenji

ちなみに、、、マリオットにはチタンの上に隠れステータスとして、「コバルトエリート」という隠れステータスがあるようです

参考記事

マリオットの記事も最近増えています。

 

まずはプラチナ・チャレンジについて書いた記事がこちら。

先週まで実施していた30%のポイントディスカウントセールについて分析した記事がこちらです。結局私はポイント購入はしませんでした。

そのうちにマリオット系のホテル宿泊記も入れて行きたいなと思っています。が、なかなか時間が取れず筆が進んでいないのが現状です。。

 

ホテルステータスのベネフィットについては、下記公式サイトの案内を参考にされて下さい。

 

IHGのステータス

3つめはIHGです。

 

ステータスの概要

・ホテルのステータスの種類:スパイア、プラチナ、ゴールド、クラブ
・私のホテルステータス:プラチナ
・獲得した方法:ステータスマッチング
・掛かった費用:ゼロ
・カード申請で獲得できるステータスの上限:プラチナ

 

コメント

IHGのプラチナ・ステータスはマリオットのプラチナチャレンジが終わった後に、ステータスマッチングにより無料で手に入れました。宿泊実績ゼロ泊のまま、プラチナステータスです。笑c

IHGのステータスマッチングについては、TPGが7月にかなり詳しい記事を書いているのでそちらを参考にしてください。

 

ちなみに、プラチナステータスはクレジットカード取得でも手に入れることができます。

 

IHG Rewards Club PremierというChase発行の年会費89ドルのカードを手に入れるだけですので、簡単です。

なので、裏を返せばプラチナステータスは大したことがないステータスということもできます。朝食もつかないですしね・・・

 

インターコンチネンタルには、有料で「アンバサター・プログラム」という上級会員プログラムもあります。

カードがなくても、有料で会員ステータスをばらまいているというのも、他にはないIHGの面白い取り組みだと思います。

 

ホテルステータスのベネフィットについては、下記公式サイトの案内を参考にされて下さい。

参考記事

IHGの参考記事はあまりありません。

 

私自身、IHG系列に泊まったことがあるのは過去数回しかないためです。

とはいっても、いまはプラチナになったので、ベネフィットを活かすべく宿泊予約も入れています。

普段とは全く別のホテルグループでも上級会員ステータスで宿泊できるというのは、旅の楽しみが増えますね。

 

Wyndhamのステータス

残り2つはマイナー系のホテルチェーン。ひとつめはWyndhamです。

 

ステータスの概要

・ホテルのステータスの種類:ダイヤモンド、プラチナ、ゴールド、ブルー
・私のホテルステータス:プラチナ
・獲得した方法:Wyndham rewards visaカード
・掛かった費用:年会費70ドル
・カード申請で獲得できるステータスの上限:プラチナ

 

コメント

Wyndhamのホテルステータスも、クレジットカード申請だけで獲得する事が可能です。

 

Days Innなどのモーテル系、ロードサイド系のホテルが多いですが、カード取得のみでステータスが手に入るのは魅力的。

プラチナステータスがあれば部屋のアップグレードや、レイトチェックアウトなどのベネフィットを受けることが出来ますし、下でご紹介するステータスマッチングへの道も開けます。

ホテルステータスのベネフィットについては、下記公式サイトの案内を参考にされて下さい。

 

参考記事

Wyndhamは一昨年のクリスマス休暇でカンクン旅行を計画する際にうまく利用する事を考えたので、その前に色々と調べました。

カンクン旅行のプランニングの記事がこちら。Wyndhamを狙いに行く人は少ないので、2ヶ月前の10月でも無事予約を入れることが出来ました。

実際のカンクン旅行記&ホテル宿泊記がこちらです。

 

Caesarsのステータス

最後はCaesarsです。

ステータスの概要

 

・ホテルのステータスの種類:セブンスター、ダイヤモンド、プラチナ、ゴールド
・私のホテルステータス:プラチナステータス
・獲得した方法:ステータスマッチ
・掛かった費用:ゼロ
・カード申請で獲得できるステータスの上限:n/a

 

コメント

Caesarsは、ラスベガスにあるカジノホテルグループです。

 

加えて、バハマのナッソーにAtlantisという巨大ホテルを構えます。

私がステータスマッチングを行なったのもこのAtlantisへの無料宿泊を狙ったものでしたが、結局は色々あって使わずに終わりました。

 

ホテルステータスのベネフィットについては、下記公式サイトの案内を参考にされて下さい。

 

参考記事

Caesarsの関連記事はひとつのみ。ステータスマッチングの方法とメリットを解説した下記記事です。

 

私の持っているホテルステータスは以上です。

 

まとめ

今日は、アメリカ駐在陸マイラーが駐在中に獲得したホテルステータスをご紹介しました。

 

横断的に見て頂くとわかる通り、アメリカではクレジットカードの発行で手に入るホテルステータスが数多くあります。

今日ご紹介した以外にも、例えばHyattやChoiceホテルなどはその典型です。

 

旅行には宿泊先の手配がつきもので、ステータスがあると部屋がアップグレードされたり、ラウンジアクセスがついたりとホテルステイが驚くほど快適になります。

そして、一つのホテルグループで上級会員になると、他のグループでもマッチングしてもらえるといったメリットもあります。

 

今日のエントリを参考に、皆様もホテルステータスを狙ってみてはいかがでしょうか。

 

参考記事です。

 

こちらは、前回アップしたホテル系のクレジットカードを10枚まとめたエントリです。

クレジットカードはサインアップボーナスがアップしているときに入手するのが一番です。

上記のステータスの中では、ヒルトンのHilton Aspireがいまだに15万ヒルトンポイントのボーナスを実施していますね(IHGも10月初旬までプロモーションをやっていましたが現在は終了してしまいました)。ボーナスUP中カードについては下記のエントリにまとめています。







 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でKenji@米国駐在員のカネとバラの日々をフォローしよう!

記事が参考になったら応援をよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ

はてな読者登録はこちらからどうぞ

Feedy登録はこちらからどうぞ
follow us in feedly
Kenji

Kenji

斎藤ケンジ(Saito Kenji) 30代男性、2017年夏からアメリカ駐在中。 現在妻、0歳児の長男とニューヨークで3人で生活。物価が高いアメリカ生活での生活事情、お金の運用や節約について奮闘するさまを見てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください